男性器が壊死脱落 新しいのを腕で育てる治療 自分のサイズより2センチ大きく発注 イギリス45歳男性

31394656-8578495-image-a-84_1596158398515.jpg

Father whose penis dropped off due to a blood infection became the first man to have a new one built on his arm - but delays mean it has been stuck there for four years

Malcolm MacDonald, binned his penis when a blood infection caused it to fall off
The 45-year-old had a new one grafted onto his arm - with an extra two inches
But a series of delays means 'Jimmy' has been attached to his arm for four years

By Luke May For Mailonline
Published: 02:27 BST, 31 July 2020
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8578495/Father-penis-built-arm-delays-mean-stuck-years.html

・・・感染症が原因で2014年に脱落したあとは酒におぼれた。新しいのを作ると決まったとき、自分の本来のサイズより2センチ大きく発注した。今は腕に付いている「それ」に「ジミー(Jimmy)」と名付け、呼びかけながら過ごしている。外出するときは長袖を着てジミーを隠している。育てるのに2年かかるが、本人の体調が優れなかったり、コロナのせいで手術が中止になるなどしたため、ジミーはもう4年間も彼の腕にぶる下がっている。年末に手術して元の位置に戻す予定。費用5万ポンド(685万円)は病院が予算を付けた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント