小室圭さん母「私は被害者」訴え……パート先から休業補償給付か

いくら何でも、わずか月12万の収入であのマンションに住むことはできない。今まで何人の男からいくらかすめ取ってきたのやら。

事態が停滞する期間が長引くことで、小室母子に対する警備費用がかさんでいる点はしばしば指摘されているが、小室家に社会福祉の予算まで投入されていることが明らかになった。

眞子様、早くご決断を。出て行くか、切り捨てるかどちらかにしなさい。遅すぎるぞっ!



小室圭さん母「私は被害者」訴え……パート先から休業補償給付か
2019.08.01
エンタMEGA
https://entamega.com/20960

 アメリカ留学中の小室圭さんの母・佳代さんが、休職中のパート先から「休業補償」を受け取っていると1日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 休業補償とは、何かしらの理由から長期休業を余儀なくされた際に、給料の一部が毎月支払われるもの。以前は県警のSPに付き添われながら都内の洋菓子店に出勤していた佳代さんだが、金銭トラブル発覚後は出勤していないという。

「記事によれば、佳代さんは店側に『私は被害者です』と主張し、休業補償の支払いを要求。一体、何を被害と指しているのかは不明ですが、現在も休業補償を受け取り続けているといいます。ちなみに働いていた頃の月給は12万円ほどだったようです」(記者)

 なお、佳代さんの職場は、東急東横線・学芸大学駅から徒歩3分にある人気老舗店「マッターホーン」。金銭トラブル発覚以前は、眞子さまの“未来のお姑さん”を見ようと皇室ファンが数多く訪れたという。

「『マッターホーン』には古風で上品な洋菓子が並んでおり、まさに“ロイヤル”な雰囲気。マスコミも以前は『小室家にぴったり』と囃し立てていました。今となっては外出もままならない佳代さんですが、本当にこの職場に復帰する気はあるのでしょうか……」(同)

 何かと金の話がつきまとう佳代さん。今後、お菓子を売る姿は見られるだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント