香港を殺す国家安全法、明らかになった非道な全文

さすが中国は押さえるべき点を押さえている。領土割譲、国家分裂を口にしたら、憲法で死刑を定めている国すらある。これが世界標準。

日本では領土割譲、国家分裂を叫ぶどころか、公約に掲げて政治活動しても、ポスターを印刷して貼りまくっても合法なんですよ。第29条(下記)を使えば、在日による政治活動や、広く公開するという大前提で補助金の交付を受けながら一般公開を思いっきり制限した愛知トリエンナーレのようなイベントを一網打尽にできるじゃないですか。

日本人の大半はこの差に気付いていないと思う。世界で最もマヌケな国、それは日本。



香港を殺す国家安全法、明らかになった非道な全文
7/2(木) 6:01配信
福島 香織
https://news.yahoo.co.jp/articles/4d21fdcf97f46f2610549e894f99d4a31f84e10f?page=1

(前略)
国安法で裁かれる犯罪は4種類。「国家分裂」「国家政権転覆」「テロ行為」「外国または域外勢力との結託による国家安全危害」(の組織、計画、実施、参与、ほう助、出資など)である。いずれも主犯や重大な罪については最高無期懲役から10年以上の懲役。軽くても3年以下の懲役か刑事拘留、管制とよばれる、青少年に対する感化院入りやボランティアや社会労働を通じての更生が行われる。

 「国家分裂」に関しては、「香港および中国その他の地域」も範疇に入っているので、香港と中国の分離を主張する言動だけでなく、ウイグル、チベット、台湾の独立や中国との分離に関する言動も「武力を使用する、あるいは使用すると恫喝する、しないにかかわらず」犯罪とみなされるという。つまり香港では、ウイグル、チベット、台湾の問題についても自由な議論は封じ込められる。

(中略)

 第29条では、「外国、外国の機関、組織、その人員のために国家の秘密または国家の安全に関する情報を盗み、探り、買収されて違法に提供すること、外国もしくは外国の機関、団体もしくは個人にその行為を依頼した者、外国もしくは外国の機関、組織、その人員と共謀してその行為を行うこと、外国もしくは外国の機関、組織、人員から直接もしくは間接に指示、コントロール、資金その他の援助を受けて、以下の行為を行うことは、犯罪である」と規定し、具体的に以下の5つの例を挙げている。

 (1)中国に対して戦争をし、武力もしくは武力の威嚇によって中国の主権、統一及び領土の完全性に重大な危害を及ぼすこと。

 (2)香港政府または中央政府による法律や政策の策定・実施を著しく妨害し、重大な結果をもたらすおそれのあるもの。

 (3)香港の選挙を操作し、混乱させ、潜在的に重大な結果をもたらすこと。

 (4)香港または中国に対する制裁、封鎖その他の敵対的行為。

 (5)様々な不法な手段を用いて、香港の住民の間で中央人民政府または香港政府に対する憎悪を募らせ、重大な結果をもたらす行為。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント