以前の関係に戻った日韓関係

韓国側が次から次に手を打ってくるのに、日本は全く手が出せず、殴られたら殴られたまま。官房長官が記者会見で「遺憾砲」を繰り返すばかり。一度成立した条例を無効化するのは、かなり困難を極める。こんな立ち振る舞いをするくらいなら、何もしないほうが良かった。日本側に覚悟も信念もないからこうなる。関連記事



菅官房長官、「戦犯企業」不買条例を批判=汚染水処理めぐり韓国に抗議
9/6(金) 18:49配信
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000134-jij-pol

 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、韓国の釜山市議会などが特定の日本企業を「戦犯企業」と指定し、その企業の製品購入を控える努力規定を盛り込んだ条例案を可決したことを批判した。

 菅氏は「特定のわが国の企業に対して、不適切で不合理な主張に基づき不当に非難するとともに、経済的不利益を及ぼし得るもので極めて遺憾だ」と述べた。

 菅氏は「世界貿易機関(WTO)協定をはじめ国際ルールと整合的かも含めて韓国側にわが国の懸念を伝えてきており、今後の動きを注視しつつ適切に対応していきたい」とも強調した。

 韓国政府が東京電力福島第1原発の汚染水処理をめぐり国際原子力機関(IAEA)に懸念を伝える書簡を送付したことに関しては、外交ルートを通じて強く抗議したことを明らかにした。菅氏は「科学的根拠に基づかず、いわれのない風評被害を及ぼしかねない」と述べた。

シリア難民のトルコ国内での起業

2011年以降、トルコ国内でシリア難民が設立した会社が1万社あり、1社につき平均7人を雇用している。輸出志向。



Welcoming refugees, Turkey now reaps economic benefits
August 31 2019 11:29:58
http://www.hurriyetdailynews.com/welcoming-refugees-turkey-now-reaps-economic-benefits-146208

Syrian entrepreneurs provide a living for at least 7% of their 3.6 million compatriots in Turkey, according to a study released this week by a Turkish-based think tank.

Analyzing the performance of refugee-driven firms operating in eight provinces near the Syrian border, the Economic Policy Research Foundation of Turkey, (TEPAV) surveyed some 400 companies, about half refugee-driven and half not.

Highlighting Syrians' entrepreneurial spirit, TEPAV, based in the capital Ankara, said more than half (59.4%) of the Syrian business owners were successful.

"A gradual increase in entrepreneurial activity by Syrians was seen in Turkey starting in 2011,” the start of the Syrian civil war, said the report.

“Throughout Turkey some 10,000 companies have been established by Syrians since 2011, with an average of seven people employed per company," it added.

Over 100,000 companies are actively operating in eight pilot provinces mainly in southern and southeastern Turkey, near the Syrian border, it said, including 2,122 firms, or roughly 2% of the total.

Of all Syrian respondents, 24% were first-time entrepreneurs helping refugees establish start-ups, and 84% of them employed fewer than 10 people, while the remaining employed 10-49 people.

The report added that roughly 250,000 Syrians are "benefiting from the advantages of employment by refugee-driven companies.”

The think tank said Syrian companies in Turkey are more export-oriented than their Turkish counterparts.

"Among the surveyed companies, 55.4% of the Syrian businesses are exporting, while only 30.9% of Turkish companies do," the report said, suggesting that due to the competitiveness of the Turkish domestic market, Syrian companies prefer being export-oriented, aided by their many foreign connections.

The study also pointed to a correlation between the rising number of Syrian enterprises in Turkey and trade with Syria climbing to pre-war levels, with more than half of refugee-driven companies being micro-sized and operating predominantly in the service sector.

Also, 75% of surveyed Syrians said before coming to Turkey they had run their own businesses, with roughly 11% having opened a firm in a different country- mostly in Egypt, Saudi Arabia, and the UAE.

These companies benefited the most from "data on foreign market trends" and "information about legal and bureaucratic processes" offered by provincial chambers, said the report.

Geographical proximity to Syria was the key driving force for Syrians founding their business in Turkey, along with the presence of existing commercial relationships.

Compared with Turkish companies, employees and managers of Syrian establishments were more likely to be university graduates, said the study.

Speaking to Anadolu Agency about the study, Murat Kenanoğlu, a policy analyst at TEPAV, said it tried to compare and contrast Turkish and Syrian start-ups.

"We wanted to see the role of the entrepreneurship in Syrian's integration to Turkey's labor market," he said.

He added that entrepreneurship could be a viable alternative to wage employment and could spearhead Syrians' integration into Turkey's formal economy.

Turkey hosts some 3.6 million Syrian refugees, more than any other country in the world.

ローマ字での名前表記「姓→名」に 政府が方針決定

身近なものでは、クレジットカードの登録氏名とパスポート名の違いが問題になる可能性はないのかな?



ローマ字での名前表記「姓→名」に 政府が方針決定
9/6(金) 10:58配信
朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000024-asahi-pol

首相官邸HPでは6日朝の段階では「Shinzo ABE」と名→姓で首相の名が表記されている

 日本人の名前をローマ字で書く際、国の公文書では姓→名の順にすると政府が決めた。柴山昌彦文部科学相が6日、閣議後記者会見で明らかにした。柴山氏は5月にこうした方針を打ち出したものの、政府内での足並みがそろわずに調整が続いていた。

【写真】姓→名の順が持論の河野太郎外相だが、6日朝現在の外務省HPのプロフィルは「Mr.Taro KONO」のまま

 名前のローマ字表記に関しては、2000年に文部省の諮問機関・国語審議会(当時)が、言語や文化の多様性を踏まえる趣旨だとして姓→名が望ましいとの答申をまとめ、文化庁が通知を出した。中学校の英語の教科書は全て02年度版から姓→名になったものの、国際企業の名刺やクレジットカードの印字も名→姓が一般的。首相官邸ホームページ(HP)の英語版でも安倍晋三首相を「Shinzo ABE」と名→姓で記すなど、実際には浸透していなかった。

 柴山氏によると、この日の閣僚懇談会で柴山氏が提案し、政府としても国の文書から姓→名を使い始める方針に合意。今後、各省庁が時期など具体的な取り扱い方について検討する。

80代男性が愛子様に触る

80代というと戦前のしつけ・教育を受けた世代なのに、目の前に現れた皇族に触ってしまった。触らないで挨拶するものですよ。世も末です。



愛子さまが動物園に!プライベート中でも握手の“神対応”
9/6(金) 11:06配信
女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190906-00010004-jisin-soci

「今の愛子さまだよね!? めっちゃラッキーなんだけど!」

若い女性の声が上がる。その視線先にあるバスの車窓からは、愛子さまがほほ笑んでいた。

夏休みも終盤の『那須どうぶつ王国』園内で思いがけず天皇ご一家の姿を目にした人々は、興奮した様子を隠さなかった。

ご静養のために8月19~28日の間、栃木県の那須御用邸に滞在された天皇ご一家。8月26日、同王国に足を運ばれた。あいにく小雨混じりの空模様だったが、愛子さまのお友だち5人とその保護者が合流して動物たちとの触れ合いを楽しまれたのだ。

“プライベート”なお出かけにもかかわらず、愛子さまは王国内を歩きながら居合わせた人々に笑顔でお手振りされる“神対応”。80代の男性は愛子さまと握手をしたという。

「緊張して何も話せませんでしたが、かわいらしく、とても賢そうなお顔をされていました」

同王国の目玉イベントである「バードパフォーマンスショー」は、みんなで並んで観覧。上空から観覧席すれすれにワシやタカ、インコやミミズクが飛んでくると、愛子さまたちは「わー!」「すごく近い!」と歓声を上げて大喜び。そのままぶつかってきそうな迫力に、陛下と愛子さまがそろって頭を抱えられる場面もあった。

客席から指名された小3の男の子の腕にタカをとまらせるパフォーマンスでは「これから〇〇くんの腕にタカの爪が食い込んでいくからね~」という司会の男性のブラックジョークに、愛子さまとご友人ばかりか、陛下と雅子さまからも笑い声が漏れた。

こうして愛子さまは、高校最後となる夏休みをご友人たちと一緒に満喫されたのだった。