立民辻元氏が自民本部訪問 二階幹事長に面会 地元観光業者のため頭を下げる

立民辻元氏が自民本部訪問 二階幹事長に面会
2020年08月05日
KYODO
https://jp.sputniknews.com/japan/202008057668090/

立憲民主党の辻元清美幹事長代行(衆院大阪10区)は4日、自民党本部に二階俊博幹事長を訪ねた。辻元氏が地元の観光関係者を紹介したという。二階氏は全国旅行業協会会長で観光政策に明るい。野党幹部が自民本部を訪問するのは珍しい。

普段は舌鋒鋭く、安倍政権を追及する辻元氏は自民、社民、新党さきがけ3党連立時代の1996年に社民党から初当選した。自民党関係者は「話題づくりで訪れたのではないか」と語った。

・・・辻本清美が二階に面会を申し入れるほどのコロナ不況だという。

クルドと米国石油会社が違法契約に調印 シリア政府は反発

US oil company signs deal with Syrian Kurds
Sources told Al-Monitor the agreement to market oil in territory controlled by the US-backed Syrian Democratic Forces was signed “with the knowledge and encouragement of the White House.”
Jul 30, 2020
Amberin Zaman
https://www.al-monitor.com/pulse/originals/2020/07/us-oil-company-deal-syria-kurds-kobani-turkey-russia-sdc-sdf.html

Syria says US ‘stealing’ oil after American energy firm signs deal with Kurdish rebels
2 Aug, 2020 17:04
https://www.rt.com/news/496918-us-stealing-syria-oil/

・・・クルドのSDPと米国デラウェア州登録Delta Crescent Energy LLC社が契約。開発、操業、設備刷新、原油販売をカバー。トランプ大統領が承認。トルコには事前通告し、否定的反応なし。ロシアにも伝えたが、意見を述べなかった。東部の全ての油田を支配するわけではない。

バージン・アトランティック社が米国で連邦破産法第15条の適用申請

Virgin Atlantic - which is 49 per cent owned by Delta - becomes billionaire Richard Branson's second airline to file for Chapter 15 bankruptcy protection as it's feared the carrier will run out of cash by next month

Virgin Atlantic filed for Chapter 15 bankruptcy in New York on Tuesday
Chapter 15 allows foreign debtors to protect U.S. assets from creditors
Company says it is pursuing a 'solvent restructuring' under British law
Warned London court it would run out of cash next month if no deal is reached
Virgin Atlantic is the second airline in the Virgin Group to file for Chapter 15
Virgin Australia also sought protection after filing for voluntary administration
The airline industry has been devastated by the pandemic as travel bans and border closures forced carriers to ground planes

By Rachel Sharp For Dailymail.com
Published: 21:31 BST, 4 August 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8593311/Virgin-Atlantic-billionaire-Richard-Bransons-second-airline-file-bankruptcy.html

米国LGBTQはTikTokを高評価 米国プラットフォームは検閲され表現の自由がない

TikTok Influencers Mourn Potential Ban, Flock to Instagram
The viral app has become a lightning rod in U.S.-China relations.
By Shelly Banjo and Sarah Frier
August 4, 2020
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-08-04/tiktok-influencers-mourn-potential-ban-flock-to-instagram?utm_source=google&utm_medium=bd&cmpId=google&sref=2WWyrgO6

What if the U.S. Bans TikTok?
Gen Z and millennial users have found community on the app, particularly during the coronavirus pandemic. And for some of them, it’s their livelihood.
Taylor Lorenz
Published July 10, 2020
https://www.nytimes.com/2020/07/10/style/tiktok-ban-us-users-influencers-taylor-lorenz.html

Facebook, Twitter, Instagram等には検閲があり、表現の自由がない。LGBTQにとり中国製TikTokは自由に表現でき、多くの人々と知り合うことができる。

InfluencerたちはInstragramに移行しているが、満足していない。MSが買収?とんでもない、という反応。

BLM運動はTikTokで情報交換しており、トランプがTikTok弾圧にムキになっている原因はこれだろう

レバノン・ベイルートで大爆発 上空をイスラエル空軍機が飛行直後・・・ということは?


市街地は広域に広がっているが、行政区画としてのベイルート市は小さいので、市全域が壊滅ですね。現地では原爆が落ちたも同然と報じている。

爆発の瞬間を写した15映像の同時再生。
https://twitter.com/RT_com/status/1290777031609810945

爆心地を中心とした上空写真のビフォー・アフター。爆心となった埠頭には穴が開き、縦方向にひび割れしている。
https://mobile.twitter.com/roscosmos/status/1291023063404994560/photo/1

公式には硝酸アンモニウムが爆発したことになっている。肥料と爆薬のdual use物資。
https://www.almasdarnews.com/article/lebanese-security-chief-says-explosion-likely-caused-by-stored-highly-explosive-materials/

硝酸アンモニウムは2014年から放置されていた。爆破原因を究明したうえ、必ずや責任を問う。レバノン首相発言。
Ticking time bomb? Explosive stash that devastated Beirut was there since 2014, PM says, vowing to punish those responsible
4 Aug, 2020 22:30

レバノンで政府の業務が滞るのはよくあることで、内戦末期の無政府状態であっても、こんな事件は起こらなかった。いつも内戦している国民だから、末端の人でも爆発物の取り扱いは慣れているんですよ。特殊な組織に所属して特別な訓練を受けなければ爆発物を安全に取り扱うことができないなんてことはない。女子供も含め、全員が武器と爆弾の扱い方を知っているくらいの感覚が正しい。私はこんな話、信じませんね。



「小さい爆発のあと大きい爆発」というダブル爆弾は、内戦期間中に頻繁に使われた手。小さい爆発で医療関係者と野次馬を集めたところで、強烈な爆弾を爆破させると、より効率的に人を殺せる。もっとも当時は自動車爆弾だったから、今回とは規模がまるで違うのだが。

レバノン内戦期であっても、時期により狭い戦闘地域が移動していくパターンだったので、首都と広域の市街地全体が一度に壊れたのは今回が初めて。

対岸のキプロスでも揺れを感じたという。

医療従事者と公務員多数も被害に遭ったはずだが、現地人は片付けと対応に慣れているので、なんとかするだろう。

レバノンの外科、皮膚科、形成外科の技術は高く、爆弾による負傷も傷跡がわからないように直してしまう。こういうのは経験を積んだ人が一番上手。



目先の問題としては、港はいろんな物資を輸入・保管する場所なので、小麦を筆頭に食糧、医薬品、石油タンクなど全部まとめて吹き飛んだ。ベイルート以外の港は規模が小さく、国際空港とトリポリ港でどこまでバックアップできるか?

(追記:小麦については、トリポリ港で代用できる様子。目先は小麦不足にならないとのこと。)

他の港は漁港のようなもので、小規模の密輸はできるが、首都の需要を支える窓口にはならない。ベイルート港は、シリアにとっての輸出入窓口という役割も果たしている。シリアと手を切らないレバノンに対する一撃という意味合いがありそう。



小麦を狙うのは、今年に入ってからのシリア戦における米軍の動きと完全に一致する。
https://hibikan.at.webry.info/202005/article_70.html
https://hibikan.at.webry.info/202005/article_110.html
https://hibikan.at.webry.info/202007/article_90.html?1596610251

米国は、特に今年に入ってからレバノンがヒズボラ(合法政党)を排除した組閣をするよう露骨な内政干渉を続けている。これに対し、レバノンはイラク・中国と連携することで難局を切り抜けようとしていたため、関係が悪化していた。銀行襲撃デモは、親米派と反米派の戦いという側面がある。今のレバノン政府が崩れることが、米国・イスラエルの利益に直結する。
https://english.almanar.com.lb/1081236
https://hibikan.at.webry.info/202007/article_45.html

米国犯人説を頭の片隅において置く必要がある。「レバノン政府は機能不全に陥っており、困っている可愛そうな国民が沢山いるのに放置している」と勝手に断定し、米軍をベイルートに上陸させ、軍事占領してしまうなんてことをしでかすかもしれない。

レバノン政府が今、カネと物資の移動をスムーズにできない原因を作っているのは、同国に対し経済制裁を課している米国政府である。



東ベイルートはキリスト教徒地区なので、キリスト教徒の要人、政治・経済・宗教の主要施設が大打撃を受けたはず。政党カターイブ事務局長の死亡確認。もっとも夏期休暇中で難を逃れた人も多いかも。Jim Muirは生きているだろうか?危ない気がしている。(←生存確認)
https://www.almasdarnews.com/article/secretary-general-of-kataeb-party-killed-in-beirut-port-explosion/



世間は気付いていないように思うが、私は見逃さなかった。「まず上空にイスラエル空軍機が飛来したと思ったら(注:爆音がするのですぐわかる)最初の爆発が起こり、次に大きな爆発が起きた」という証言を。ソースは、今見たら消されていた。都合が悪い情報は消されるわけね。

今からでもベイルート郊外で取材すれば、証言する人はいると思う。現地人は軍事の動きに敏感だから。素人でも詳しい。

(追記)
私が見たのは現地ソースだが、別ソースで「爆発直前にイスラエル空軍機が飛行していた」という記述があった。
But suspicions lingered that Israel may have been involved, said a senior Lebanese army officer who spoke on the condition of anonymity because the issue is sensitive. Numerous witnesses reported hearing warplanes overhead at the time, he noted.

“There are suspicions,” the official said. “There will be no conclusion until there has been a full investigation.”

Israeli planes and drones have been spotted flying with increasing regularity over the city in recent weeks as tensions have risen.
https://www.washingtonpost.com/world/middle_east/major-explosion-rocks-beirut/2020/08/04/53ff4dd6-d666-11ea-a788-2ce86ce81129_story.html
(追記終了)

7月下旬からレバノン・イスラエル国境の軍事衝突が高まっていたことになっており、イスラエルは国境沿いで軍事演習をしたり、レバノン、シリアに対し過剰な報道と警告を繰り返していた。
https://www.almasdarnews.com/article/hezbollah-is-preparing-to-respond-to-israel-killing-its-member-in-syria-analyst/
https://www.almasdarnews.com/article/israeli-army-sends-reinforcements-to-lebanese-border-amid-fears-of-hezbollah-retaliation/
https://www.almasdarnews.com/article/israeli-army-carries-out-military-drills-along-lebanese-border-amid-heightened-tensions/
https://www.almasdarnews.com/article/israeli-army-carries-out-military-drills-along-lebanese-border-amid-heightened-tensions/
https://www.almasdarnews.com/article/israel-informs-hezbollah-via-un-that-they-did-not-intend-to-kill-fighter-in-syria-mayadeen/
https://www.almasdarnews.com/article/israeli-forces-fire-several-smoke-bombs-along-lebanese-border-video/
https://www.almasdarnews.com/article/israeli-forces-will-remain-on-high-alert-over-potential-hezbollah-attack-maariv/
https://www.almasdarnews.com/article/netanyahu-vows-to-not-allow-iran-to-establish-itself-along-israels-borders/
https://www.almasdarnews.com/article/breaking-explosions-and-gunfire-heard-along-israeli-lebanese-border-video/
https://www.almasdarnews.com/article/early-reports-of-hezbollah-missile-attack-on-israeli-military-positions-along-lebanese-border/
https://www.almasdarnews.com/article/israel-says-hezbollah-sabotage-operation-thwarted-along-lebanese-border/
https://www.almasdarnews.com/article/netanyahu-warns-hezbollah-they-are-playing-with-fire-will-receive-harsh-response/
https://www.almasdarnews.com/article/israels-netanyahu-sends-warning-to-hezbollah-leader/
https://www.almasdarnews.com/article/column-of-israeli-tanks-deployed-to-lebanese-syrian-border-amid-latest-escalation-video/
https://www.almasdarnews.com/article/israeli-newspaper-claims-intelligence-knows-what-basement-nasrallah-is-hiding-in/
https://www.almasdarnews.com/article/israel-moves-advanced-missile-systems-to-lebanese-border-amid-fears-of-hezbollah-attack-video/
https://www.almasdarnews.com/article/israeli-military-buildup-along-lebanese-border-is-largest-since-2006-war/
https://www.almasdarnews.com/article/israeli-defense-minister-sends-warning-to-hezbollah-leader/
https://www.almasdarnews.com/article/netanyahu-sends-message-to-hezbollah-after-syria-strikes/

ところが、もう一方の当事者であるはずのヒズボラは、「イスラエルは存在しない軍事衝突について、あり得ない成果(勝利)を発表している」と否定していた。
https://www.almasdarnews.com/article/hezbollah-says-no-attack-occurred-along-lebanese-border-calls-israeli-claims-fake-victories/

イスラエルが騒ぐには理由がある。ネタンヤフ首相の新内閣の基盤が脆弱なのと、首相自身に対する汚職追及がまもなく本格的に始まるのと、コロナ対策で経済活動を強制停止させられた国民の反発が非常に強く、連日抗議デモが展開されている。
https://www.youtube.com/watch?v=8W4s5hccmrE
https://www.youtube.com/watch?v=z6e9Yo5Txaw
https://www.youtube.com/watch?v=3QroIXRPcGE
https://www.youtube.com/watch?v=nFmXSCo6v_w
https://www.youtube.com/watch?v=11qnKDYF2iQ

少し前に、デモの最中に正体不明のギャングに殴られて血まみれになったが、警官に見捨てられた被害者がおり、大きく報道された。
https://www.ynetnews.com/article/rJhB0041bv

一昨日ネタンヤフの馬鹿息子がラジオ出演し、番組ホストから「お父さんはデモのニュースを見て何と言ってますか?」と聞かれて、「あれは宇宙人だと鼻先で笑い飛ばし、何ら気にしていません」と答えた。デモ参加者は「我々が生活苦でこんなに怒っているのに、ネタンヤフは我々のことを宇宙人だと言い、人間とすらみなしていない」と激怒。
https://www.ynetnews.com/article/r10E8sBWD

内政が手詰まり状態のネタンヤフにしたら、世間の関心を国外に向ける必要があった。レバノンで親イランのヒズボラを押さえ込むことができれば、ネタンヤフにとり大きな得点になる。

公式には事件への関与を否定。あるというわけがない。
https://www.almasdarnews.com/article/israeli-official-denies-israel-had-any-connection-to-beirut-port-explosion/

イスラエルがレバノンに支援提供を申し出。危なっかしくてお前の援助なんか受け取れるかってやつですが、「これからイスラエルが上陸します」という意味の婉曲表現なのかもしれません。
https://www.ynetnews.com/article/BkLyLNvbP

イスラエルなら世界最高水準のいろんな支援ができるのに、政治的な壁があってできない・・・という文章がだらだら書いてある。イスラエルが過去にレバノンで何をしてきたか知っている人であれば、誰もが気持ちが悪いと感じる文章。心のこもっていない嫌味な文章を見ると、やはり一番怪しい容疑者はイスラエルかもと思ってしまうのである。
Israeli aid should be on the ground in Lebanon, regional policies prevent it
In interviews I conducted in recent years, the Home Front Command described its new technological innovations to help map and locate survivors after a disaster.
By SETH J. FRANTZMAN AUGUST 5, 2020 12:30
https://www.jpost.com/israel-news/israeli-aid-should-be-on-ground-in-lebanon-regional-policies-prevent-it-637550



フランスのマクロン大統領は明日木曜、ベイルートを訪問し、アウン大統領ほか政治指導者らと会談する。在ベイルート仏大使館では最低でもガラスやドアが吹き飛んでいるはずだし、スタッフの一定割合が被害を受けているはずで、受け入れ体制が整わない。レバノン側の警備体制も傷付いていて治安の保証が確認できていないはずなのに、国家元首が乗り込むというのは、どのような判断なのだろうか。自分が事件に直接関与していないかぎり、「この爆発が最後であり、以後事件は発生しない」と確信できるものではない。そもそもフランスは1週間前、経済危機に見舞われているレバノンに「援助しない」と言い放ったばかり。本当に嫌な性格の民族。
Macron au Liban jeudi pour "rencontrer l'ensemble des acteurs politiques"
Les aides internationales commencent à affluer.
le 05 août 2020 à 11h45, mis à jour à 14h20
https://www.lorientlejour.com/article/1228299/les-aides-internationales-affluent-vers-le-liban.html

トランプ政権がTikTokを強奪するのであれば、中国は報復する 偉大な国がならず者国家に成り下がった 中国紙

US ‘theft’ of TikTok turning once great America into ‘rogue country’ – Chinese media
4 Aug, 2020 12:40
https://www.rt.com/business/497051-china-wont-accept-theft-tiktok/
中国日報 社説
https://global.chinadaily.com.cn/a/202008/03/WS5f2810e3a31083481725de72.html

・・・私たちに一体何を見せてくれるのでしょうか。関連記事