トルコ軍のクルド攻撃にネタンヤフが激おこ 対米非難はせず

(文末)イスラエル国内では、予測不能のトランプが、伝統的なイスラエル支持を破棄するかもしれないという懸念が高まっている。

他国のことはどうでもいい。日本は大丈夫なんですか?



Netanyahu condemns Turkish invasion into Syria

PM warns against 'ethnic cleansing of the Kurds' by Turkey and its allies and says Israel is ready to provide humanitarian aid to the 'gallant Kurdish people'; Turkey launched a large-scale offensive against Kurdish fighters in northern Syria on Wednesday

Associated Press,Ynet
Published: 10.10.19 , 16:26

Prime Minister Benjamin Netanyahu is condemning the Turkish invasion of Kurdish areas in Syria and warning of an "ethnic cleansing" against them.

netanyahu.jpg
鬼の形相で訴えるネタンヤフ首相。おー恐。

Turkey launched airstrikes, fired artillery and began a ground offensive against Kurdish fighters in northern Syria on Wednesday.

"Israel strongly condemns the Turkish invasion of the Kurdish areas in Syria and warns against the ethnic cleansing of the Kurds by Turkey and its proxies," Netanyahu said Thursday at a memorial ceremony for the fallen soldiers of the 1973 Yom Kippur War.

Israel's leader added that Israel is prepared to extend humanitarian assistance to the "gallant Kurdish people."

Turkish President Recep Tayyip Erdogan announced the campaign following President Donald Trump's abrupt decision to withdraw forces from the region. It essentially abandoned Syrian Kurdish fighters and left the U.S. ally vulnerable to a Turkish offensive that was widely condemned around the world.

The prime minister, however, refrained from criticizing the United States, opting instead to thank the Americans for providing aid to Israel toward the tail end of the Yom Kippur War.

"Like in 1973, today we very much appreciate the important support of the US, which has greatly increased in recent years, as well as the major economic pressure that the US is using on Iran," Netanyahu said.

“The current focus of aggression in the Middle East is the Iranian regime in Tehran. Iran is striving to tighten its grip in Lebanon, Syria, Iraq, Yemen and the Gaza Strip," he added.

Trump's decision was a major shift in U.S. policy, raising fears in Israel that the unpredictable Trump could just as easily renege of his traditional support of Israel.

人権弾圧したければイスラエル製スパイウェアにお任せ! モロッコで成果を上げました

よその国の記事を引用して、ちゃっかり自国製品の宣伝をするイスラエル。

中国の「いわゆるウイグル人弾圧」でも大活躍しているかもしれないね。イスラエルはどちらの味方?



NSO Spyware Used to Target Moroccan Human Rights Activists, Says Amnesty

According to Amnesty’s report, the two activists received SMS messages with malicious links that would have installed NSO’s Pegasus spyware on their devices if clicked. Both previously faced harassment from the Moroccan regime over their activism
Omer Kabir
13:3310.10.19
https://www.calcalistech.com/ctech/articles/0,7340,L-3771734,00.html

The Pegasus spyware developed by Israeli surveillance company NSO Group was used to target two Moroccan human rights activists since at least October 2017, according to a new report published Thursday by Amnesty International. Both activists previously faced harassment from the Moroccan regime over their activism.

According to the report, the activists received SMS messages with malicious links that would have installed the Pegasus spyware on their devices if clicked. As previously reported, the spyware gives operators complete access to a person’s calls and messages and remote control of the mobile device on which it is installed. Alongside the SMS attack, Amnesty said it had identified likely successful network injection attacks against one of the activist’s mobile network, also intended to install malware, which the organization suspects used NSO tools as well.

(以下略)

イスラエルが政策挫折に焦り トランプのクルド切り捨て

関連記事



Yom Kippur for the Kurdish people

Analysis: Turkey's geopolitical machinations and American abandonment spell the end of any hopes for Kurdish autonomy; this alone is tragic enough, but the realignment of the region could mean trouble for Israel too

Opinion
Tsur Shezaf
Published: 10.11.19 , 13:35
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5605203,00.html

Turkey's President Recep Tayyip Erdogan began on Wednesday to deliver on his promise to take over a 40-kilometer strip of Syria, near the Turkish border - an area inhabited and administered for the most part by Kurds.

This plan, now possible thanks to the inexplicable decision of U.S. President Donald Trump to step back and allow it, will bring about a humanitarian and geo-political disaster.

Turkey had been providing almost public support for the Islamic State throughout the years of fighting, beginning with the Syrian civil war.

According to testimony provided by Kurdish fighters combating IS, Turkish officers were working within Islamic State, with the expressed intent to take control of the north-eastern provinces of Syria, an area the Kurds call Rojava.

In the initial stages of the quick Islamic State expansion late in 2004, the organization seemed unstoppable. Still Turkish troops across the border refrained from providing any assistance to the Kurdish city of Kobani fighting for its life.

But Kurdish bravery, with help from the PKK, a Kurdish militia based in Iraq (with a political presence in Turkey), and the YPG, a component of the anti-Assad Syrian Democratic forces, along with aerial cover from U.S. bombers and a critical weapons supply line, enabled the Kurds to block IS from taking Kobani - at a cost of 2,500 fighters.

That victory became the turning point in the fight against the Islamic State.

Next the Kurds turned their attention to Sinjar, which had fallen to Islamic State in 2014 and where the predominately Yazidi population that was unable to escape was killed or enslaved.

Kurdish forces began an offensive early in 2015, with American help, to retake the city and ultimately unite Kurdish territory creating a land bridge to the sea.

Turkey viewed that American–Kurdish cooperation with discontent, prompting a 2016 Turkish incursion into the area that continued until the 2018 Turkish occupation of the city of Afrin, using local pro-Turkish militias and pushing out the Kurdish forces.

The local Kurdish Autonomy government in the city of Qamishli has been under bombardment by Turkish forces in the last few days, as a prelude to the expected land incursion.

Ankara's goal is to finally put an end to the Kurds' aspirations for autonomy and independence. Erdogan's government has not tried to hide that intent or their plan to imprison or kill all YPG or PKK fighters.

The Turkish plan is also to settle some 3 million Syrian refugees currently seeking refuge in Turkey, in the 6,000 kms strip it plans to secure.

In order to make sure the message was well received in Europe, Turkish officials dispatched thousands of refugees towards the Greek islands as a warning of what may follow if they were to be blocked from their resettlement plans in Syria, regardless of the cost to the Kurds.

Kurdish refugees, for the most part have chosen to remain in the de facto independent territory in Syria rather than travel to Europe, protected by their own fighters and financed by the oil reserves of the area.

But the Turks hope to install a pro-Turkish population of Arabs and others to ensure that an independent Kurdish region is not a viable option.

Tens of thousands of Islamic State fighters and family members have been interned in camps set up and guarded by the Kurds after the fall of the Islamic State.

Erdogan's forces plan to release these people into the area at an obvious cost of Kurdish lives. This is a plan that was foiled when it was first introduced five years ago, thanks to the Kurds' close cooperation with U.S. forces.

The demise of a Kurdish independent democracy is tragic, and its annihilation will deal a fatal blow to the already battered American reputation.

After the failure of the U.S. administration to act against Iranian aggression in the Gulf, this latest policy u-turn must be seen as a dire warning to anyone who may still believe the United States can be trusted as an ally.

The Iranians view the current state of affairs as a threat to Shi'ite dominance in Syria while the Russians expect Kurdish forces to call on them to prevent a massacre by the hands of Turkey.

And Israel? Israel should worry about the Turkish military, second only to the Russians in Europe, as it creeps closer to its borders and threatens its ability to act independently against the range of threats it is facing.

宮内庁によると、眞子様は恋愛自由な状態なのだという

当初は、平成の陛下が下した眞子様婚約の裁可を、陛下ご本人が撤回することはならず、ましてや臣下の者(秋篠宮殿下)が否定することはできない。将来も否定しないことが望ましい。仮に否定するとしたら、代が変わったあとの新しい陛下にお願いするしかない、という解釈だった。

裁可は否定できない→あの2人は結婚するが既定路線だが、秋篠宮殿下が納采の儀を行わせない拒否権を行使することで、かろうじて結婚が阻止されているのが現状だったはず。だから国民は怒っていた。

ところが、さすが日本の公務員、屁理屈を編み出してきた。

裁可は、長い伝統に沿って下されたものであり、法的な意味で2人の結婚を束縛するものではないという。

あれだけ明確な婚約記者会見を開いておいて「はいはい単なる伝統」「実は法的に無意味だった」で済まされるのかどうか、ここまで来たら、小室圭氏から皇室相手に婚約関係の確認を求める訴訟を起こして欲しい。



眞子さまと小室圭さんの「婚約内定」 宮内庁が公式見解
2019年10月11日 7時0分
NEWSポストセブン
https://news.livedoor.com/article/detail/17215504/

眞子さまと小室圭さんの「婚約内定」は、当時の天皇陛下の裁可によるもの
皇位を継承した今、裁可は有効なのか女性セブンが宮内庁に問い合わせた
裁可は「皇室の伝統を活かすもの」で、結婚に直接の影響は与えないとのこと

 鮮やかな色に染められた布や手編みのかばん、エスニックな民芸品が並ぶ会場で、振袖姿のプリンセスはひときわ周囲の目を引いていた。

 9月30日、東京・日本橋のホテルで、日本中近東アフリカ婦人会主催のチャリティーバザーが開催され、秋篠宮家長女の眞子さま(27才)は1時間ほど各ブースを見て回られた。

「販売側が民族衣装を着ているのに合わせてか、眞子さまは振袖姿でいらっしゃいました。バザーということもあり会場はラフな雰囲気だったので、振袖姿の眞子さまはとにかく目立っていた。自らおすすめの商品を聞き、バナナチップスを試食されるなど、とても楽しまれていました。アフリカのマラウイ共和国の伝統的な布で、エプロン代わりになる『チテンジ』を気に入られ、購入されたそうです」(皇室記者)

 そんな眞子さまは10月23日に28才の誕生日を迎えられる。2017年9月、小室圭さん(28才)と「婚約内定」の会見に臨まれ、幸せの笑みを見せられてから2年が経った。

「小室さんは昨年夏から留学先のアメリカで弁護士資格取得のため猛勉強の日々を続けているようです。この夏には4か月の長期の“夏休み”がありましたが、帰国することなく、眞子さまとも会っていません。それでも、小室さんの代理人は常々、“今も眞子さまとの結婚の意思に変わりはない”と語っています」(皇室ジャーナリスト)

 眞子さまとは頻繁に連絡を取り合っているそうで、眞子さまも“その時”を心待ちにしていることだろう。何があろうとも、「婚約内定」をしているわけだから、結婚されることは間違いない──しかし、そんな期待を揺るがす衝撃の事実が発覚した。

◆新しいパートナーがいても、何ら問題ない

 小室さんの名前がメディアで報じられる際、必ず呼称されるのが、「婚約内定者」という“肩書”だ。

 一部には、「婚約者」や「フィアンセ」という呼ばれ方をされたこともあったが、それについては「一般の結納にあたる『納采の儀』が行われていない」という理由で宮内庁が明確に否定した。それ以降、婚約内定者という呼称が定着した。

「その呼び名の根拠は、一昨年9月、上皇陛下が天皇在位中に結婚の『ご裁可』を与えられたことです。ふたりが参内し、陛下に挨拶されて、陛下が裁可された直後に婚約内定会見が行われました」(別の皇室ジャーナリスト)

 たしかにその通りなのだが、状況はずいぶんと変わっている。上皇陛下が裁可を与えられた当時、眞子さまの結婚は平成時代のうちに執り行われる予定だった。しかし、結婚関連儀式は延期され、その間に御代がわりも行われ、新天皇が即位された。

 新天皇の御代になった今、上皇陛下の裁可が現在も“有効”なのか、小室さんを婚約内定者と呼ぶべきか、曖昧な部分があることは否めない。

 本誌・女性セブンがその点を宮内庁に問い合わせると、宮内庁総務課報道室より、以下のような「公式見解」が伝えられた。

お二人のご婚約内定発表に際しての天皇陛下のご裁可は、旧皇室典範とそれに基づく皇室令等を踏まえたものです。それらの法令は、日本国憲法施行日の前日に廃止されましたが、皇室には長い伝統があり、その伝統は旧皇室典範や皇室令に反映されていると考えられるので、現憲法に違反しない限りは、皇室の行事もそれらに準拠して行うことは差し支えないと考えています

 あくまで裁可は皇室の長い伝統に沿ったもの──そんな前置きの上で、宮内庁はこう結論づけている。

現在の「ご裁可」は、ご結婚の効果そのものに影響を与えるものではなく、皇室の伝統を活かすものとして行っているものと理解しています

 つまり、小室さんが“婚約内定者”である前提となっていた裁可は、「結婚には直接、関係がないもの」と宮内庁が見解を示したことになる。

「今のままの状態が続き、ずっと小室さんが“婚約内定者”状態であり続けることを懸念しているのでしょう。そう認識されることで、小室さんは留学先で年間数百万円とされる授業料を免除されるなど、“特別扱い”を受けているふしがあります。

 実際には婚約をしているわけではないのだから、現時点で眞子さまが新しいパートナーをつくられても、何ら問題ないわけです。結婚の見通しが立たない今、ずっと小室さんを“婚約内定者”と呼び続けることには問題があるかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2019年10月24日号

消費税を上げた途端に国家公務員の給与増を発表する高慢さ(笑)

他国だったら暴動が発生するのに、日本人はこういうときに誰も何も反応しない。財務省の役人の視点で見るならば、国民が暴動を起こすまでは引き上げていいんです。20%だと不満は高まっても、暴動は起きなさそう。30%が上限でしょうかねぇ(笑)。



国家公務員の給与増決定 人事院勧告受け入れ6年連続
10/11(金) 8:39配信
共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000027-kyodonews-soci

 政府は11日、2019年度の国家公務員の月給とボーナス(期末・勤勉手当)を6年連続で増額する給与法改正案を閣議決定した。これに先立つ関係閣僚会議で、給与引き上げを求めた8月の人事院勧告を受け入れると決めた。臨時国会での法成立を目指す。

 法案によると、月給は平均387円(0.09%)増額。夏と冬を合わせたボーナスは0.05カ月引き上げ、月給の4.50カ月分とする。いずれも法成立後、今年4月にさかのぼって増額分が追加支給され、年間平均給与は行政職で2万7千円多い680万円となる。

クルド人はノルマンディーで米国を助けなかった。しかし我々はクルド人が好きだ トランプが反論(笑)

「もともと日本は真珠湾を攻撃した敵国だ。しかし我々は日本人が好きだ」と捨て台詞を吐かれながら、日本が米国から見捨てられる時が来そう。

クルド、クルド言うのは米国というよりイスラエルの政策だし、伝統的に中東世界を牛耳ってきたのはトルコとイランで、イスラエルの邪魔をするのは現代においてもトルコとイランである。従って、親イスラエル政策から離反したエルドアンのトルコを完膚なきまでにお仕置きしてやらなければならないとおヒス起こして叫んでいるのもイスラエルの政策。シリア問題でなく、アラブ問題でなく、イラン問題でなく、イスラム問題でもなく、イスラエルの問題。

関連記事23



「同盟は簡単」「第二次世界大戦で我々を助けなかった」トランプ大統領、クルド勢力を見捨てたとの批判に反論
10/10(木) 20:00配信
BUSINESS INSIDER JAPAN
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000004-binsider-int

アメリカのトランプ大統領は10月9日(現地時間)、クルド人部隊を見捨て、シリア北東部に駐留する米兵を撤退させた自身の決断を改めて擁護した。クルド人は第二次世界大戦でアメリカを助けなかったからだという。

アメリカが主導してきたISISとの戦いで、極めて重要な役割を果たしてきたクルド人部隊について、トランプ大統領は「彼らは第二次世界大戦で我々を助けなかった。ノルマンディーで我々を助けなかった」と発言した。

報道陣にシリアからの撤退やクルド人部隊の扱いは、他の潜在的なアメリカの同盟国に対し、負のメッセージを与えたのではないかと尋ねられたトランプ大統領は、「同盟はものすごく簡単だ」と答えた。

トルコはこの数時間前、シリアのクルド人部隊に対する軍事オペレーションを開始した。

トランプ大統領は10月9日、クルド人部隊を見捨て、シリア北東部に駐留する米兵を撤退させた自身の決断を改めて擁護した。クルド人は第二次世界大戦でアメリカを助けなかったからだという。

この少し前には、空爆に続き、トルコの地上部隊が国境を越えてシリアへ侵攻したと報じられていた。

クルド人部隊について、トランプ大統領は「彼らは第二次世界大戦で我々を助けなかった。ノルマンディーで我々を助けなかった」と述べ、「それでも、我々はクルド人が好きだ」と付け加えた。

この発言の前、トランプ大統領はホワイトハウスがリリースした声明文の中で、トルコの軍事オペレーションを支持しない、「悪いアイデア」だと述べていた。だが、クルド人部隊には一切触れず、トルコの行動を阻止するための迅速な対応も示さなかった。

トランプ政権は10月6日、トルコの軍事行動の前に、シリア北東部に駐留する米兵を撤退させると突然発表した。

この動きは、共和党の有力議員やトランプ政権の元高官を含め、アメリカ国内でも広く批判された。多くの人々が、トランプ大統領はトルコにアメリカの重要な同盟相手を攻撃する道を開いたと感じたためだ。

クルド人を主体とするシリア民主軍(SDF)は、アメリカが主導するISISとの戦いの矢面に立ち、その過程で約1万1000人の戦闘員を失った。

トランプ政権の発表に先駆けて、クルド人部隊は最近、アメリカのトルコの攻撃は許さないとの保証の下、国境沿いの防衛陣地を解体していた。米兵の撤退というトランプ大統領の決断を、SDFは「背後から刺された」と表現し、アメリカに裏切られたとの思いを隠さなかった。

「同盟は簡単」

9日の"第二次世界大戦"発言の直後、報道陣にシリアからの撤退やクルド人部隊の扱いは、他の潜在的なアメリカの同盟国に対し、負のメッセージを与えたのではないかと尋ねられたトランプ大統領は、「同盟はものすごく簡単だ」と答えた。アメリカにとって、新たなパートナーシップを組むのは「難しいことではない」という。

そして、「我々の同盟国」は「我々に大いに付け込んできた」とも述べた。

だが、多くの政治家や政府の元高官は、トランプ政権のシリア撤退という決断が同盟国や未来のパートナーに送ったメッセージに懸念を示している。

中でも、ISISとの戦いでかつてトランプ大統領の特使を務めたブレット・マクガーク(Brett McGurk)氏は大統領に批判的だ。

マクガーク氏は7日、「ドナルド・トランプは米軍最高司令官ではない。彼は慎重に検討することも知識もなく、衝動的な決断をしている。何の支援もなく、兵士を危険な状況へ追いやっている。同盟相手に威張り散らしておきながら、敵対国に自身のはったりを見抜かれたり、相手からの強硬な電話に直面すると、同盟相手を見放す」とツイートした。

同様に、トランプ大統領に近く、上院外交委員会のメンバーでもある共和党のリンゼー・グラム(Lindsey Graham)上院議員も7日、「クルド人を見捨てることで、我々はこれ以上ないほど危険なシグナルを送った ── アメリカは頼りにならない同盟相手で、中国やロシア、イラン、北朝鮮が危険な方法でそれを行動に示すのは時間の問題だ」とツイートした。

グラム上院議員は9日、クルド人に対するオペレーションを考慮し、トルコに対し「厳しい制裁」を課すことで、民主党のクリス・バン・ホーレン(Chris Van Hollen)上院議員と党を超えた合意に達したと発表した。「政権はトルコに対して行動することを拒否したが、わたしは超党派の強い支持が得られると見ている」と、グラム上院議員はツイートした。

別のツイートでは、「アメリカはもっと良い国のはずだ。大統領、トルコに対して立ち上がってください」ともつぶやいていた。

トルコはNATO加盟国ではあるが、アメリカとの関係は複雑で、エルドアン大統領は"危険な独裁者"や"民主主義の敵"などと批判されてきた。

また、トルコの軍事オペレーションは治安の不在を招き、ISISの復活に道を開く危険もある。シリアのアサド政権やイラン、ロシアの利益にもなりかねない。クルド人部隊はISISの戦闘員、数千人の身柄を拘束していて、トルコ侵攻によって逃亡される可能性もある。トランプ大統領は9日、ISISの戦闘員が逃亡しても、彼らは「ヨーロッパに逃げるだろう」と述べた。

アメリカの多くの政治家は、トランプ大統領の決定のロジックや、それがアメリカの国家安全保障や戦略的利益にどうプラスになるのか、疑問を抱いている。

[原文:Trump defends abandoning the Kurds by saying they didn't help the US in WWII]

(翻訳、編集:山口佳美)



英語記事
https://www.latimes.com/opinion/story/2019-10-12/after-abandoning-the-kurds-no-one-would-help-us-with-normandy?_amp=true
トランプ発言の動画
https://www.theguardian.com/us-news/video/2019/oct/10/donald-trump-says-kurds-didnt-help-us-with-normandy-video

もしもし時事さん、それは駐留ではなく不法占領の間違いです

(1)時事通信が「シリア駐留米軍」というトンデモ用語を発明してくれた。シリア政府から招待されていない米軍は「歴とした国際法違反の占領軍」ですよ

ゴラン高原駐留イスラエル軍、竹島駐留韓国軍、択捉島駐留ロシア軍、尖閣駐留人民解放軍で日本の領土問題は全て解決。平和が実現。日本万歳。ヤッター!!!(笑)

トランプがゴランはイスラエル領と承認しているんだ。文句あるかの世界。反論できる方はどうぞ。

(2)この記者さん、市民に爆弾を落とすアサドはけしからんというスタンスで書き続けている人。米国が方針を転換したし、今度はトルコ軍が爆弾を落としてきましたよ。これからどのように報じるんですか?あなたの作文を読んでいれば現地の情勢は理解できるようになるんですか?ほんとに「もうね」の世界。ぷぷぷです。



トルコから砲撃=「防衛措置につながる」と警告-シリア駐留米軍
10/12(土) 10:34配信
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000045-jij-m_est

 【ワシントン時事】米国防総省当局者は11日、声明を発表し、トルコ軍のシリア北部侵攻に絡み、シリア北部アインアルアラブ(クルド名コバニ)付近で同日、シリア駐留米軍が「トルコ側から砲撃にさらされた」と発表した。

 米軍に負傷者はいなかったが、「米国はトルコに対し、即時の防衛措置につながる行動を避けるよう求める」と警告した。

 米部隊はシリア北部のトルコ軍作戦地域から撤収したが、周辺地域で駐留を続けている。国防総省当局者は「米軍はコバニから撤収しない」と強調した。



<シリア現地報告>トルコ軍によるシリア越境軍事攻撃、住民が砲撃の犠牲に
玉本英子 | アジアプレス・映像ジャーナリスト
10/11(金) 23:59
https://news.yahoo.co.jp/byline/tamamotoeiko/20191011-00146461/

◆「もう悲しみはたくさん。ただ平和を望むだけ」

シリア北部カミシュリに響く爆発音。「ドーン、ドーン」。あわてて建物の陰に入る。国境を接するトルコ側から立て続けに撃ち込まれた砲弾だ。砲撃では住民があいついで犠牲となっている。【シリア北部カミシュリ・玉本英子】

10月9日、トルコ軍はシリア北部クルド勢力地域への越境軍事攻撃を開始。テルアブヤッドや、ラアス・アル・アインでは空爆など激しい攻撃にさらされ、その他の国境沿いの町でも砲撃が続く。またクルド勢力側もトルコ側に反撃し、戦闘は拡大の一途をたどっている。

カミシュリ市内のビシェリーエ地区は国境から3キロ。キリスト教徒とクルド人が暮らす住宅地だ。9日の夜、トルコ軍の砲弾4発が着弾。一人が死亡、2人が重傷を負った。砲弾が落ちたのはキリスト教徒の民家。ブロック塀と壁が崩れ落ち、焦げた臭いが漂っていた。

「ここは住宅地で軍事拠点などない」「なぜ市民を殺すのか」。近所の住民たちは怒りをあらわにした。

隣家のアナヒド・ベイドルシアンさん(60)は、「ずっと戦争もう悲しみはたくさん。ただ平和を望むだけ」と、顔を曇らせた。

別の地区では子どもが犠牲となり、住民の怒りが広まっている。

カミシュリ市内の商店街は、ほとんどが店を閉め、人や車もほとんど見られなくなった。国境線付近の住民は脱出を始めるなど、戦火が迫るなか混乱が広がっている。

【シリア北部へのトルコ軍越境攻撃】

トルコ政府はシリアのクルド・人民防衛隊(YPG)主体の勢力を「クルド労働者党(PKK)と一体の「テロ組織」とみなし、脅威に対抗するとして国境地帯での軍部隊を増強してきた。過激派組織イスラム国(IS)の掃討作戦で、アメリカはクルド勢力を支援。国際社会の脅威だったISに対し、多大な犠牲を払って戦ったクルド勢力を、アメリカは「見捨てることはない」と約束し、トルコの軍事行動を抑制してきた。ところがトランプ大統領は、思い付き的な政策転換を繰り返す。今月7日には国境地帯の米軍部隊が監視ポイント2地点から突然撤収。トルコ軍が国境に部隊を展開させ、軍事衝突の懸念が高まっていた。今回のトルコ越境攻撃では欧州各国も懸念を表明している。

米、サウジに3000人増派 石油施設攻撃受け大規模配備も

あーあかん。「地対空ミサイル「パトリオット」、新型迎撃ミサイル「THAAD(サード)」などが配備される見通し」とか、それが当たり前な対応であるかのようにサラっと書かれているが、高級すぎる兵器はドローン攻撃には効かないんよ。現に、既に配備してあるのに、派手に破壊された。最後は目視で1機ずつ撃ち落とすしかない。

3000人を増派したら、米軍に人繰りの問題が発生するから、じゃシリアから撤退しましょうかという話にもなる。少し前にもトランプはシリア撤退を口にしたが、すぐイスラエル・ロビーに潰された。今回はイスラエルからの抗議をはねつけている。ということは・・・。



米、サウジに3000人増派 石油施設攻撃受け大規模配備も
10/12(土) 2:22配信
ロイター
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000008-reut-asia

[ワシントン 11日 ロイター] - 米国防総省は11日、サウジアラビアへの新たな大規模軍事配備を発表した。前月のサウジ石油施設への攻撃を受け、同国の防衛能力を強化する。

発表によると、戦闘機部隊のほか、地対空ミサイル「パトリオット」、新型迎撃ミサイル「THAAD(サード)」などが配備される見通し。

同省のホフマン報道官は声明で、他の配備部隊と合わせ、3000人規模になると述べた。

今回の軍事配備が今後数週間または数カ月以内に同地域から撤退するとみられる米軍との入れ替わりなのかは不明。