ドイツ人ベテラン記者 韓国人は躾けられていない■★と同じ(爆)

(1)クククク、笑いが止まらない。ここまでこき下ろすとは。在日活動家は反省しろよ。
(2)日本人、ドイツ人、中国人の皆が同じ指摘をしている。韓国人は、自分が他人からどのように見られているか、鏡に映った自らの姿を一度覗いてみるべきである。



【寄稿】民族主義的だが愛国的ではない韓国人
朝鮮日報
2019/06/02 06:08
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/31/2019053180158.html

 先日、韓国国会で行われたドラマチックな場面を見て、数年前ソウルのある外国人学校で目にした光景を思い出した。最も鮮明に思い出されたのが、2年生の教室の壁に児童たちが描いた絵やポスターと共に掲示された教師による文句だった。「自分の手足は自分の空間に(Keep your hands and feet to yourself)」

 この文句は私に深い印象を残した。小学生たち、特に男の子たちはじっとしていることができないため、自分をコントロールすることで他人の体を尊重するよう訓練する必要性がある。子どもたちがこれを学ぶことができなければ、他人にひどい接し方をしても道徳的に問題ないと錯覚するようになる。こうした思いは幼くて純粋な心に吸収されやすい。

 われわれがよく理解しているように、こうした重要な教訓は韓国社会にとってまだ目新しい。30歳以上の韓国人たちは、こうした教訓を体験し習うにはすでに手遅れなのかもしれない。

 私よりも読者たちの方がより深く理解していると思うが、これまで私が韓国で暮らしながら家族や友人から聞いた話を総合すると、わずか数年前までも、韓国社会は家庭内暴力、校内暴力、教師による体罰、警察による暴力を日常茶飯事として受け入れていた。軍隊はもちろんのこと、時には職場で拳を振りかざすことも当たり前のように考えられてきた

 若い世代は理解し難いかもしれないが、親の世代と祖父母の世代はこうした不適切な虐待のため、想像できないほどのストレスを耐え忍ばなければならなかった。

 軍隊では体系的に兵士を殴った。殴られることも訓練の一部だと考えられていたためだ。その当時、韓国の母親たちは、徴兵拒否運動を展開したり国防部に押し掛けて上層部の人間に抗議したりしなかった。私にはこれが疑問に思えてならない。

 これまで軍隊や警察、情報当局のような政府機関が国民に振るってきた暴力こそが、中壮年層以上の韓国人たちの民族主義的だが愛国的でない理由について物語っている。彼らは韓国に勝ってほしいと願いながらもなぜ韓国を愛さないのか、英語さえできるなら海外に移住したいとなぜ思うのかだ。多くの人々が、国が自分を愛しておらず、尊重もしていないという経験をした。

 だから、韓国社会で育った中壮年の政治家たちは、ハンマーで国会議事堂のドアを壊し、反対する党ともみ合いになることが悪いことだと思っていない恐れがある。彼らは、かえってハンマーを振りかざし、反対する党ともみ合いになることが有権者たちの目に素晴らしく映るものと思っているのかもしれない。自分の激しい行動が自分の情熱的な真の姿を表現するし、国民もこれを認めてくれるはずだと思うのかもしれない。

 政治は政策ではなく、感情と関係が深いという単純な政治力学が、ここから生まれる。民主主義と法治を担当する機関が民主社会の柱なら、その中心には有権者一人一人の感情がある。有権者が持つ思い、有権者が受けた印象、有権者が感じる需要と良しあしの感情が混じり合って票を決める。票こそが民主主義の神秘であり神聖な場所なのだ。この聖所に入って票を得るのが政治家の目標だ。2012年の大統領選挙の際に行われたネット上での世論操作や、昨年明るみに出たドルイドキングことキム・ドンウォン被告による世論操作事件が深刻な犯罪と言われる理由が、ここにある。民主社会では、こうした行いは反逆なのだ。

 政治家の熱情は有権者の感情に訴え掛ける。自分が支持する政党の闘士たちが反対する党の悪党たちを阻もうとドアに押し付けられている様子を見て、有権者たちは自分の地方区の議員が人文学教授のように一歩離れた場所で傍観するよりは、かえって自由のために闘う戦列の先頭にいてくれることを望むこともあるだろう。

 しかし、私は欧州人として感情は必ず理性の統制を受けなければならないと信じて育ってきた。私はカッとする政治家、物を投げて怒鳴る政治家を信頼することができない。私の目には、こうした行動は品位を投げ捨てる行動のほかの何物でもない。私が育んできた欧州人の脳は、こうした人々は指導者になってはいけないと叫んでいる。私の祖父と父、そしてこの方々の全ての友人は、理性が政治を治めることができなかったために生じた2度の世界大戦で争った人々だ。

 興味深いのは、韓国の若者たちにはこの二つの態度が入り混じっているという点だ。彼らは高等教育を受けた親の下で育った世代だ。もう教師が生徒を殴らない学校で学んだ世代、以前よりは改善された軍隊と職場を経験した世代だ。彼らの祖国が今では個人を尊重する民主主義国家になったために可能となったのだ。韓国の若い世代は、他人がハンマーを振り回したがる理由をよく理解しているが、それと同時にそうした行為は尊重できるものではないということも、よくわきまえている。彼らは「理性的な言葉や常識で他人を説得することができない人は、初めから政治家になるべきではない」と考えるだろう。

元ソウル外信記者クラブ会長マイケル・ブリーン=『韓国、韓国人』著者



韓国のトロフィー踏みつけ&放尿ポーズに中国メディア「再発を防ぐ唯一の方法がある」
ゲキサカ
6/1(土) 11:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-43467665-gekisaka-socc

画像

 U-18韓国代表が中国で開催された国際ユース選手権『パンダ・カップ2019』の優勝トロフィーを踏みつけた問題で、中国『環球時報』が“再発防止策”を挙げた。

 韓国は同大会で3戦全勝を果たして優勝したが、セレモニーの際にトロフィーを踏みつけながら記念写真を行ったほか、トロフィーに向かって用を足すような仕草を見せた選手もいたとして批判が殺到。大会組織委員会から優勝を剥奪された。すでに同代表チームや大韓サッカー協会(KFA)は謝罪を行っているものの、騒動が収束する気配はない。

 同メディアは「韓国人たちは謝罪したが、それは中国国民の怒りを落ち着かせるのに十分ではなかったようだ」と指摘している。

 それでも「同様の問題が起きるのを防ぐ唯一の方法がある」とし、「彼らにサッカーで勝たなければならない」と、ピッチ上でリベンジすることが必要だと主張した。



<サッカー>日本では重んじられているのに、韓国には欠けているもの—中国メディア
Record China
5月31日(金)22時10分
https://news.biglobe.ne.jp/international/0531/rec_190531_4327235359.html

2019年5月30日、新浪体育は、サッカーの韓国U-18代表選手が中国での国際大会で優勝トロフィーを踏みつけた問題について「試合に勝っても人として負けた韓国サッカーに欠如しているのは一体何か」とする文章を掲載した。

文章は29日に四川省成都市で行われたサッカー大会・パンダカップの表彰式後、優勝した韓国選手がトロフィーを踏みつける一幕があったとし、「韓国ユース選手の低レベルなスポーツ道徳が余すところなく露呈した」と伝えた。

そのうえで、2010年に山東省内で開かれた国際サッカー大会でも韓国選手をめぐるトラブルが起きたことに言及。実力で劣る韓国の高校リーグ選抜が中国のユース代表と対戦した際、ラフプレーにより中国の攻撃を断ち切る戦術を採用し、2枚のレッドカードを相次いで受けたと紹介。そして、「2枚目のレッドカードが出されると韓国選手が審判に唾を吐きかけ、その後、選手全員が試合続行をボイコットする事態になったほか、韓国の監督が自国選手のラフプレーを棚に上げて審判や中国サッカーを批判した」と伝えている。

文章は「競技スポーツではフェアであることが大事な要素の1つである。フェアであることを守るうえでルールに従う意外に重要なのがスポーツマンシップだ。それは相手へのリスペクトだけではなく、個人の人格の表れなのである」と指摘。ブラジルへのサッカー視察を行った際、あるユースクラブのコーチが「われわれは子どもたちに機械的な訓練を施すのではなく、人としてどうあるべきかを教える。ブラジルはこれまで天才選手に事欠かないが、スターになりたければまず、良い人間にならなければならない」と語ったことを伝えた。

また、「隣国の日本のユース育成でもプレー以前に人間性が重んじられており、試合中に暴言を吐いたり、他人に報復したりする行為が見られた選手は直ちに交代させられる」と説明した。(翻訳・編集/川尻)

韓国 ニュースを見ても過去の話ばかりで、未来の話は天気予報だけ

【コラム】なぜ韓国人は1990年代を懐かしむのか
朝鮮日報
2019/06/02 06:04
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/31/2019053180146.html

 ラジオのある深夜番組のリスナーから「自分は2000年生まれなのだが、一日でよいから1990年代に暮らしてみたい」というメッセージが寄せられた。その時代を生きた者にとっては、パソコンのデータ通信がのろくて、週に休みは1日だけで、レモン焼酎を飲んでいたあの時代の何が良いのかという気もする。ただ、当時はきょうよりはあす、今年よりは来年が良くなるという確信があった。通貨危機前まで雇用はほぼ毎年50万人ずつ増え、経済が6-7%成長を続けていたので活気もあったと言える。

 1990年代がうらやましがっているのは青年たちだけではない。働き盛りの40代半ばの人たちにも90年代に帰りたいと話す人が少なくない。財テクをして、豊かに暮らそうという期待が可能だった時期だからだ。経済の活力が低下した現在、給与労働者が金持ちになることは本当に難しくなった。中産階級の財テクの代表的な手段だった不動産分譲市場で最近「チュプチュプ族」という新語が流行している。「チュプ」には韓国語で「拾う」という意味があり、マイホームを実際に必要としている人が金融引き締めでローンを組めなくなる中、市場で新築物件を拾っていく富裕層を指す言葉だ。40代半ばのAさんは「20年積み立ててきた住宅請約通帳(積立口座)で分譲物件を購入しようとした。ところが、政府は不動産投機を阻止するためとして、9億ウォン(約8600万円)を超えるマンションの中途支払金に対する融資を禁止した。その結果、9億ウォン以下の物件に投機が集中し、競争率が上がった。政府は庶民層のマイホーム取得を支援すると言っていたではないか」と憤った。

 1990年代に「世界一流」というスローガンを叫んでいた企業は政府、労組の顔色をうかがい、やる気を失っている。保険会社B社の役員は「一般採用はよほどでなければ実施しない。非正社員を(労組の)顔色を見ながら増やしているというのに、60歳までどうやって責任を持てるのか。早くロボットを開発して使ったほうがましだ」と話した。IT系大企業の幹部は「ニュースを見ても過去の話ばかりで、未来の話は天気予報ぐらいしか見当たらない。世界の企業は全速力で走っているのに、過去の清算はそれほど重要なことなのか」と漏らした。

 「革新の伝道師」と呼ばれるハーバード大のクレイトン・クリステンセン教授は著書「繁栄のパラドクス」で韓国を成功事例として紹介している。サムスン、ポスコなど韓国企業が良い例として登場すると誇らしい。しかし、韓国の「奇跡」はK-POPなどを除けば、1990年代の話だ。クリステンセン教授は繁栄を「より多くの人々が経済、社会、政治的な幸福を増進させる過程」と定義する。そこには程遠いと感じる。

 先月休暇で東京の空港に降り立つと、「ディス・ウェー・プリーズ」「ハブ・ア・ナイス・デー」といった具合に以前はあまり聞かなかった英語が聞こえてきた。東京五輪を控え、英語を練習する高齢者には活気があふれていた。米国は連日、時価総額数十兆ウォンのIT企業による株式上場のニュースで沸いている。韓国ではまだ導入さえできていないカーシェアリング関連の企業であるリフトやウーバーもそこに含まれていた。昨年米国で研修を共にした中国人の友人は数日前、電子メールを送ってきた。自分たちが開発したモニターに10分間で10万ドルの投資が集まり、韓国にも輸出することになったのだという。友人は中国で4日に1社のペースで誕生するユニコーン企業(企業価値10億ドル以上の企業)を夢見る。韓国政府は外部要因が韓国経済低迷の主犯だというが、海外ではそれぞれが成長にまい進しているように思える。それに対し、韓国には何があるだろうか。

 「2000年の力強い経済のために!再び飛躍しよう、コリア!」--。これは1997年の公共広告のフレーズだ。そんな闘争精神が懐かしい。成長率が急低下してもなお、大統領は「経済の基礎体力は強固だ」と話す。青瓦台は良い経済指標を周知する広報特別チームの設置するという。まるで90年代に韓国で流行した「沙悟浄シリーズ」のようにしらけたギャグだ。

キム・シンヨン経済部次長

マツダ・日産・ホンダ…トランプ氏の関税発言で株価下落

日本がトランプを過剰接待し、外務当局がトランプ大統領閣下には良い気分になって帰ってもらえた、やれやれと安堵した途端、トランプが返す刀で、対メキシコ関税引き上げを発表。ぷぷぷ、笑える。

正統的な政治学を学んだ人ならば誰でも、予測不能性は脅威であると認識している。中国とトランプのどちらが本当の脅威なんでしょうか?

私は自動車産業や製造業にぶる下がっていないから、もう何がどうなっても影響ないんだわ。マーケットが崩壊するの?勝手に崩壊して。私には影響ないから。若い人が汗を掻いて解決するんだ。全部若い人の仕事。



対メキシコ関税に猛反発 米産業界・議会「法的措置も」
産経
6/1(土) 19:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000560-san-bus_all

 【ワシントン=塩原永久】米政府が表明したメキシコからの全輸入品に対する関税措置に米産業界や議会が猛反発している。経済への影響が不可避なためで、米商工会議所は5月31日、発動を阻止するための法的手段を検討すると表明。与党・共和党幹部からもトランプ米大統領の手法を批判する声が噴出した。米国の通商問題をめぐっては、中国が1日、米国産品に対する追加関税率を引き上げており、金融市場にも動揺が走っている。

 ■トヨタ・GMらの団体も声明

 同会議所のブラッドリー副会頭は「関税を課すのは間違った対応だ」との声明を出した。メキシコから米国への物品輸入額は昨年3465億ドル(約37兆5000億円)に達し、全輸入品への関税5%の上乗せにより企業と消費者に170億ドルの負担増になると指摘。「法的措置を含めたあらゆる可能性を模索する」と異例の厳しい対応を表明した。

 トヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)など自動車大手でつくる米自動車工業会は声明で、「米・メキシコ国境の交易を妨げる障壁は米国の雇用や投資、経済発展を阻害する悪影響の連鎖を招く」と警告した。また、自動車メーカーが北米地域で築いてきた部品供給網(サプライチェーン)に、関税発動が及ぼす打撃に懸念を示した。

 ■「大統領の権限乱用だ」

 一方、議会幹部は、関税発動を躊躇しないトランプ氏の姿勢に警戒を強めている。30日に声明を出した上院財政委員会のグラスリー委員長(共和党)は「大統領の権限乱用だ」と指摘。米政府やメキシコ、カナダが、北米自由貿易協定(NAFTA)を見直した新協定の批准に向けて動く中、「関税の脅しを実行すれば(批准の)議会通過を極めて危うくする」と述べ、トランプ氏に再考を促した。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、新協定の批准手続きの支障となることを恐れ、ライトハイザー通商代表ら一部の政権幹部が「対メキシコ関税をしないようトランプ氏の説得を試みた」という。

 また中国政府は1日に年600億ドル分の米国産品への追加関税率を最大25%に上げる報復措置を発動した。米中の貿易摩擦も激しい対立局面に入っている。

 31日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日比350ドル超値下がりし、2万5000ドルを割った。ドル円相場でも安全資産とされる円が買われ、一時1ドル=108円20銭台まで円高ドル安が進んだ。



マツダ・日産・ホンダ…トランプ氏の関税発言で株価下落
朝日
5/31(金) 18:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000081-asahi-brf

 トランプ米大統領がメキシコからの全輸入品に5%の追加関税をかけると表明したことなどを受けて、31日の東京株式市場は株安が進んだ。マツダや日産自動車、ホンダなどメキシコに工場を抱える自動車メーカーの株が軒並み下落。日経平均株価の終値も、前日比341円34銭(1・63%)安い2万601円19銭となった。

 大きく影響を受けたのはマツダで、前日比81円50銭(7・13%)安い1061円50銭。日産は41円20銭(5・31%)安の734円60銭となり、ホンダも4・26%、トヨタも2・84%、それぞれ下落した。

 東京外国為替市場では、米中の貿易摩擦長期化への警戒感もあり、安全資産とされる円を買う動きが進んだ。31日午後5時時点では、1ドル=108円77~78銭と前日より97銭の円高ドル安。大手証券の担当者は「大阪で6月下旬に開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議まで、トランプ氏によって貿易交渉のハードルを上げる動きが続くだろう。来週以降も発言には注意が必要だ」との見方を示した。

 また、米連邦準備制度理事会(FRB)の副議長が30日、米国景気が悪化した場合の利下げ検討に関する発言をしたことを受け、「低リスク」とされる債券市場にお金が流れる動きも活発になった。30日の米債券市場では、米長期金利の指標となる10年物米国債の利回りが年2・21%と、2017年9月並みの水準まで低下。日本でも31日、長期金利の指標となる10年物国債の利回りが、前日より0・015%幅低いマイナス0・100%をつけた。