El Al航空経営危機 27歳青年が増資引き受け経営権42.85%を獲得 そのお金の出所は? イスラエル

コロナの影響で今年2Qの売上が74%減と経営危機に陥っているイスラエルのEl Al航空が増資をすることになったが、米国出身の27歳のユダヤ人青年が株式の42.85%を確保、経営権を掌握することが決まった。他に入札者はいなかった。

お金の出所が気になるところだが、彼は現在、エルサレムでタルムードを勉強している学生で、本人に資金力があるようには思えない。

彼の父親は、米国で高齢者施設のチェーンを経営しているが、非営利事業で航空会社を買収する資金が貯まるとは思えない。

父親は、ニューヨークのラビからEl Alを買って欲しいと頼まれたという。

彼は最近、施設設置基準に違反する経営をすることで利益を上げた問題で、連邦政府とニューヨーク州政府に罰金を支払ったばかり。

いずれにせよ、この親子が航空会社を経営する資金とノウハウを有しているとは思えないことから、表に出てこない人物がEl Al航空に手を出したのではないかとの疑念が湧き上がっており、当局が確認している。

27歳青年は、背後に他の人物が控えていることはなく、自分が買ったと主張している。1500万ドルの前払い金は既に振り込んだ。

El Al’s new owner: Eli Rozenberg, a 27-year-old yeshiva student from New York
Rozenberg, son of US Centers Health Care nursing home chain founder Kenny Rozenberg, was sole bidder for controlling stake in embattled Israeli national carrier
By TOI staff and Shoshanna Solomon
17 September 2020
https://www.timesofisrael.com/el-als-new-owner-eli-rozenberg-a-27-year-old-yeshiva-student-from-new-york/#gs.gm21fn

・・・A dirty filthy Jewと後ろ指を指されないようにさえしていただければ、私が申し上げることは何もありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント