中国の米国産大豆輸入量が激減

裏であれこれ交渉しているのかと思っていたら、中国側は輸入量を思い切り圧縮していた。

トランプは為替操作国認定に際し「人民元が1ドル=7元に・・・」と言及したが、前日比の下落率自体はわずかで、為替市場では通常の上下動の範囲。特に目くじら立てるほど切り下がったわけではないので、言いがかり。

ChinaimportUSsoybean.png




米、中国を「為替操作国」認定
8/6(火) 13:46配信
TBS News i
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190806-00000053-jnn-int

 米中の摩擦がさらに激化しています。アメリカ財務省は5日、自国の通貨を安値に誘導しているとして、中国を「為替操作国」に認定したと発表。中国への圧力を強めています。

 アメリカ財務省は、中国が輸出競争力を高めるために人民元の相場を安く誘導しているとして、「為替操作国」に認定したと発表しました。認定は1994年以来、25年ぶりです。具体的な制裁には言及していませんが、今後、「為替レートなどの透明性を高めるよう中国に引き続き促す」としています。

 トランプ大統領は、これに先立ち、人民元の対ドル相場が1ドル=7元台まで下落したことを受け、ツイッターに「中国が通貨をほぼ史上最低の水準まで下落させた。為替操作だ」と書き込み、中国を批判していました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント