G20 対外圧力を減じたトランプ

日本以外の国から評判が悪いトランプは、評判の悪さに少しうんざりしたのか、少し引いた。

Trump To Unleash Hell On Europe: EU Announces Channel To Circumvent SWIFT And Iran Sanctions Is Now Operational
06/28/2019 - 15:52
https://www.zerohedge.com/news/2019-06-28/trump-unleash-hell-europe-after-eu-says-spv-circumvent-swift-and-iran-sanctions-now

英仏独は、米国のSWIFT金融決済システムを通さない独自の決済システムINSTEXを始動させた。対イラン取り引きの決済に利用する。

Ceasefire: US, China Trade Talks "Back On Track" After Trump Concedes On Huawei
06/29/2019 - 08:38
https://www.zerohedge.com/news/2019-06-29/ceasefire-us-china-trade-talks-back-track-after-trump-concedes-huawei

米国企業が中国Huawei社に電子部品を販売することを許可する方向。中国は先週、イラン原油購入を公言し、実行した。関連記事2

Escobar: Russia-India-China Will Be The Big G-20 Hit
06/28/2019 - 22:45
https://www.zerohedge.com/news/2019-06-28/escobar-russia-india-china-will-be-big-g-20-hit

日本の報道では日米印の連携ばかり強調されたが、先日開かれたSCO会議とG20ではロシア・インド・中国の連携が再確認された。インドは最近、米国のイラン原油購入禁止に強く反発しており、米国産品に対し報復関税を課す決定を発表した。インドはロシア製S-400調達を決めているが、インドは米国製と同類の兵器を開発済みで、米国製品に関心がない。

Trump Admits US Treated Turkey 'Unfairly' Amid Row Over Russian S-400 Deal
15:33 29.06.2019
https://sputniknews.com/world/201906291076098280-trump-admits-us-treated-turkey-unfairly-amid-row-over-russias-s-400/

トランプが、「米国はトルコを公平に扱わなかった」とトルコ大統領に謝罪を申し入れ。S-400調達問題に関連して。
・・・あれ、これまでと随分態度が異なりますよ(笑)。

「安定脅かす行動改めよ」=ロ大統領に英首相
時事6/28(金) 21:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000136-jij-int
国民と国会の両方から愛想を尽かされ、首相の座から引きずり下ろされた人が、退任の1週間前に強いことを言ってみても、誰も狼狽しない。

イギリスのメディアが一番ヒステリックにロシア批判をしていた時期、イギリスが(長期契約ではなく)スポットでロシア産原油を大量に調達し、従って巨額のドルをロシアに支払っていたことを、ほとんどの日本人は知らされていない。言うこととやることが違う国、それはイギリス。

プーチンには、カメラの前で格好を付けるだけが芸の馬鹿女と思われているに違いない。国力が弱ったイギリスの恥さらし。

米国追従の日本に価値はない イラン紙

"They say Japan is the second or third biggest economy in the world. What is the use of that if its leaders must act as servants of American masters? Abe saw how our Leader put Trump in his place... In our relentless fight against America, we are also taking revenge for the blood of hundreds of thousands of Japanese people sacrificed by the criminal and blood-sucking America. Japan should join Iran in this struggle in a resistance Front."

--- Keyhan
https://www.gatestoneinstitute.org/14423/iran-japan-dream


ほらね。日本からカネを巻き上げる目的で、トランプは世界のあちこちで火を付けているだけ。日本は毎年の国家予算で巨額の上納金を差し出しているし、去年1年だけで安倍さんがトランプとちょっと会談しただけで予算外に1兆円以上を追加で差し出した。それでもまだ足りないと言っている。関連記事23

分裂するフランス社会

フランスの社会は、富裕層と貧困層に分裂した。相互に対話しないグループが乱立するバルカン化現象が起きている。

最も貧しい地区への新規流入世帯の6割に、外国生まれがいる。「フランスらしさ」は、ほぼ絶滅しかかっている。

・・・などなど。



The Suicide of France
by Giulio Meotti
June 23, 2019 at 5:00 am
https://www.gatestoneinstitute.org/14406/suicide-of-france

"Frenchness" is disappearing and being replaced by a kind balkanization of enclaves not communicating with one another.... this is not a good recipe.

The more the French élites with their disposable incomes and cultural leisure cloister themselves in their enclaves, the less likely it is that they will understand the everyday impact of failed mass immigration and multiculturalism.

The globalized, "bobo-ized [bourgeois Bohemian] upper classes" are filling the "new citadels" -- as in Medieval France -- and are voting en masse for Macron. They have developed "a single way of talking and thinking... that allows the dominant classes to substitute for the reality of a nation subject to severe stress and strain the fable of a kind and welcoming society." — Christophe Guilluy, Twilight of the Elites, Yale University Press, 2019.

The recent "yellow vests" movement -- whose demonstrators have been protesting every Saturday in Paris, for months -- is a symbol of the division between France's working class and the gentrified progressives. Pictured: "Yellow vests" protestors occupy the steps leading to the Basilique du Sacré-Cœur on March 23, 2019 in Paris, France.

"Regarding France in 2019, it can no longer be denied that a momentous and hazardous transformation, a 'Great Switch', is in the making", observed the founder and president of the Jean-Jacques Rousseau Institute, Michel Gurfinkiel. He was mourning "the passing of France as a distinct country, or at least as the Western, Judeo-Christian nation it had hitherto been presumed to be". A recent cover story in the weekly Le Point called it "the great upheaval".

Switch or upheaval, the days of France as we knew it are numbered: the society has lost its cultural center of gravity: the old way of life is fading and close to "extinction". "Frenchness" is disappearing and being replaced by a kind balkanization of enclaves not communicating with one another. For the country most affected by Islamic fundamentalism and terrorism, this is not a good recipe.

The French switch is also becoming geographical. France now appears split between "ghettos for the rich" and "ghettos for the poor", according to an analysis of the electoral map by France's largest newspaper, Le Monde. "In the poorest sector, 6 out of 10 newly settled households have a person born abroad", notes Le Monde. A kind of abyss now separates peripheral France -- small towns, suburbs and rural areas – from the globalized metropolis of the "bourgeois Bohemians", or "bobos". The more the French élites with their disposable incomes and cultural leisure cloister themselves in their enclaves, the less likely it is that they will understand the everyday impact of failed mass immigration and multiculturalism.

A recent European poll reflected these "two Frances that do not cross or speak to each other", observed Sylvain Crepon of the University of Tours, in analyzing the success of Marine Le Pen's National Rally party in the recent European Parliament election. Le Pen and President Emmanuel Macron, the two winners in the election, speak to completely different sociological groups. In the Paris suburbs -- Aulnay-sous-Bois, Sevran, Villepinte and Seine-Saint-Denis -- the far-right National Rally has been experiencing a boom. In the cities, Le Pen is largely behind: she came fifth in Paris, third in Lille, fourth in Lyon. According to Crepon:

"[T]hese cities will be protected from the National Rally's vote by their sociological structuring. It gives credit to the populist talk that diagnoses a disconnected elite. This [view] backs the idea of ​​a sociological break, which is not completely wrong".

On one side of this break are towns such as Dreux, which Valeurs Actuelles called "the city that prefigures the France of tomorrow":

"On one side, a royal city with the vestige of a history believing that all things are being changed [millenarian]; on the other, cities imbued with [drug] trafficking and Islam. The bourgeois of the city center vote for Macron, the 'small whites' for Le Pen".

On the other side, is Paris. "All the metropolises of the world know the same fate. This is where wealth flows and where the alliance between the 'winners of globalization' and their 'servants', immigrants who have come to serve the new masters of the world, keep their children, bring their pizzas or work in their restaurants", writes the distinguished social commentator Èric Zemmour in Le Figaro. From now on, he writes, "Paris is a global city, not really a French city".

The globalized, "bobo-ized [bourgeois Bohemian] upper classes", according to one of France's most respected authors. Christophe Guilluy, are filling the "new citadels" -- as in Medieval France -- and are voting en masse for Macron. They have developed "a single way of talking and thinking... that allows the dominant classes to substitute for the reality of a nation subject to severe stress and strain the fable of a kind and welcoming society". Guilluy has been criticized by some French media for addressing this reality.

The recent "yellow vests" movement -- whose demonstrators have been protesting every Saturday in Paris, for months, against President Macron's reforms -- is a symbol of this division between the working class and the gentrified progressives. According to Guilluy, it is a "social and cultural shock". This shock, according to the French philosopher Alain Finkielkraut, consists of the "ugliness of peripheral France and its effects on concrete lives, the sadness of these working classes who have lost not only a standard of living but also a cultural referent". In France, there is now a pervasive sense of "dispossession".

Marine Le Pen's party won more than twice as many electoral department as Macron. Le Pen won in the depressed and deindustrialized areas of northern, south-central and eastern France that spawned the yellow vests.

"Since moving to France in 2002, I've watched the country complete a cultural revolution", Simon Kuper recently wrote in the Financial Times.

"Catholicism has almost died out (only 6 per cent of French people now habitually attend mass), though not as thoroughly as its longtime rival 'church', communism. The non-white population has kept growing".

Macron, Kuper explains, is the symbol of "a new individualised, globalised, irreligious society".

France's flight from Catholicism is so evident that a new book, L'archipel français: Naissance d'une nation multiple et divisée, by the pollster Jerôme Fourquet, has described the cultural failing of the French society as a "post-Christian era": French society's displacement from its Catholic matrix has become almost total. The country, Fourquet states, is now implementing its own de-Christianization. And there is only one strong substitute at the horizon. There are today already, according to a new academic study, as many Muslims as Catholics among 18-29 year-olds in France; and Muslims represent 13% of the population of France's large cities, more than double the national average.

Sometimes Muslim feelings of community solidarity appear to have been taking advantage of this fragmentation by creating their own "ghettos of sharia". A report from Institut Montaigne, "The Islamist Factory", has detailed the radicalization of the French Muslim society. Instead of integration, assimilation and Europeanization, Muslim extremists in France are pursuing multiculturalism, separation and partition. The enclaves of immigrants at the edges of French cities, posits Gilles Kepel in his book, La Fracture, foment "a rupture in values with French society, and a will to subvert it". "People do not want to live together", said France's former Interior Minister, Gérard Collomb, in comments reported by Valeurs Actuelles.

This "fracture" was noted again in the same publication: "Four out of ten boys in Seine-Saint-Denis have Arab-Muslim first names". Pollster Jérôme Fourquet revealed in a new study that "18 percent of newborn babies in France have an Arab-Muslim name".

France's "Great Switch" is underway. As the philosopher Alain Finkielkraut recently wrote, "The Notre-Dame fire is neither an attack nor an accident, but a suicide attempt."

Giulio Meotti, Cultural Editor for Il Foglio, is an Italian journalist and author.

トランプが中国、日本にシーレーン防衛の経費負担を要求

ついに来たぁ!サービス提供者(米国)と利用者(中国と日本)の間で明確な線引きができますから、日中で結託することがこれからのトレンドとなります。

あるいは、中国にシーレーン防衛を担ってもらい、米中間に値引き競争させることができる可能性もあります。

せっかくトランプ大統領に「中国はホルムズ海峡に原油の91%を依存している。日本は62%だ。米国は1円ももらっていないのに、なぜ米国が守らなければならないんだ。自分たちでやればいいのに」とおっしゃっていただいているので、「では、どうぞ撤退してください」と申し入れする手もある(笑)。

安倍さん、こんな人物にぺったりしがみついているけど、大丈夫なんでしょうか。安倍のイラン訪問を賞賛している人が今日も新聞に出ていたが、トランプの安倍に対する評価なんて所詮こんなモンですよ。ご立派な専門家先生が日本には一杯。

China gets 91% of its Oil from the Straight, Japan 62%, & many other countries likewise. So why are we protecting the shipping lanes for other countries (many years) for zero compensation. All of these countries should be protecting their own ships on what has always been....

....a dangerous journey. We don’t even need to be there in that the U.S. has just become (by far) the largest producer of Energy anywhere in the world! The U.S. request for Iran is very simple - No Nuclear Weapons and No Further Sponsoring of Terror!
https://mobile.twitter.com/realDonaldTrump/status/1143128646162493441?p=p




Trump: Why Protect Other Countries' Shipping Lanes For "Zero Compensation"?
Mon, 06/24/2019 - 09:45
https://www.zerohedge.com/news/2019-06-24/trump-why-protect-other-countries-shipping-lanes-tankers-zero-compensation

ジョージア(グルジア)首都暴動はロシアのせい → LGBTパレードへの反発でした

英語、日本語ではジョージア(グルジア)首都暴動はロシアのせいと報じられたが、ギリシャ正教の信仰が厚いジョージアでLGBTプライド・パレードを強硬し(て社会に不穏にさせ)ようする米国勢力(ソロス財団)の動きに、地元民が抗議して押し寄せたのが真実であるとする情報が上がってきた。2番目の記事。



ロシア議員の議会登場に反発=1万人押し寄せる-ジョージア
時事
6/21(金) 7:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000039-jij-eurp

 【モスクワ時事】旧ソ連構成国のジョージア(グルジア)で20日、ロシアの国会議員がジョージア議会の議長席に着席して発言したことに反発した群衆約1万人が議会に押し寄せ、機動隊が動員される事態となった。

 ジョージアは2008年の軍事衝突以降、ロシアと国交を断絶しており、反ロ感情がある。

 現地からの報道によると、ジョージア議会では20日、キリスト教東方正教会に関連した各国議員の会合があり、議長を務めたロシア共産党所属のガブリロフ下院議員が議長席に座って発言を行った。これに親欧州派のジョージア議員らが反発し、混乱が拡大。群衆はジョージア国旗や欧州連合(EU)の旗を掲げ、議会棟に入ろうとした。

 与党「ジョージアの夢」幹部は「市民の懸念に完全に同意する。占領国の議員がジョージア議会で会合の議長を務めることは受け入れられない」と批判した。 



Violence Erupts as West Turns Its Sexual Subversion Weapon on Georgia
James George Jatras
June 22, 2019
https://www.strategic-culture.org/news/2019/06/22/violence-erupts-as-west-turns-its-sexual-subversion-weapon-on-georgia/



With apologies to Alfred, Lord Tennyson, it’s June, when a young man’s (or woman’s, or sexually indeterminate person’s) fancy lightly turns to thoughts of nontraditional “love” of any variety expressed by the ever-growing LGBTTQQIAAP alphabet soup. In downtown Washington it’s impossible to swing a cat without hitting a rainbow flag or a “Pride” enthusiast.

If anyone was under the impression that established religion was a thing of the past in secular, postmodern societies, he, she, it, they, ze, sie, hir, co, or ey are mistaken. There is in fact an official religion of the “democratic” West, and LGBT++ etcetera is it.

A symptom of that is corporations’ display of rainbow versions of their logos, a demonstration that their plutocratic money-grubbing is duly balanced by piety. This includes the Cartoon Network, a sign that the effort to initiate kids into the satanic LGBT++ “church” is becoming increasingly overt. Really, with abominations like “Drag Queen Story Hour” they hardly even bother to hide it anymore.

Ending the traditional family founded on marriage and the birth of children is the intended but hidden goal, as confirmed in 2012 by Soviet-born LGBT activist Masha Gessen, prior to the US Supreme’s Court’s establishing same-sex marriage nationwide:

‘[I]t is a no-brainer that the institution of marriage should not exist. . . . Fighting for gay marriage generally involves lying about what we’re going to do with marriage when we get there, because we lie that the institution of marriage is not going to change, and that is a lie. The institution of marriage is going to change, and it should change, and again, I don’t think it should exist.’

For the past several years governments of formerly Christian countries in North America and Europe have made LGBT ideology an integral element of their promotion of “human rights” and “democracy” in formerly communist countries. This includes pressuring compliant governments of European countries recently emerged from communism to hold “Pride parades” that offend local sensibilities. (Mystifyingly, there is no effort to force such demonstrations on Riyadh, Islamabad, etc.) Recent targets of such sexual subversion have been Ukraine (where it has been a key element of the US State Department’s and the Ecumenical Patriarchate’s attack on the canonical Orthodox Church) and Moldova (where the US embassy took the lead in a joint statement hailing the “the International Day Against Homophobia, Transphobia and Biphobia [and] … support for lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex (LGBTI)”). Our tax dollars at work!

The message to traditional societies still grounded in Christian morality but with elites committed to “a European course,” meaning membership in NATO and (perhaps someday…) the European Union is that it’s a package deal. You don’t get to pick which part of western “democracy, human rights and free markets” you want and which you don’t. You can’t have transatlanticism without transgenderism. So shut up, grit your teeth, and take it . . .

At this very moment Ground Zero for the West’s campaign to undermine the traditional Christian concept of the family is Georgia, where the usual suspects – foreign embassies and their controlled NGOs, working in concert with George Soros’s Open Society groups – were determined to hold Tbilisi’s first Pride parade this week. As reported by Orthodox Christianity on June 17:

‘Georgia is a deeply traditional country, with more than 80% of the population belonging to the Orthodox Church, and the battle between traditional, Orthodox values and more liberal, secularized values is being prompted and aggravated not only by the nation’s LGBT community, but by the great Western powers, Archpriest David Isakadze, and others, believes.

‘“It is clearly evident who is controlling the processes in Georgia,” Fr. David said. “We truly want to be an independent country, not in word, but in deed. The U.S. authorities, in the person of the ambassador [Elizabeth Rood—O.C. (JGJ: Rood is actually Chargé d’Affaires, a.i., not ambassador)] directly interfere in our internal affairs. She wants to control the processes here and exacerbate the situation, knocking people against one another,” Fr. ‘David explained, noting that he and those of like mind are prepared to demand that the U.S. withdraw its acting ambassador if she does not immediately appeal to the participants in the LGBT event to disband.

‘The Georgian Patriarchate issued a statement on Friday, calling on the authorities to prevent the event, citing the divisions it causes in the traditional society that largely stands against the sinful nature of the LGBT lifestyle. At the same time, the Church declared that there must be no violence surrounding the events.’

Faced with massive public opposition – over 97 percent of respondents in a TV poll opposed the march! – Georgian authorities cancelled the parade. Opposition to the Pride event is being spearheaded by businessman and father of eight children Levan Vasadze, who predictably (along with conservative Christian American supporters, like Brian Brown of the International Organization for the Family) has been smeared by Soros-funded hate outfits like the Southern Poverty Law Center and RightWingWatch, together with solidly pro-LGBT Western media reporting (with the commendable exception of CBN’s George Thomas’s must watch interview with Vasadze) for stating what any unbiased observer knows is the truth in Georgia, as well as other post-communist countries:

‘Vasadze portrayed the LGBTQ movement as part of the “ugly heritage” of the “liberal domination” that “befell upon the world” after the collapse of the Soviet Union. Georgians had hoped to embrace western freedoms, he said, but instead the country is being destroyed by poverty and liberal abortion laws and he portrayed the push for LGBTQ equality as “the last nail in our coffin.” He said “our fragile puppet state is under tremendous pressure from the likes of George Soros” and the U.S. embassy.’

(If anything, Vasadze is being optimistic about his country’s demographic health: ‘In 2015, the National Statistics Office of Georgia released the results of the first census in more than a decade reflecting that the country’s population as of 2014 reduced to 3.7 million from 5.4 million in 1989. … “The United Nations has put Georgia on the list of ‘Dying Nations’ and ‘Dying Languages’,” [National Statistics Office of Georgia head] Zviad Tomaradze warned adding that according to the UN experts, in 2050 the Georgian population would decrease by 28 percent, while among the ethnic Georgians the depopulation will amount to 50 percent.”)

On June 19 the organizers of “Tbilisi Pride” and their foreign mentors and funders had declared that despite lack of a permit they would go through with their demonstration at an undisclosed time by Sunday, June 23. Then, late on Friday, June 21, local time, organizers declared the event postponed but “the rally would be held at a later date that was yet to be confirmed.” Translation: “We’ll be back when our opponents have been battered sufficiently into line. You can’t stop ‘democracy’!”

But don’t think the forces of Western progress and enlightenment are just sitting on their hands. The most effective defense is an offense. And, as the anti-Trump conspirators in the US-UK Deep State know, the best offense always is “Russia! Russia! Russia!”

A pretext came on Thursday, June 20, when an international group of legislators visited the Georgian parliament under the auspices of the Athens-based Interparliamentary Assembly on Orthodoxy (IAO). Uniting lawmakers from over a dozen countries, the IAO includes “parliamentarians throughout the world, Christian Orthodox in faith, with the aim of joining our common cultural aspect, that of religion, as the meeting point in the participation of structuring a contemporary complex reality.” During the visit, the president of IAO’s General Assembly, Russian State Duma Deputy Sergei Gavrilov, sat in the Speaker’s chair in the Georgian parliamentary chamber. While no doubt impolitic given strained relations between Georgia and Russia (which had recently been incrementally improving ties following their short war in 2008) the move was “standard practice,” according to a statement from the IAO.

Nevertheless, opposition forces, stung by growing opposition to their Pride provocation, used the Gavrilov incident as an excuse to launch a violent attack on the parliament on a scale that could only have been preplanned and awaiting activation. (It should be noted that, in keeping with the anti-Russian theme, Tbilisi Pride organizers tweeted their support for the parliament attack, doubtlessly expecting reciprocation for their cause.) Spearheaded by the United National Movement, the party of disgraced former president and Western favorite Mikheil Saakashvili (who is in self-imposed exile, fleeing from his conviction on corruption charges), the attack mimicked violent actions of “peaceful protesters” in Kiev five years ago with the end of provoking forceful police resistance and numerous injuries, which duly occurred. As of this writing the Georgian parliamentary Speaker was forced to resign and questions are being raised as to whether the ruling Georgian Dream reformist party can retain power – which surely was the point in the first place.

In short, in the context of two seemingly unrelated but in spirit closely linked events – the postponed Pride parade and the assault on the parliament – we may be seeing the beginning of a regime change operation like that in Ukraine in 2014 and in Georgia in 2003. Indeed, it was the latter that brought Saakashvili to power in the first place.

As things stand as of this writing, Georgia is simmering in a national crisis with deep political, social, moral, and spiritual consequences for the country’s future. Any small progress in improved relations with Russia has been scuttled. As Gavrilov notes on the Duma website:

‘“Our common opinion is that now in Georgia there is an obvious attempt of a coup d’état and the seizure of power by radical extremist forces, which are guided in many respects from abroad and, as we think, are associated with Mr. [Mikhail] Saakashvili,” said Sergei Gavrilov at a press conference.

‘“The meeting of the Interparliamentary Assembly on Orthodoxy was the ground for inciting anti-Russian hysteria and discrediting Georgia, as an Orthodox country, to strike at Georgian Orthodoxy and the Georgian Orthodox Church,” he added.

‘He also admitted that Western secret services could be involved in these events.’

As if to confirm Gavrilov’s suspicions of Western involvement, in a June 21 statement the US Embassy in Georgia placed full blame on the police (regarding the parliament) and “anti-American rhetoric from anti-LGBT groups” (regarding the Pride march):

‘Following the violent escalation of last night’s demonstrations in downtown Tbilisi, including use of tear gas and rubber bullets by police, additional protest activity is expected to occur tonight and possibly throughout the weekend. Public Pride Week events may also occur over the weekend at undisclosed locations in Tbilisi. Based on violent, anti-American rhetoric from anti-LGBT groups, the embassy has determined that there is increased risk that Americans could be targeted. U.S. government personnel have been directed not to participate in any demonstrations and to avoid any areas where a large crowd is gathering.’

The bureaucrats and Sorostitutes at the US Embassy in Tbilisi are in serious need of adult supervision from the Trump Administration. Earlier this week pro-family leader Vasadze directly appealed personally to US President Donald Trump to clean out the nest of “Swamp” globalists running the US embassy in Tbilisi. What are the odds that he will heed it – or even be informed of it by his advisers? After all, they wouldn’t want him to be accused of “colluding” with Moscow by standing up for Georgia’s Christian, pro-family people targeted by American officials who constitutionally are under the President’s authority.

天下り 共済年金とは別に数百万円の年金を受け取り

「JPX役員・大阪取引所役員・東商取社長」の3つの肩書きがつくとして「給料が3倍になる」と冗談(←本気じゃね?)。
(18年度は)執行役4人に18年度は9800万円の報酬を支給。
17年度は3人で6500万円。
東商取の決まりで、経産省天下りは退職後も長年、年金保険を毎年数百万円も支給され続ける。その保険料は会社持ち。

この年金は、天下り開始後に受け取る金額に限定した数字であって、公務員として長年勤めたことを根拠に受け取る共済年金とは別物であり、追加分として支給される。

東京商品取引所は経営が長年悪く、本業からの収入や加盟企業からの上納金だけでは倒れかねない状態。

消費増税を控えているが、いかなる理由付けをしたところで、増税分はこのように公務員の人件費や、トランプと面談しただけで予算外で不良品のF-35を100機以上1兆円も調達する衝動買いに消えてしまうのである。

関連記事23



商品取引所トップが前代未聞の「オフレコ退任表明」、株主総会は大荒れか
6/24(月) 6:01配信
ダイヤモンド・オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190624-00206521-diamond-bus_all

 株式や債券に加え、商品先物を一元的に扱う「総合取引所」の設立で3月下旬に基本合意した日本取引所グループ(JPX)と東京商品取引所(東商取)。残すは事務的な手続き中心かと思いきや、そうは問屋が卸さなかった。業界内で悪評高い東商取の浜田隆道社長へ反発が冷めやらず、同氏が「オフレコ」での退任表明を行うという前代未聞の事態に至るなど、むしろ大混乱の渦中にある。(ダイヤモンド編集部 竹田幸平)

 5月下旬、東京商品取引所が開いた臨時取締役会は、異様な雰囲気が漂っていた。通常は役員らに加え、社内の事務方十数人が同席するのだが、この日は事務方が一切おらず、妙に会場ががらんとした状態。異論も出たが、19年3月期の決算内容を中心に議事はそのまま進行し、いったん取締役会を終えた。そして、東商取の浜田隆道社長は議事録にも残さない場とした上で「これはオフレコですが」と切り出し、赤字経営の責任を取るとして「市場移管の目途がついた段階で自主的に退任する」と表明したのだ。

 「市場移管の目途がついた段階」とは、統合後に東商取の商品をJPX側に移す20年6月ごろのこと。しかし、東商取は19年3月期まで4期連続の最終赤字。15年から社長を務める浜田氏が責任を取って“公然”と早期の退任を表明してもよさそうなものだ。

 ではなぜ、異例のオフレコでの退任“内諾”表明となったのか。そこには、浜田氏に反発する業界と、あくまでOBをねじ込みたい経産省という対立する思惑が影響している。オフレコ表明はいわば、その落としどころだったのだ。

● 取締役会で解職議案を提出する 大混乱シナリオは土壇場で回避

 浜田氏の業界内での評判は良くない。統合がまだ先にもかかわらず「JPXの浜田」と吹聴したり、JPX傘下の大阪取引所に商品を移す関係から「JPX役員・大阪取引所役員・東商取社長」の3つの肩書きがつくとして「給料が3倍になる」と周囲に冗談を言ったりする厚顔ぶりが目立っていた。しかも、もともと浜田氏は統合には反対していたのだから、この振る舞いには驚く。

 そうした姿勢に、東商取の社外取でもある商品先物業者の首脳陣には春ごろから、5月上旬の定例取締役会で現社長の解職決議を出すべきだとの機運が急速に高まっていった。

 だが、これに困るのは経産省だ。東商取のトップは、浜田氏まで6代連続で経産省OB。経産省としては後任の天下り社長を選び出すために、時間稼ぎをしたい。そこで同省幹部は、ぎりぎりまで業者側の懐柔に奔走することになったのだ。

 こうして迎えた、取締役会当日。事前の票読みでは、実際に決議が行われれば現実化する可能性もあったようだが、結局、解職決議は提出されず。TOB前の神経質な時期に現社長が解職されるという大混乱は、土壇場で回避された。

 それでも納得できない業者側は、5月下旬の臨時取締役会に向け、再度解職議案の提出を模索したが、経産省幹部の粘り腰も加わり、何とか矛を収めた。

 怒る業者をなだめるためか、代わりに出てきたのが、冒頭のオフレコによる「1年後に辞める宣言」だったというわけだ。

 業績を悪化させ続けた元凶は、経産省OBの歴代社長にある。だが、経産省は甘い蜜を吸い続けるつもりなのだろう。そんな魂胆は24日の午後開かれる東商取の株主総会の招集通知にも象徴的に現れている。

 ここには、浜田氏含む執行役4人に18年度は9800万円の報酬を支給したとある。17年度は3人で6500万円。18年度は以前の執行役の分が含まれるとはいえ報酬額が多い。

 その理由は「年金保険」にある。東商取の決まりで経産省OBの浜田氏らを対象に多額の年金保険に加入。その保険の保険会社への支払いがこの報酬額に含まれているのだ。これにより、彼らには退職後も長年、毎年数百万円が支給され続ける。まさに至れり尽くせりの待遇だ。

● 株主総会は荒れ模様か トップ人事の在り方検討を

 この状況に対して株主の不満は大きい。24日午後の株主総会では株主がトップの解職議案を出す可能性も取りざたされ、荒れ模様となる気配も漂う。それでも、業者以外の他の株主が静観を決め込めば、現状の取締役選任議案を否決するだけの反対票を集めるのは難しくなる。

 しかし、本気で総合取引所を立ち上げたいのなら、こんなことをやっている場合ではない。

 世界トップ水準の取引所では、証券・金融先物に加え、商品先物取引を一つの取引所で扱う総合取引所の形態が一般的。同じ取引所で多様な金融商品に投資できるよう利便性を高め、マネーを自国市場に呼び込むべく、世界の取引所は互いに激しい競争を繰り広げている。

 一方で、日本の現状は厳しい。世界全体の商品先物の出来高が04~18年の間に約8倍に増えた一方、国内市場は大きく逆行し、約7分の1に縮小した。

 国内商品市場が抱える根本的な問題は、証券分野は金融商品取引法、商品先物は商品先物取引法と法律が分かれ、それに伴って所管官庁もJPXは金融庁、東商取は経産省と縦割り行政が敷かれてきたことにある。

 その結果、取引所はOBの天下り先をめぐる省益争いの場に矮小化され、市場参加者の利便性向上の機会を損なってきた。

 だからこそ、総合取引所の機運が高まったわけで、世界の機関投資家のマネーを呼び込みたいのなら、内輪揉めに興じているような場合ではない。

 だが、“内諾”通りなら浜田氏が1年後まで社長職に居座ることになる。そんな状態を放置したままでよいのだろうか。ましてや買い手となるJPXは上場企業であり、このままいけば同社の株主利益をも大きく損ないかねない。まずはトップ人事の在り方を真剣に検討すべきだといえるだろう。



ご尊顔を拝見したら、なんだかどこかで見たような気が。そう言えば名前も。

・・・しばらく考えたら思い出した。この人から3メートルくらい離れた場所に何度も座ったことがある(爆)。

イラン原油輸出と決済についてロシアが支援を名乗り

EU主要国が企画した代替案が、その後うまく機能しないので、ロシアが肩代わりを名乗った。関連記事12

Russia Will Help Iran With Oil, Banking If Europe's SPV Payment Channel Not Launched
06/21/2019 - 19:05
https://www.zerohedge.com/news/2019-06-21/russia-will-help-iran-oil-banking-if-europes-spv-payment-channel-not-launched




イラン原油輸入を米国に邪魔されたインドが、ロシア極東からの代替原油輸入を打診。原油を処理する製油所側では品質によって面倒な調整をしなくてはならないから、サウジが増産したからといって、単純にイラン原油を止めてサウジ原油を買いましょうという話にはならないんですよねぇ。米国というかイスラエルは、本当に世界中に迷惑をかけている。

India looks to Russian crude as Iranian imports crash
21 Jun, 2019 13:36
https://www.rt.com/business/462396-india-russia-oil-supplies/




迎撃ミサイルではロシア製のほうが高性能低価格だそうだから、有力国が一斉にロシア製に興味を示している。誰も喜んで高性能高価格?低性能高価格?(もちろん後者です・笑)の米国製を買わないので、米国は無理矢理にでも危機を煽り、露骨に恫喝するしかない。近く行われるポンペイオ国防長官のインド訪問では、これが一つの焦点になる。米国産シェール・ガスも同じ理屈。恫喝しなければ売れない。恫喝しても売れないほどの低品質高価格。

Not you too! US warns India against Russian S-400 ahead of Pompeo’s visit
21 Jun, 2019 20:55
https://www.rt.com/news/462427-pompeo-india-s400-sanctions/

米国の大卒の希望給与水準と市場価値との差

学部卒のデータ。ITと看護は楽勝。他は全滅。大変な世の中ですねぇ。

人文系はグラフだけ見ると健闘しているように見える。

もっとも人文系の場合、そもそも本人の期待値が最初から低めである可能性があるのだが、学生側の期待値が「学部ごとの数値」なのか「大卒全体の数値」なのか、原文から読み取ることはできなかった。

画像

https://www.zerohedge.com/news/2019-06-20/us-college-grads-are-unpleasant-surprise

G20で日本は韓国を無視、中国はカナダを無視

G20を前に、韓国からの首脳会談申し入れを断っている日本。中国はカナダ政府からの再三の会談要請を断っている。

China removes Its Ambassador From Canada, Decides Canucks Are Too Nuts Under Technocrat Trudeau Regime
June 21, 2019
https://www.strategic-culture.org/news/2019/06/21/china-removes-its-ambassador-from-canada-decides-canucks-are-too-nuts-under-technocrat-trudeau-regime/

米国の学生ローン 自己破産しても解放されない

‘Like a debtors’ prison’: American who fled to CHINA from $30k in student loans
Published time: 21 Jun, 2019 02:43 Edited time: 21 Jun, 2019 07:34
https://www.rt.com/usa/462354-american-fled-china-student-loans/

Millions of Americans are struggling under the weight of student loans, but the government would rather bomb Iran than fix it, the graduate who packed his bags for China to escape his own crippling college debt tells RT.

Chad Albright completed his degree in public relations at Millersville University, a mid-sized public college in Pennsylvania, at the end of 2007. The timing couldn’t have been worse: saddled with $30,000 in student debt, Albright entered the job market just as an unprecedented mortgage crisis sent the American economy spiraling into recession.

With few job prospects, Albright said his options were limited.

“There’s all these people graduating and there’s not enough jobs available,” aside from low-paying work in the service sector, Albright told RT. “It’s not enough to pay back your student loans that your government demands you start paying back within six months of graduating.”

It’s kind of like being in a debtor’s prison.

It wouldn’t be long before the calls started; creditors rang Albright’s phone off the hook looking to collect, but he said he had nothing to give them.

“There was just no way I could pay these loans back,” he said. The creditors “were well aware that we were in a recession, they didn’t care. The Department of Education just keeps calling you, and calling you, and calling you. I got tired of it.”

Albright is far from alone. Some 44 million Americans owe a combined $1.5 trillion in student loan debt, Forbes reported in February; the total is expected to soar to $2 trillion by 2022. On average, each borrower owes about $30,000, while over 2 million students owe more than $100,000.

Unlike other financial obligations, such as mortgage and credit card debt, student loans are not dischargeable through bankruptcy under normal circumstances. A law passed in 1998 requires debtors to prove “undue hardship” in order to receive a discharge.

After years of fruitless job interviews, Albright gave up in 2011. He booked a one-way ticket to China, some 7,000 miles away from his home, looking to escape his towering debt and start over.

No national database currently tracks the number of students who have fled the country due to their debt burden, but several other high profile cases have appeared in news reports.

It wasn’t difficult to find work once he arrived, he said, as teaching English has become a “booming business” in the country. After two years of teaching in Asia, Albright decided to settle in Ukraine, where he says he found even more employment opportunities.

While the expat has no plans to return to the United States anytime soon, he said he still wants to see the student loans system fixed, and hopes his case will spur discussion in his home country.

“I want this to get the attention of my congressional and Senate leaders,” Albright said. “This is a huge issue, and it seems our government would rather go to war with Iran than fix a serious issue that’s affecting 50 million Americans. That’s what disgusts me.”

トルコが第5世代戦闘機をパリ航空ショーで披露

F-35計画からハブられたトルコが、17日に開かれたパリ航空ショーで、独自開発の第5世代戦闘機を披露した。2028年配備を目標に開発を進めているとのこと。



Turkey Unveils New Fifth-Generation Jet TF-X, Indigenous Alternative to F-35
00:36 18.06.2019
https://sputniknews.com/military/201906181075923461-turkey-unveils-new-fifth-generation-jet-tf-x-indigenous-alternative-to-f-35-video/

Just as Turkey lost access to Lockheed Martin’s F-35 Joint Strike Fighter, Turkish Aerospace Industries unveiled a model of its indigenously designed fifth-generation fighter jet, dubbed the TF-X, at the Paris Air Show on Monday.

Turkey’s primary aircraft design bureau put forward at the air show Ankara’s answer to the loss of the F-35, a plane Turkey had once hoped to buy 100 of from the US. Washington recently put that deal on hold over its continued objection to Ankara’s purchasing of S-400 air defense systems from Russia.

On the tarmac at Paris-Le Bourget Airport, the dramatic unveiling showed the world a twin-engine, canted-vertical-tail fighter that looks a bit like an F-35, but with a narrower fuselage and wider wingspan, Military.com reported.

Here is Turkish Aerospace Industries’ TF-X mock-up.

TAI’s president notes that it is one of the makers of the F-35’s center fuselage, which gives it the industrial strength to build this fighter.

This music is amazing lol. pic.twitter.com/0ZM7HMdF1U
— Valerie Insinna (@ValerieInsinna) June 17, 2019

​The resemblance should come as little surprise.

“On the F-35, actually, my company is building the center fuselage,” TAI President and CEO Temel Kotil said at the ceremony. TAI served as a secondary supplier to US-based contractor Northrop Grumman, which builds the majority of F-35 center fuselages, Defense News noted.

“So this means, in terms of manufacturing, Turkish Aerospace has enough strength to build this fighter,” Kotil said. “Our machine is a mock-up, but in 2023 there will be a real machine, and first flight is in 2025, and [it will be in] service in 2028.”

According to Defense News, the TF-X will have a top speed of Mach 2, a range of 600 miles, and will be capable of lifting 60,000 pounds upon takeoff. Its engines will provide the jet with 20,000 pounds of thrust each, making it roughly comparable to the Joint Strike Fighter, although a tad faster.

BAE Systems, which has collaborated on the program with TAI, boasted the TF-X will be “the best fighter in Europe” and capable of carrying the long-range, air-to-air Meteor missile under development by European manufacturer MBDA.

However, a Pentagon official contacted by Defense News declined to comment on whether or not the TF-X represented a firm move away from a Turkish F-35 buy, expressing hope that Ankara would come around to Washington’s way of thinking and renege on the S-400 deal. US defense leaders have voiced fears that if Turkey operates both the F-35 and S-400 together, it could reveal the F-35’s weaknesses and vulnerabilities to US adversaries, including Russia.

Ankara has also expressed interest in other fifth-generation aircraft, including Russia’s Su-57 and China’s FC-31 fighters, Sputnik reported.

イスラエル・ボイコット(BDS)運動押さえ込みにイスラエル政府が必死

イスラエルのアパルトヘイト政策を指摘し、学術、文化、スポーツ等の交流を制限しようとする新しいタイプのイスラエル・ボイコット運動(BDS)に対抗するため、イスラエル政府は100万ドル(ざっくり1億円)の予算を付けている。

民間のふりをした専用サイト ACT.ILは、イスラエルの政策を肯定し、パレスチナやBDSを叩く世論醸成を支援する専用アプリまで配布している。優秀な活動家にはポイントが加算される仕組みになっているが、上位のポイント獲得者リストには、軍情報部の元高官を筆頭にイスラエル政府の公務員がずらっと並んでいる・・・。

BDS運動はヨーロッパでは一定の成果を収めており、イスラエル人を排除した学会やイベントが開催されるようになっている。



Israel Directs ‘Sophisticated Campaign’ of Anti-BDS Astroturfing via Shady Front Group
03:51 18.06.2019
https://sputniknews.com/analysis/201906181075925174-israel-directs-sophisticated-campaign-of-anti-bds-astroturfing-via-shady-front-group/
(元の記事のURL)
https://electronicintifada.net/content/inside-israels-million-dollar-troll-army/27566

Asa Winstanley, an investigative journalist and associate editor with The Electronic Intifada, told Sputnik that Israel spends $1 million a year on an online influence campaign aimed at slowing the momentum of the Boycott, Divestment and Sanctions (BDS) Movement through a front group directed by Israeli ex-intelligence officers.

According to an investigative report published by Winstanley on June 12, an organization called Act.IL, funded by the Israeli government, aims to create “an online community that will act to promote a positive influence on the international public opinion towards the state of Israel via social media platforms.” The organization is a joint venture between the Israeli American Council (IAC) and the Interdisciplinary Center (IDC).
https://www.spreaker.com/user/radiosputnik/inside-israel-s-astroturfed-battalion-of

According to the group’s website, Act.IL aims to “positively inform and influence foreign publics and create an efficient and effective battle against the growing trend of the boycott movement (BDS) and the delegitimization of the State of Israel.”

Winstanley told Radio Sputnik’s By Any Means Necessary hosts Sean Blackmon and Eugene Puryear that Act.IL “is funded to the tune of more than a million dollars in its 2017 budget, and a large part of its funding comes from the Israeli government. It speaks to influence foreign publics online, primarily, as my investigation established.”

According to Winstanley’s investigative piece, the campaign funded by the Israeli government had a $1.1 million budget last year. In addition, it has offices in three countries and an online group of more than 15,000 people. Through its app, Act.IL “directs comments towards news websites in support of Isaeli wars and racism, while attacking Palesinians and solidarity campaigners,” he wrote.

“These users are posing as regular internet users, and they do things like propagnize for Israel, basically, and they try and float the comments to the top of the pile by doing things like Facebook Lives and so forth. It’s a pretty sophisticated campaign, all in all,” Winstanley explained.

“Some of the funding comes from private donors,” he added, noting that the campaign, which was developed by former Israeli intelligence officers, receives financial aid from conservative American casino billionaire Sheldon Adelson. In addition, the Electronic Intifada also obtained access to disclosures from an Israeli ministry revealing that it is funding both Act.IL and its app.

“This Israeli ministry is called the Ministry of Strategic Affairs, and essentially it is Israel’s anti-BDS ministry. The CEO of this organization [Act.IL], Yarden Ben Yosef, is actually a former military intelligence officer for the Israeli government. It’s not an exaggeration to call him a spy,” Winstanley explained. “[The organization] has strong links to Israeli intelligence officers, and it seems that some of its most prominent and active users are employees, or at least they do work for it in some fashion. Within the app, it has rankings of the most active users, and I went through those rankings. I found that a great number of these active users were employees of Act.IL.”

In fact, screenshots from the app’s rankings in June obtained by The Electronic Intifada reveal that four of the top 11 “activists” in the app are current or former Act.IL staff. The staff members include Lior Sirkis, a former Israeli army spokesperson, and Daniel Gavriel, who worked as a security officer for Israel’s Public Security Ministry.

“I would argue that Israel is not unique in using this strategy, but I suppose it uses it to a unique degree in the modern world. I would argue that this is because Israel relies so much on support from the American government. It’s losing so much of the battle in Europe that it has to employ these kind of tactics. With BDS, specifically, just the fact that they have an entire ministry dedicated to combating is kind of an indication of how much they are dedicated to working against it,” the journalist told Sputnik.

“We’re talking about an organization that is supposed to be a military organization that is dedicated to fighting terrorists, and [instead it] is being deployed against a grassroots activist movement for Palestinian human rights, a nonviolent movement,” Winstanley explained.

Last month, Israel’s Ministry of Strategic Affairs released a report called “The Big Scam,” which claimed that “bots” and “fake accounts” were used by Palestinians during the boycott campaign against the Eurovision Song Contest in Tel Aviv, The Electronic Intifada reported.

“They blamed bots for essentially running the BDS campaign against the Eurovision that took place in Tel Aviv. It was ridiculous, really. I read their report, and it was really preposterous. Their definition of ‘bot’ was so broad that it could be applied to anybody … They’re projecting what they do onto their opponents, essentially. They’re really kind of telling on themselves,” Winstanley added.

EUの軍事協力に米国排除の仕組みを導入

Permanent Structured Cooperation (PESCO)(恒常的構造防衛協力)の枠組みで行われる兵器開発に、米国などEU域外の企業が参加するには、加盟国全てからの承諾が必要で、かつ関係する知的所有権はEUに帰属する。

排除されかねない米国は、懸念を申し入れている。



US Will Be Able to Take Part in European Defence Projects Only Under EU Guidance
21:54 17.06.2019
https://sputniknews.com/europe/201906171075920853-us-european-defence-projects-eu-guidance/

Over the course of the last month, the US has reportedly pressured the EU on two occasions to drop its arms development project, known as the Permanent Structured Cooperation (PESCO), or allow American firms to participate in it.

The European Council has in a recent statement announced the conditions under which countries outside the EU can take part in PESCO defence projects that are aimed at developing new types of armaments for European Union member states.

"The Council recognises that a third State could, and would need to, provide substantial added value to the PESCO projects, contribute to strengthening PESCO […] and meet more demanding commitments, while fully respecting the principle of decision-making autonomy of the EU and its member states", the statement said.

The council’s decision comes in the wake of two reports by the El Pais media outlet about US dissatisfaction with PESCO and the barriers that the project imposes on the participation of companies from outside the EU.

Namely, the US is reportedly "deeply concerned" by the need to receive a green light from every EU state in order for a foreign company to participate. Another point of concern for Washington allegedly has to do with exclusive intellectual property rights to developed products being retained by the EU.

The US also allegedly claimed that if the EU works separately on its own military equipment, then that "produces duplication, incompatibility of military systems, dispersion of scarce defence resources and unnecessary competition between NATO and the EU".

In another report, citing documents obtained from a meeting between US officials and members of the EU's Political and Security Committee, El Pais stated that Washington wants the EU to remain closely linked to US defence manufacturers instead of working on creating its own armaments. One US official reportedly warned that Brussels would have to either "renounce the use of the best technological capabilities which exist or develop their own".

PESCO is part of the EU security and defence policy, which seeks to boost cooperation between defence industry companies and states in a bid to develop European military equipment.

米国の対イラン政策

トランプ大統領と側近の間に溝があり、別方向を向いている。トランプは全てを知らされていない。

Trump, US Intel Community Have Separate Global Agendas – Ex-FBI Agent
04:06 18.06.2019
https://sputniknews.com/analysis/201906181075925100-trump-us-intel-community-have-separate-global-agendas--ex-fbi-agent/


トランプは対イラン政策を掌握していない。ボルトンを解任すべきだろう・・・EU高官

Trump not in control of Iran policy, should perhaps fire Bolton – EU foreign policy chief’s adviser
17 Jun, 2019 19:52
https://www.rt.com/news/462085-eu-trump-fire-bolton-iran/


韓国人は「手首切るブス」みたいなもん

歴史に残る秀逸な解説。外務省のアドバイザーになってもらいたいわ(笑)。発言者が韓国人と結婚している日本女性だから、ひたすら叩いて否定、消去するわけにもいかない。大学にいるタイプの研究者がいかに役立たずかを私たちに示してくれた。
関連記事(ドイツ人ベテラン記者の韓国評)

末尾に登場する影山氏は、言論弾圧、言論統制を肯定する思想を引っ込めなさい。



作家の岩井志麻子氏、収録番組で差別的発言 関テレ放送
朝日
6/18(火) 11:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000022-asahi-soci

 関西テレビ(大阪市)のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、作家の岩井志麻子氏が韓国人の気質について「手首切るブスみたいなもの」とリストカットする女性にたとえる発言をしていたことがわかった。インターネット上などで差別発言として批判の声が上がっている。同社は放送の経緯や見解について「後ほど正式にコメントする」としている。

 発言があったのは、5月18日の放送。生放送ではなく収録で、編集でカットされなかった。慰安婦問題に絡んで2月に上皇さま(当時は天皇陛下)に謝罪を求めた韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長をめぐる議論のなかで、進行役の漫才コンビ・ハイヒールのリンゴさんから「岩井さんは、ご主人が韓国の方ということで、韓国人気質というものは分かっている?」と問われ、岩井氏は「この間も言いましたけど、とにかく『手首切るブス』みたいなもんなんですよ。手首を切るブスという風に考えておけば、だいたい片付くんですよ」。スタジオで笑いが起きた。さらに「(韓国が)『来てくれなきゃ死んじゃうから、死んだらあんたのせいだから』って言って、中国とか北朝鮮は『死ねば』と言っちゃうけど、日本は『そんなこと言うなよ、お前のこと好きなんや』」と述べ、その後の発言は効果音で消されていた。

 番組冒頭で岩井氏は「今日はなんでも言っていい日なんですよね、収録だから」と発言していた。(杢田光)

 影山貴彦・同志社女子大教授(メディアエンターテインメント論)は「しゃべり手の責任がゼロとは言わないが、責任が重いのは編集せずに放送した関西テレビだ。バラエティーだから許されるだろう、といったダブルスタンダードもいい加減やめるべきで、作り手が鈍感すぎると思う。放送業界全体の問題として、対岸の火事ではなく、他山の石として考えてほしい。読売テレビの問題があったすぐの放送で、差別的な内容の放送が続いたことが怒りを通り越して、悲しい。読売テレビの問題のあと、その他の放送局が自分の番組を検証したケースはほとんど見られなかった。きちんと検証し、隠さずにつまびらかにすることで、メディアがいい方向に向かっていくことになるはずだ」と話した。

入植地「トランプ」建設へ=イスラエル占領のゴラン高原

生きるか死ぬかの真剣勝負をしている中東世界に、安倍首相は観光客気分で出掛け、「皆仲良く」「よく話し合って」と語りかけ、脳みそ空っぽを披露した。関連記事

それにしても、ネタンヤフはアジるのが得意。安倍さんの接待に靴で食事を出したのにも、意味するところがある。そういうものに気付かず、「ありがとう。おいしかった。暖かい接待に心打たれた」と謝辞を述べて帰国したに違いない。

「ユダヤは靴で食事を食べる習慣があるんですかぁ?初めて知りました。私たちにはこのような習慣はないんですよ。ねぇ、そうでしょう、皆さん。もうびっくりしちゃうなぁ」と言って自分の家来たちを見渡して嘲笑し、あとは眉をひそめ、一口も口を付けずに帰国すればよかったんですよ。日本側の外交団が騒ぐ前に、欧米の主要メディアが騒いだくらいなんだから。単純に馬鹿にされている。

おかしなものを見たとき、「あれ、おかしい」と気付く能力が大切です。



入植地「トランプ」建設へ=イスラエル占領のゴラン高原
6/17(月) 7:03配信
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00000006-jij-m_est

16日、ゴラン高原で開かれた式典で披露された「トランプ高原」の看板(AFP時事)

 【エルサレム時事】イスラエル政府は16日、占領地ゴラン高原中部で建設計画を進める入植地について、トランプ米大統領にちなみ「トランプ高原」と命名すると発表した。

 今年3月にゴラン高原を「イスラエルの主権下にある」と承認したトランプ氏をたたえ、現地で記念式典を開催した。

 ネタニヤフ首相は式典で、この入植地により「ゴラン高原発展の機運が高まる」と強調した。地元当局者によると、ゴラン高原に新たな入植地が建設されるのは1990年代前半以来。イスラエルによる占領地支配の既成事実化が一段と進むことになる。 

Intel、QualcommがホワイトハウスにHuawei禁止措置の緩和を要請中

Huawei社は米国半導体メーカーの重要な顧客であり、取り引きが全面停止されると経営上困った事態に直面するため、現在ホワイトハウスに政策変更を密かに要請中だという。ロイター電が報じた。・・・そりゃそうでしょ。巨大な顧客ですから。

US tech giants are losing billions, quietly lobby to ease Huawei ban – report
Published time: 17 Jun, 2019 04:48
https://www.rt.com/business/462026-chip-makers-lobby-huawei/


スペインでは、Huawei社の製品を組み込んだ5Gサービスを開始したそうです。米国に協力しない国があちこちに出現している。たしかサウジアラビアはHuaweiを排除しないと明言した。アラブ人は何でも世界一が大好きですからね。

Spain rolls out 5G network using Huawei gear despite US blacklisting Chinese tech giant
15 Jun, 2019 13:04
https://www.rt.com/business/461954-spain-5g-network-huawei/

安部首相のイラン訪問 たちの悪いコメディー

G20を前に、安倍さんが功名心に駆られて実行した拙速なイラン訪問だったのでは?米国、イラン双方から散々の言われよう。さすがイランで、米国と日本の本質を正確に見抜いている。

米国は大嘘つきだから、体制転覆は求めないなどいろんな言葉が聞こえてくるが、何一つ信用できない。トランプには、メッセージを伝える価値などない。日本は単なる米国の子分だから、やはり同様に嘘つきで、安倍に託すものは何もない。その証拠に、JCPOAを支持すると言いながら、対イラン制裁を強化しているではないか(爆)。

トランプは、イランとの接触は「too soon」だと表現。「soon」と「too soon」のニュアンスの違いは、「soon」なら早くても許容範囲に収まった状態だが、「too soon」では時期尚早すぎて不可(結果が出ないことが最初からわかってる)という否定的な意味合い。安倍さんはトランプから全然褒められていない。つまり、安倍首相は、トランプから要請されたわけでもないのに、一人で突っ走ったということだ。

双方から要請を受けたという官邸・日本外務省の説明が真っ赤な嘘だってバレちゃいました。

余計なことをするなとばかりに日本のタンカーが被弾したが、安倍さんが修理代払うの?軍事攻撃に保険は効かないと思うので、どうせ自腹でしょ。とばっちりを受けてご愁傷様でしたとしか・・・。

犯人については、米国国防長官が「イランがやった証拠の映像を持っている」という言葉を発表したが、肝心の映像は公表されず、いつものインチキだとすぐ指摘される始末。現状は、国防長官たるものが猿芝居の台本を読んだだけの状態。映像はどこなの?皆が見て確認したいと思ってますよー。

ネット上の書き込みを何ヶ国語かでチェックしてみたが、「米軍の犯行でしょ」という書き込みばかり。世界中の人が何が起きたかわかっている。

わかっていないのは日本の外務省だけみたいですよ。今日も明日も、優秀な専門家を集めて分析し、愚かな下々の者たちに説明してちょーだい(笑)。
お笑い外務省機密情報(テリー伊藤著、1997年10月)

はい、世界中で日本国民だけ増税します。



Leader to Japan PM: Trump not worthy of exchanging messages with
Thu Jun 13, 2019 06:40AM
PressTV
https://www.presstv.com/Detail/2019/06/13/598383/Iran-Leader-Japan-Shinzo-Abe

Leader of the Islamic Revolution Ayatollah Seyyed Ali Khamenei dismisses US President Donald Trump as a person not worthy of a response or a message, stressing that negotiations with Washington cannot help solve any problem.

Ayatollah Khamenei made the remarks in a Thursday meeting with Japanese Prime Minister Shinzo Abe, who told the Leader he was carrying a message from the US president.

“We have no doubts about your (Japan’s) goodwill and seriousness, but regarding what you quoted from the US president, I personally do not consider Trump worthy of exchanging any messages with, and do not have and will not have any response for him,” the Leader told Abe.

The Leader said Iran has “no trust” in the United States and will not at all “repeat the bitter experience” it gained from the negotiations that led to the conclusion of a 2015 nuclear deal, which Washington later ditched.

“Iran engaged in talks with the US and the Europeans for some five or six years, and achieved a result. The Americans, however, breached a done deal,” said the Leader, emphasizing that no wise man would enter talks with a country that has reneged on all agreements.

Ayatollah Khamenei further rejected as “a lie” Trump’s claim that he was not after regime change in Iran, saying if the US president were able to bring about such a change, he would definitely go for it.

The Leader dismissed Washington’s claim of readiness for “honest negotiations” with Tehran, saying “honesty is highly scarce among American statesmen.”

Ayatollah Khamenei pointed to Trump’s talks with Abe on Iran in Tokyo ahead of the Japanese premier’s trip to Tehran, saying “Right after returning home, he (the US president) announced sanctions on Iran’s petrochemical industry.”

“Is that a message of honesty? Does that show that he (Trump) seeks honest talks?” the Leader asked.

“With the blessing of God, Iran will achieve progress without negotiations with the US and under all the sanctions,” Ayatollah Khamenei said. “Problems will not be solved through negotiations with the United States.”

The Leader also reaffirmed the Islamic Republic’s firm opposition to the development and use of nuclear weapons.

“I have issued a fatwa (religious decree) prohibiting the production of nuclear weapons, but you need to know that if we were after building nuclear arms, the United States could not do anything about it,” Ayatollah Khamenei said.

The Leader emphasized that Washington is in no position to decide which country can be in possession of nuclear arms while it is, itself, stockpiling several thousands of nuclear warheads.

Ayatollah Khamenei welcomed Abe’s proposal for enhancing Tehran-Tokyo relations and said, “Japan is an important country in Asia and it should display a firm resolve for enhanced ties with Iran.”

Following the meeting, Abe told reporters in Tehran that Ayatollah Khamenei had “made a comment that the country will not and should not make, hold or use nuclear weapons, and that it has no such intentions.”

The Japanese prime minister also said that he regarded the Leader’s belief in peace “as a major progress toward this region’s peace and stability.”



Donald J. Trump Verified Account
@realDonaldTrump

While I very much appreciate P.M. Abe going to Iran to meet with Ayatollah Ali Khamenei, I personally feel that it is too soon to even think about making a deal. They are not ready, and neither are we!

11:21 - 2019年6月13日
https://mobile.twitter.com/realDonaldTrump/status/1139236468365434880?p=p

農水元次官<熊沢英昭>は長男を3億物件に住ませていた

報道直後から「他人事と思えない」といった同情論が沸き上がっていて、私はうさんくささを感じていたのだが、ほらね、私が言った通りでしょう。庶民が同情を寄せるに値しない家庭ですよ。関連記事123



農水元次官<熊沢英昭>は長男を3億物件に住ませていた
週刊文春
2019.06.21中吊り広告より
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/11397

実は、都内に約6億円の不動産を所有する資産家だった熊沢夫妻。長男は事件1週間前まで、その一つに住んでいた。しかし、彼は昼間からアダルトビデオを大音量で流し、異臭のするシャツで出歩き、大量のチキンとタバコを買い求める日々。やがて、小銭だけで支払うようになり――。

安部首相がイラン訪問 最高指導者、大統領と会談

(1)まず国際法の基本原則として、イランには原子力開発をする権利がある。他の国と同じ。
(2)イランの原発はIAEAの査察を受け全てOKを受けており、問題ない。日本と同じ。
(3)米国自身は協定書の内容に満足し、調印した。←ここ重要★
(4)協定書に不満なのは米国ではなくイスラエル。←ここ重要★★
(5)イスラエルの要請を受け、米国は国際協定を一方的に破棄した。←ここ重要★
(6)IAEAの査察を拒否しているのは、イランではなく、イスラエル。←ここ重要★
(7)イスラエルは核爆弾を保有している。大統領が口を滑らして認めた。国際法違反。←ここ重要★
(8)イスラエルこそが問題の核心なのに、一連の報道に「イスラエル」を書き込まない操作が蔓延している。←ここ重要★★

(20190619追記)
イスラエルはイランの核開発を批判する一方で、自らは核弾頭を80~90個保有している。SIPRI報告
Israel has 80-90 nukes, SIPRI report says, as Tel Aviv continues to accuse Iran of nuclear obsession
18 Jun, 2019 14:14
https://www.rt.com/news/462143-nuclear-stockpile-sipri-israel/




日イラン会談・安倍首相発言要旨
6/13(木) 17:29配信
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000099-jij-pol

 【テヘラン時事】安倍晋三首相が13日、イラン最高指導者ハメネイ師との会談後、記者団に語った内容の要旨は次の通り。


 先般トランプ米大統領と会談した際、トランプ大統領からは『事態のエスカレートは望んでいない』との発言があった。(トランプ)大統領がどのような意図を持っているのか、私の見方として、ハメネイ師に率直に話した。

 緊張の高まりが懸念され、互いに複雑な国民感情があるが、そうした状況だからこそ、関係国のトップ同士がともに緊張緩和に向けた意思を持っていることが極めて重要だ。

 (12日に会談した)ロウハニ大統領からは「戦争は望んでいない」との明確な発言があった。本日はイランの最高指導者であるハメネイ師と直接お目にかかり、平和への信念を伺うことができた。これはこの地域の平和と安定の確保に向けた大きな前進であると評価している。

 また、ハメネイ師からは、核兵器を製造も保有も使用もしない、その意図はない、するべきではないとの発言があった。緊張緩和に向けた道のりは大変困難を伴うものだが、この地域の平和、世界の平和と安定のために、これからも努力を重ねていきたい。 

中立は敵をつくる 韓国紙

えっと、「南北が抱きつけば、米国でも戦争を始めることはできない」という抱きつき理論を、お宅の文在寅大統領が基本方針として示し、それで今の政策を続けているんですが。北の元帥様が南を相手にしていないように見受けられますが(笑)、恥ずかしいことなんか、ありません。

韓国民が民主的選挙(ぷっ)で選んだ大統領なのだから、韓国民には最後まで大統領を信じ、運命を共にして欲しい。



【噴水台】中立は敵をつくる=韓国
中央日報
2019年06月06日08時52分
https://japanese.joins.com/article/169/254169.html?servcode=100§code=120

最近の米中間の競争から2500年前にギリシャを焦土化させたペロポネソス戦争を思い出す人が少なくない。歴史家の名前にちなんだ「トゥキディデスの罠」だ。新興強大国(アテネ)の浮上に対する従来の強大国(スパルタ)の恐怖が戦争の原因ということだ。しかし韓国の立場で視線が向かうのはメロス島の運命だろう。アテネから同盟に合流しろという圧力を受けたが拒否したところだ。双方はこういう対話をした。

「我々は中立だ。どの陣営にも加わらない状態を認めてほしい」(メロス住民)

「それはできない。被支配者は強者に対する憎しみからその強者の大きな力を知る」(アテネ使節団)

「屈服は絶望を意味するが、抵抗には希望が残っている」(メロス住民)

「すべてに希望をかける(無力な)者は夢が壊れた時にはすでに希望も消えている」(アテネ)

メロスはスパルタが救援しに来ると信じていたが、スパルタは来なかった。メロスは絶滅した。それから2000年後、フィレンツェの賢者はこのように語った。「友邦でない君主はあなたが常に中立として残っていることを望むが、友邦の君主は常に武器を持って支援することを望む。優柔不断な君主は現在の危険を避けるためにほとんど中立として残ることを望むが、これはいつも破滅の原因となる」(『君主論』)。中立は敵をつくる。

米中からいろいろな要求を受けている。「中国との競争は米国にとって経済・外交・安保政策の構成原理」(マーティン・ウルフ)になった。米国は韓国が中国との関係が悪化しても自分たちを支持することを望み、中国は距離を置くことを要求する。日本は米国側だ。我々も選択を迫られている。後代の運命までがかかる。国家的な対話と合意が必要だ。しかし依然として些細なことを眺め、些細なことに興奮し、些細なことに命をかける。恥ずかしい

コ・ジョンエ/探査報道エディター

イスラエルのパレスチナ占領政策の変遷を地図で説明するサイト

Conquer and Divide
(英語、アラビア語、ヘブライ語)

(注1)トップページにアクセスしたあと、データの読み込みに時間がかかるので、読み進むことができるようになるのは数分後です。

(注2)画面左の文章にマウスを当てると、それに該当する地図が画面右側に表示されます。



‘Conquer and Divide’: Israeli NGO launches interactive map highlighting 52-years of occupation
Published time: 5 Jun, 2019 17:02
https://www.rt.com/news/461154-israel-palestine-occupation-map/

To mark the 52nd anniversary of Israel’s territorial encroachment into the West Bank, human rights NGO B’Tselem has unveiled a new interactive map creatively illustrating the decades-long history of the occupation.

The organization says that their new project “traces how government resolutions, military orders and state planning” came together to create an ever-expanding system of settlements and military check-points, helping Israeli authorities “promote [their] interests at the expense of Palestinians’ rights.” The project was created in tandem with the independent research agency Forensic Architecture, and launched on Wednesday.

Conquer and Divide: the shattering of Palestinian space by Israel | Explore the maps in this interactive project, see reality for what it is – and demand an entirely different future. | @btselem@ForensicArchi | https://t.co/74uyXWUsbmpic.twitter.com/Tf6bDZ96qo
— Hagai El-Ad (@HagaiElAd) June 5, 2019

The project's sleek website documents not only the boundaries of Israel’s expansion into the West Bank, East Jerusalem and the Gaza Strip, it also indicates a variety of specific details; from closed military zones to areas where the authorities forbid fishing. The map also highlights important events in the history of the occupation.

Those behind the project believe that using an interactive map does something a traditional history couldn’t – by visually demonstrating what they call Israel’s “conquer and divide” strategy, they aim to show how geography has been used to isolate and control the Palestinian population.

“Israel has doggedly chipped away at Palestinian space, breaking it up into conveniently exploitable pieces, the easier to control and oppress,” wrote B’Tselem’s Executive Director Hagai El-Ad.

Tel Aviv has always rejected terming the land acquisitions as part of an occupation, saying it has a legal right to the territories. In March, the United States became the first country to recognize Israel’s continued claim over another disputed area – the Golan Heights.

The anniversary of the occupation comes just ahead of Washington’s plan to unveil its long-touted and much criticized Israel-Palestine peace plan. While Trump called the plan “the deal of the century,” Palestinian authorities have already rejected it, saying Trump’s administration is too pro-Israeli.

40代で日本国籍・白参院議員「嫌韓がダメ」な理由

(1)国会議員になった途端、議員の間で回覧される各種文書、院内で交わされる各種の議論、見聞きする話を毎日、韓国語で新聞形式にまとめ、本国に送付している正真正銘のスパイが、何言ってんだか。お前なんかがきれい事を言っても、生粋の日本人は誰も信用しない。

「残りの40年は日本人の母の国籍で生きようと思い、40歳の時に日本国籍を取得することを決意した」とあるが、日本の立法府に潜り込むには、日本国籍を取得する必要性があったからに他ならない。

直前まで、韓国の保守系「朝鮮日報」で日本支社長を務めていた彼にとり、日本の国会の動向を本国に報告することが重要ならば、在日(韓国籍)ジャーナリストのままで実行することができたし、この程度の仕事は日常業務としてやっていたはずである。していなかったならば、支社長ではない。

議員になった初日から、日本の有権者向けの情報提供ではなく、韓国政府向けの情報提供に注力するということは、彼本人がというより、韓国側がもう一歩踏み込んだ情報を欲したから、わざわざ国籍を変えてまで日本の国会に潜り込んだとしか思えない。

徴用工問題について彼が韓国に乗り込み、あちこちに像を建てては決起集会を開いている連中の前に立ちはだかり、「止めなさい」と説得している彼の姿を、一度も見たことがない。彼の主たる仕事は、日本の国会内の動向を本国に詳細に報告すること。

(2)国際政治は、学校のクラス内の友人関係と同じで、くっついたり離れたりするもの。「嫌韓は駄目」とか「皆仲良く」を教える人は、全く役に立たないばかりか、有害なことを教えている。

(3)記事の範囲に限定しただけでも、彼は長々と話しているが、「韓国と仲良くしたら、日本にとり一体どのようなメリットがあるのか」について、一言も言及がない。

何らかのメリットがなければ、付き合う必要はない。隣に住んでいるけど一緒に行動しない人など、沢山いる。

(4)今の韓国人を見て、「日本人が違いを楽しめるか」に対する配慮がゼロである点に、彼の「内心の立ち位置」を垣間見ることができる。彼に関する事実とキャッチフレーズは、日韓ハーフかもしれないが、一番重要なのは「内心の立ち位置」だ。

立憲民主には、両親ともに生粋の朝鮮人であり、日本人の血が1滴も入っていない議員がいる。内心まで読むことはできないから、表面に現れる言動から推察するしかない。この人たちに、重要な日本の運命を託して本当に大丈夫なのか、生粋の日本人は何度も熟慮しなければならない。法律を決めるのは国民ではなく、官僚でもなく、国会議員だから。



40代で日本国籍・白参院議員「嫌韓がダメ」な理由
毎日
6/5(水) 9:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000010-mai-pol

 立憲民主党の白眞勲参院議員は毎日新聞政治プレミアに寄稿した。日韓関係の悪化について「お互いが相手は自分と同じ感覚だろうと思い込んで、自分の国の物差しで相手をはかろうとする。違いを認めて、違いを楽しもう」と訴えた。

 白氏は「過去だけをみているとお互いが疲れてしまう。つらい過去は大事だけれども、つらいことが1ならば、楽しいことが100ぐらいにしたほうがうまくいく。しかし、今の日韓関係は逆になってしまっている」と指摘する。

 徴用工を巡る問題については「日韓基本条約の一環で解決済み。基本条約を結んだ際、韓国は日本に対して、韓国政府が個人に賠償すると言っていた。韓国政府が答えを出すべき問題で、ボールは韓国側にある」とする。

 また、「日韓基本条約に基づいた請求権協定などによって日本はおカネを出したが、それだけではなく、たとえばソウル大学病院の子ども病棟は日本が支援した。あるいは浦項総合製鉄も新日鉄が支援した。現代自動車は三菱が支援した」として、「日本も韓国が反発しようとも、これは日本がやったということをしっかり言うべきだ」としている。

 そのうえで、「嫌韓」や「嫌中」という考え方について「『自分たちは悪くない。すべてあいつらのせいだ』という考え方はよくない」と言う。

 白氏は「おなかのなかのことをみんな出したら、良い関係になれるのでしょうか。これは日本だけのことではありません。韓国でも同じです」と強調。

 「韓国がもっと日本を批判したら、日本は『はい。すみません』と言うのでしょうか。逆に日本が韓国はけしからんともっと言ったら、韓国は『大変失礼しました』と言うでしょうか。双方ともに発展性が全くありません」と語った。

 白氏は1958年生まれ。父親が韓国人で母親が日本人。2003年に日本国籍を取得した。政治家になるために取得したのではなく、「40年、韓国人の父の国籍で生きてきて、人生80年とすれば残りの40年は日本人の母の国籍で生きようと思い、40歳の時に日本国籍を取得することを決意した」と話している。

長男殺害容疑の元農水次官「迷惑かけたくなかった」 川崎殺傷事件の影響

「悪かったのは私の周囲です。私自身は全く悪くないんです」というのは、役所に勤めて最初に身につける基本的な思考。皆さん、こんな言い訳を「そうだね。辛かっただろうね。市民で集まり減刑を請願しよう」と受け止めるの?

私なんかは、「出た~。役人が責任を息子に転嫁www」と思ったよ(爆)。
関連記事2



川崎殺傷事件の影響、供述 長男殺害容疑の元農水次官「迷惑かけたくなかった」
毎日
6/3(月) 11:15配信

 東京都練馬区の自宅で無職の長男を刺したとして元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者(76)が殺人未遂容疑で逮捕された事件で、熊沢容疑者が川崎市で児童ら20人が殺傷された事件に触れて「長男も人に危害を加えるかもしれない。周囲に迷惑をかけたくなかった」との趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で判明した。事件の数時間前には、近所の小学校の音を巡って長男とトラブルになっており、警視庁練馬署は動機を慎重に調べている。

 同署は3日、熊沢容疑者の容疑を長男の英一郎さん(44)に対する殺人容疑に切り替えて送検した。

 捜査関係者によると、英一郎さんの刺し傷は上半身を中心に十数カ所あった。また、自宅からは英一郎さんへの殺意をほのめかすメモが発見された。

 一方、元々別の場所に暮らしていた英一郎さんが5月下旬に実家に戻り、両親と同居を始めていたことも判明した。しかし熊沢容疑者は「長男は仕事もなく、部屋にこもることが多かった。家庭内暴力もあり、妻も暴力を受けていた」という趣旨の供述をしている。

 事件は1日午後3時半ごろ、熊沢容疑者が「息子を刺し殺した」と110番して発覚。英一郎さんは搬送先の病院で死亡が確認された。事件の数時間前、熊沢容疑者は「近くの小学校の騒音がうるさい」と腹を立てていた英一郎さんを注意しトラブルになっていた。【山本佳孝、最上和喜】

BSE問題で引責辞任、退職金8874万円満額支給、天下り…息子殺人容疑で逮捕の元農水次官

役所を退官したときの退職金が9千万円だったというだけで、それに追加して、天下り先から退職金をもらってるでしょ。事務次官まで勤め上げると、格も報酬額も高い天下り先を斡旋される。

普通のサラリーマンの退職金は、「退職時の月額基本給×勤続年数(20年とか)」だが、
天下りの退職金は、「月額報酬額×勤続月数(24ヶ月)」だからね。

2年ごとに2000万円もらえるとよく言われるが、月100万円で2年勤めると、月額報酬の2年分2400万円+退職金2400万円になる。かつ、それを何度も繰り返す。次官経験者なら、報酬額は当然高くなる。

もの凄~く控えめに見積もっても、退職後だけで2億円くらい当たり前に受け取っている(←こんな少額であるはずがないけどね)。家庭内に問題があったとしても、何かできたでしょう。ニュースを最初に見たときから、私はしらけている。

国民の皆さん、政府は増税すると言ってますよ。
関連記事



BSE問題で引責辞任、退職金8874万円満額支給、天下り…息子殺人容疑で逮捕の元農水次官
スポーツ報知
6/2(日) 19:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00000198-sph-soci

 東京都練馬区の自宅で1日、長男(44)を包丁で刺したとする殺人未遂容疑で現行犯逮捕=後に殺人容疑に切り替え=された元農林水産事務次官・熊沢英昭容疑者(76)とは、どんな人物なのか。

 1943年、岐阜県可児市生まれ。東大法学部を卒業した67年、農林省(現農水省)に入省した。食品流通局や畜産局などで昇進を重ね、95年に畜産局長に。経済局長、農林水産審議官を経て、2001年1月に事務方のトップとして大臣を支える要職である事務次官に就いた。

 官僚のエリートコースを駆け上がったが、就任直後の2月、有明海のノリ不漁問題で諌早湾干拓事業の工事現場で漁業者が座り込みの抗議行動を断行すると「実力行使のような混乱した状態は残念だ」と発言し物議を醸した。さらに、同年9月に国内初のBSE感染牛が確認されると省内は大混乱に陥り、対応は後手後手に回った。同年6月の定例会見で「日本ではあり得ない」とし、危険度が高いとした欧州委員会の評価には「ぬれぎぬを着せられたようなものだ」と反論していただけに、責任追及の声が上がった。

 また、感染源となる肉骨粉の輸入禁止や供与禁止について、畜産局長時代の96年に専門家から指摘されながらも行政指導に留めていたことも発覚し、2002年に退官に追い込まれた。

 一方で、辞任に際して満額支給された退職金8874万円を全て受け取っただけでなく、業界団体に天下りしていたことが発覚すると、霞が関を揺るがす猛烈な批判にさらされた。

 その後、2005~08年に駐チェコ大使を務めた。

ドイツ人ベテラン記者 韓国人は躾けられていない■★と同じ(爆)

(1)クククク、笑いが止まらない。ここまでこき下ろすとは。在日活動家は反省しろよ。
(2)日本人、ドイツ人、中国人の皆が同じ指摘をしている。韓国人は、自分が他人からどのように見られているか、鏡に映った自らの姿を一度覗いてみるべきである。



【寄稿】民族主義的だが愛国的ではない韓国人
朝鮮日報
2019/06/02 06:08
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/31/2019053180158.html

 先日、韓国国会で行われたドラマチックな場面を見て、数年前ソウルのある外国人学校で目にした光景を思い出した。最も鮮明に思い出されたのが、2年生の教室の壁に児童たちが描いた絵やポスターと共に掲示された教師による文句だった。「自分の手足は自分の空間に(Keep your hands and feet to yourself)」

 この文句は私に深い印象を残した。小学生たち、特に男の子たちはじっとしていることができないため、自分をコントロールすることで他人の体を尊重するよう訓練する必要性がある。子どもたちがこれを学ぶことができなければ、他人にひどい接し方をしても道徳的に問題ないと錯覚するようになる。こうした思いは幼くて純粋な心に吸収されやすい。

 われわれがよく理解しているように、こうした重要な教訓は韓国社会にとってまだ目新しい。30歳以上の韓国人たちは、こうした教訓を体験し習うにはすでに手遅れなのかもしれない。

 私よりも読者たちの方がより深く理解していると思うが、これまで私が韓国で暮らしながら家族や友人から聞いた話を総合すると、わずか数年前までも、韓国社会は家庭内暴力、校内暴力、教師による体罰、警察による暴力を日常茶飯事として受け入れていた。軍隊はもちろんのこと、時には職場で拳を振りかざすことも当たり前のように考えられてきた

 若い世代は理解し難いかもしれないが、親の世代と祖父母の世代はこうした不適切な虐待のため、想像できないほどのストレスを耐え忍ばなければならなかった。

 軍隊では体系的に兵士を殴った。殴られることも訓練の一部だと考えられていたためだ。その当時、韓国の母親たちは、徴兵拒否運動を展開したり国防部に押し掛けて上層部の人間に抗議したりしなかった。私にはこれが疑問に思えてならない。

 これまで軍隊や警察、情報当局のような政府機関が国民に振るってきた暴力こそが、中壮年層以上の韓国人たちの民族主義的だが愛国的でない理由について物語っている。彼らは韓国に勝ってほしいと願いながらもなぜ韓国を愛さないのか、英語さえできるなら海外に移住したいとなぜ思うのかだ。多くの人々が、国が自分を愛しておらず、尊重もしていないという経験をした。

 だから、韓国社会で育った中壮年の政治家たちは、ハンマーで国会議事堂のドアを壊し、反対する党ともみ合いになることが悪いことだと思っていない恐れがある。彼らは、かえってハンマーを振りかざし、反対する党ともみ合いになることが有権者たちの目に素晴らしく映るものと思っているのかもしれない。自分の激しい行動が自分の情熱的な真の姿を表現するし、国民もこれを認めてくれるはずだと思うのかもしれない。

 政治は政策ではなく、感情と関係が深いという単純な政治力学が、ここから生まれる。民主主義と法治を担当する機関が民主社会の柱なら、その中心には有権者一人一人の感情がある。有権者が持つ思い、有権者が受けた印象、有権者が感じる需要と良しあしの感情が混じり合って票を決める。票こそが民主主義の神秘であり神聖な場所なのだ。この聖所に入って票を得るのが政治家の目標だ。2012年の大統領選挙の際に行われたネット上での世論操作や、昨年明るみに出たドルイドキングことキム・ドンウォン被告による世論操作事件が深刻な犯罪と言われる理由が、ここにある。民主社会では、こうした行いは反逆なのだ。

 政治家の熱情は有権者の感情に訴え掛ける。自分が支持する政党の闘士たちが反対する党の悪党たちを阻もうとドアに押し付けられている様子を見て、有権者たちは自分の地方区の議員が人文学教授のように一歩離れた場所で傍観するよりは、かえって自由のために闘う戦列の先頭にいてくれることを望むこともあるだろう。

 しかし、私は欧州人として感情は必ず理性の統制を受けなければならないと信じて育ってきた。私はカッとする政治家、物を投げて怒鳴る政治家を信頼することができない。私の目には、こうした行動は品位を投げ捨てる行動のほかの何物でもない。私が育んできた欧州人の脳は、こうした人々は指導者になってはいけないと叫んでいる。私の祖父と父、そしてこの方々の全ての友人は、理性が政治を治めることができなかったために生じた2度の世界大戦で争った人々だ。

 興味深いのは、韓国の若者たちにはこの二つの態度が入り混じっているという点だ。彼らは高等教育を受けた親の下で育った世代だ。もう教師が生徒を殴らない学校で学んだ世代、以前よりは改善された軍隊と職場を経験した世代だ。彼らの祖国が今では個人を尊重する民主主義国家になったために可能となったのだ。韓国の若い世代は、他人がハンマーを振り回したがる理由をよく理解しているが、それと同時にそうした行為は尊重できるものではないということも、よくわきまえている。彼らは「理性的な言葉や常識で他人を説得することができない人は、初めから政治家になるべきではない」と考えるだろう。

元ソウル外信記者クラブ会長マイケル・ブリーン=『韓国、韓国人』著者



韓国のトロフィー踏みつけ&放尿ポーズに中国メディア「再発を防ぐ唯一の方法がある」
ゲキサカ
6/1(土) 11:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-43467665-gekisaka-socc

画像

 U-18韓国代表が中国で開催された国際ユース選手権『パンダ・カップ2019』の優勝トロフィーを踏みつけた問題で、中国『環球時報』が“再発防止策”を挙げた。

 韓国は同大会で3戦全勝を果たして優勝したが、セレモニーの際にトロフィーを踏みつけながら記念写真を行ったほか、トロフィーに向かって用を足すような仕草を見せた選手もいたとして批判が殺到。大会組織委員会から優勝を剥奪された。すでに同代表チームや大韓サッカー協会(KFA)は謝罪を行っているものの、騒動が収束する気配はない。

 同メディアは「韓国人たちは謝罪したが、それは中国国民の怒りを落ち着かせるのに十分ではなかったようだ」と指摘している。

 それでも「同様の問題が起きるのを防ぐ唯一の方法がある」とし、「彼らにサッカーで勝たなければならない」と、ピッチ上でリベンジすることが必要だと主張した。



<サッカー>日本では重んじられているのに、韓国には欠けているもの—中国メディア
Record China
5月31日(金)22時10分
https://news.biglobe.ne.jp/international/0531/rec_190531_4327235359.html

2019年5月30日、新浪体育は、サッカーの韓国U-18代表選手が中国での国際大会で優勝トロフィーを踏みつけた問題について「試合に勝っても人として負けた韓国サッカーに欠如しているのは一体何か」とする文章を掲載した。

文章は29日に四川省成都市で行われたサッカー大会・パンダカップの表彰式後、優勝した韓国選手がトロフィーを踏みつける一幕があったとし、「韓国ユース選手の低レベルなスポーツ道徳が余すところなく露呈した」と伝えた。

そのうえで、2010年に山東省内で開かれた国際サッカー大会でも韓国選手をめぐるトラブルが起きたことに言及。実力で劣る韓国の高校リーグ選抜が中国のユース代表と対戦した際、ラフプレーにより中国の攻撃を断ち切る戦術を採用し、2枚のレッドカードを相次いで受けたと紹介。そして、「2枚目のレッドカードが出されると韓国選手が審判に唾を吐きかけ、その後、選手全員が試合続行をボイコットする事態になったほか、韓国の監督が自国選手のラフプレーを棚に上げて審判や中国サッカーを批判した」と伝えている。

文章は「競技スポーツではフェアであることが大事な要素の1つである。フェアであることを守るうえでルールに従う意外に重要なのがスポーツマンシップだ。それは相手へのリスペクトだけではなく、個人の人格の表れなのである」と指摘。ブラジルへのサッカー視察を行った際、あるユースクラブのコーチが「われわれは子どもたちに機械的な訓練を施すのではなく、人としてどうあるべきかを教える。ブラジルはこれまで天才選手に事欠かないが、スターになりたければまず、良い人間にならなければならない」と語ったことを伝えた。

また、「隣国の日本のユース育成でもプレー以前に人間性が重んじられており、試合中に暴言を吐いたり、他人に報復したりする行為が見られた選手は直ちに交代させられる」と説明した。(翻訳・編集/川尻)

韓国 ニュースを見ても過去の話ばかりで、未来の話は天気予報だけ

【コラム】なぜ韓国人は1990年代を懐かしむのか
朝鮮日報
2019/06/02 06:04
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/31/2019053180146.html

 ラジオのある深夜番組のリスナーから「自分は2000年生まれなのだが、一日でよいから1990年代に暮らしてみたい」というメッセージが寄せられた。その時代を生きた者にとっては、パソコンのデータ通信がのろくて、週に休みは1日だけで、レモン焼酎を飲んでいたあの時代の何が良いのかという気もする。ただ、当時はきょうよりはあす、今年よりは来年が良くなるという確信があった。通貨危機前まで雇用はほぼ毎年50万人ずつ増え、経済が6-7%成長を続けていたので活気もあったと言える。

 1990年代がうらやましがっているのは青年たちだけではない。働き盛りの40代半ばの人たちにも90年代に帰りたいと話す人が少なくない。財テクをして、豊かに暮らそうという期待が可能だった時期だからだ。経済の活力が低下した現在、給与労働者が金持ちになることは本当に難しくなった。中産階級の財テクの代表的な手段だった不動産分譲市場で最近「チュプチュプ族」という新語が流行している。「チュプ」には韓国語で「拾う」という意味があり、マイホームを実際に必要としている人が金融引き締めでローンを組めなくなる中、市場で新築物件を拾っていく富裕層を指す言葉だ。40代半ばのAさんは「20年積み立ててきた住宅請約通帳(積立口座)で分譲物件を購入しようとした。ところが、政府は不動産投機を阻止するためとして、9億ウォン(約8600万円)を超えるマンションの中途支払金に対する融資を禁止した。その結果、9億ウォン以下の物件に投機が集中し、競争率が上がった。政府は庶民層のマイホーム取得を支援すると言っていたではないか」と憤った。

 1990年代に「世界一流」というスローガンを叫んでいた企業は政府、労組の顔色をうかがい、やる気を失っている。保険会社B社の役員は「一般採用はよほどでなければ実施しない。非正社員を(労組の)顔色を見ながら増やしているというのに、60歳までどうやって責任を持てるのか。早くロボットを開発して使ったほうがましだ」と話した。IT系大企業の幹部は「ニュースを見ても過去の話ばかりで、未来の話は天気予報ぐらいしか見当たらない。世界の企業は全速力で走っているのに、過去の清算はそれほど重要なことなのか」と漏らした。

 「革新の伝道師」と呼ばれるハーバード大のクレイトン・クリステンセン教授は著書「繁栄のパラドクス」で韓国を成功事例として紹介している。サムスン、ポスコなど韓国企業が良い例として登場すると誇らしい。しかし、韓国の「奇跡」はK-POPなどを除けば、1990年代の話だ。クリステンセン教授は繁栄を「より多くの人々が経済、社会、政治的な幸福を増進させる過程」と定義する。そこには程遠いと感じる。

 先月休暇で東京の空港に降り立つと、「ディス・ウェー・プリーズ」「ハブ・ア・ナイス・デー」といった具合に以前はあまり聞かなかった英語が聞こえてきた。東京五輪を控え、英語を練習する高齢者には活気があふれていた。米国は連日、時価総額数十兆ウォンのIT企業による株式上場のニュースで沸いている。韓国ではまだ導入さえできていないカーシェアリング関連の企業であるリフトやウーバーもそこに含まれていた。昨年米国で研修を共にした中国人の友人は数日前、電子メールを送ってきた。自分たちが開発したモニターに10分間で10万ドルの投資が集まり、韓国にも輸出することになったのだという。友人は中国で4日に1社のペースで誕生するユニコーン企業(企業価値10億ドル以上の企業)を夢見る。韓国政府は外部要因が韓国経済低迷の主犯だというが、海外ではそれぞれが成長にまい進しているように思える。それに対し、韓国には何があるだろうか。

 「2000年の力強い経済のために!再び飛躍しよう、コリア!」--。これは1997年の公共広告のフレーズだ。そんな闘争精神が懐かしい。成長率が急低下してもなお、大統領は「経済の基礎体力は強固だ」と話す。青瓦台は良い経済指標を周知する広報特別チームの設置するという。まるで90年代に韓国で流行した「沙悟浄シリーズ」のようにしらけたギャグだ。

キム・シンヨン経済部次長

マツダ・日産・ホンダ…トランプ氏の関税発言で株価下落

日本がトランプを過剰接待し、外務当局がトランプ大統領閣下には良い気分になって帰ってもらえた、やれやれと安堵した途端、トランプが返す刀で、対メキシコ関税引き上げを発表。ぷぷぷ、笑える。

正統的な政治学を学んだ人ならば誰でも、予測不能性は脅威であると認識している。中国とトランプのどちらが本当の脅威なんでしょうか?

私は自動車産業や製造業にぶる下がっていないから、もう何がどうなっても影響ないんだわ。マーケットが崩壊するの?勝手に崩壊して。私には影響ないから。若い人が汗を掻いて解決するんだ。全部若い人の仕事。



対メキシコ関税に猛反発 米産業界・議会「法的措置も」
産経
6/1(土) 19:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000560-san-bus_all

 【ワシントン=塩原永久】米政府が表明したメキシコからの全輸入品に対する関税措置に米産業界や議会が猛反発している。経済への影響が不可避なためで、米商工会議所は5月31日、発動を阻止するための法的手段を検討すると表明。与党・共和党幹部からもトランプ米大統領の手法を批判する声が噴出した。米国の通商問題をめぐっては、中国が1日、米国産品に対する追加関税率を引き上げており、金融市場にも動揺が走っている。

 ■トヨタ・GMらの団体も声明

 同会議所のブラッドリー副会頭は「関税を課すのは間違った対応だ」との声明を出した。メキシコから米国への物品輸入額は昨年3465億ドル(約37兆5000億円)に達し、全輸入品への関税5%の上乗せにより企業と消費者に170億ドルの負担増になると指摘。「法的措置を含めたあらゆる可能性を模索する」と異例の厳しい対応を表明した。

 トヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)など自動車大手でつくる米自動車工業会は声明で、「米・メキシコ国境の交易を妨げる障壁は米国の雇用や投資、経済発展を阻害する悪影響の連鎖を招く」と警告した。また、自動車メーカーが北米地域で築いてきた部品供給網(サプライチェーン)に、関税発動が及ぼす打撃に懸念を示した。

 ■「大統領の権限乱用だ」

 一方、議会幹部は、関税発動を躊躇しないトランプ氏の姿勢に警戒を強めている。30日に声明を出した上院財政委員会のグラスリー委員長(共和党)は「大統領の権限乱用だ」と指摘。米政府やメキシコ、カナダが、北米自由貿易協定(NAFTA)を見直した新協定の批准に向けて動く中、「関税の脅しを実行すれば(批准の)議会通過を極めて危うくする」と述べ、トランプ氏に再考を促した。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、新協定の批准手続きの支障となることを恐れ、ライトハイザー通商代表ら一部の政権幹部が「対メキシコ関税をしないようトランプ氏の説得を試みた」という。

 また中国政府は1日に年600億ドル分の米国産品への追加関税率を最大25%に上げる報復措置を発動した。米中の貿易摩擦も激しい対立局面に入っている。

 31日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日比350ドル超値下がりし、2万5000ドルを割った。ドル円相場でも安全資産とされる円が買われ、一時1ドル=108円20銭台まで円高ドル安が進んだ。



マツダ・日産・ホンダ…トランプ氏の関税発言で株価下落
朝日
5/31(金) 18:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000081-asahi-brf

 トランプ米大統領がメキシコからの全輸入品に5%の追加関税をかけると表明したことなどを受けて、31日の東京株式市場は株安が進んだ。マツダや日産自動車、ホンダなどメキシコに工場を抱える自動車メーカーの株が軒並み下落。日経平均株価の終値も、前日比341円34銭(1・63%)安い2万601円19銭となった。

 大きく影響を受けたのはマツダで、前日比81円50銭(7・13%)安い1061円50銭。日産は41円20銭(5・31%)安の734円60銭となり、ホンダも4・26%、トヨタも2・84%、それぞれ下落した。

 東京外国為替市場では、米中の貿易摩擦長期化への警戒感もあり、安全資産とされる円を買う動きが進んだ。31日午後5時時点では、1ドル=108円77~78銭と前日より97銭の円高ドル安。大手証券の担当者は「大阪で6月下旬に開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議まで、トランプ氏によって貿易交渉のハードルを上げる動きが続くだろう。来週以降も発言には注意が必要だ」との見方を示した。

 また、米連邦準備制度理事会(FRB)の副議長が30日、米国景気が悪化した場合の利下げ検討に関する発言をしたことを受け、「低リスク」とされる債券市場にお金が流れる動きも活発になった。30日の米債券市場では、米長期金利の指標となる10年物米国債の利回りが年2・21%と、2017年9月並みの水準まで低下。日本でも31日、長期金利の指標となる10年物国債の利回りが、前日より0・015%幅低いマイナス0・100%をつけた。

2006年レバノン戦争時の米国イスラエル諜報部の協力関係

装備で圧倒的優位に立つイスラエルが、ヒズボラに負けてレバノン撤退に追い込まれた記念すべき2006年戦争の際、崖っぷちに立たされたイスラエルが米国に泣きつき、イスラエルが爆弾を落とす相手を探す目的で、米国NSAが持つ米国民および第三国人の個人データをイスラエルにダダ漏れさせていたことが、文書で確認された。イスラエルに渡されなかった情報は、米国政府幹部の情報に限定されるという。

つまり、日本人であるあなたのネット活動から推察されるあなたの情報・属性すべてが、イスラエルにそっくりそのまま渡されるということです。

Huawei社に掛けられている疑惑は何一つ証明されていないが、米国側の個人情報取り扱いに巨大な問題があることは、公文書によって証明されてしまいましたね。Huawei社の製品を使ったほうが安全かもよ(笑)



‘Most valued partner’: NSA fed Israel intel for targeted assassinations, leaked docs show
1 Jun, 2019 00:46
https://www.rt.com/news/460785-nsa-israel-intelligence-partner/
https://theintercept.com/snowden-sidtoday/5987391-the-israel-hizballah-crisis-perspectives-from-an/

Frustrated by a legal ban on sharing intelligence with Israeli operatives conducting targeted assassinations against Hezbollah, the NSA crafted a loophole giving them total access even to US citizens' data, leaked documents show.

The Israeli SIGINT National Unit (ISNU), the NSA's counterpart in Tel Aviv, convinced the Americans to circumvent the legal prohibition on providing surveillance data for targeted assassinations during Israel's 2006 war with Lebanon, according to the newest revelation from the archives obtained by whistleblower Edward Snowden.

Using the familiar rationale of "terrorism" to excuse cooperation they knew was illegal, the NSA and ISNU found a workaround using the Office of the Director of National Intelligence that provided the Israelis with all the intel they needed, according to an October 2006 article in the NSA's internal publication.

"To ISNU, this prohibition [on sharing data for targeted killings] was contrary not only to supporting Israel in its fight against Hizballah but overall, to support the US Global War on Terrorism," said an article in SIDToday.

Its author, whose name is redacted, details the "late-night, sometimes tense discussions" he had with ISNU officials who believed they deserved an exemption from the US prohibition on abetting targeted killings.

The documents don't include details of what "arrangement" was eventually worked out with the ODNI, but the Israeli military used American data to lay waste to Lebanon's civilian population, much like the tech-enhanced US troops in Afghanistan and Iraq, whose kill-counts swelled with civilian victims after they received access to NSA targeting data.

"Israel repeatedly, and in some cases egregiously, violated the laws of war," Human Rights Watch reporter Nadim Houry told the Intercept, adding that the Israelis "engaged in indiscriminate aerial attacks" and cluster bombing against "civilian infrastructure that was not tied in any way to the armed conflict."

This 'strategy' had a name – the "Dahiyeh doctrine" – and Israeli officials admitted it was deliberate, but despite this brutality, they were unable to win the war. A leaked presentation about the NSA-ISNU relationship notes that "public confidence in IDF erodes" and "IDF image damaged" after the seemingly-outmatched Hezbollah fighters were able to keep the Israelis at bay. Nevertheless, the IDF was, according to the presentation, "Gearing up for Round II."

Apparently unsatisfied with the legal loophole the Americans had created for them, the Israelis sought and received full access to the NSA's massive surveillance data troves after the war. A 2009 memorandum of understanding officially gave ISNU unrestricted access to the NSA's raw intelligence data – including the phone and internet records of American citizens and citizens of third-party countries. Only American officials' data was excluded, on an honor-system basis (with ISNU instructed to "destroy upon recognition" any records originating with a government official). Almost no strings were attached to this bonanza – the Israelis could even release the identities of Americans whose information had been scooped up in the dragnet, as long as they asked the NSA for permission first, and could pass the data on to anyone at all if the names were redacted.

While a leaked presentation calls ISNU "NSA's most valued third party partner," it also suggests there was "high anxiety" among the Israelis "heavily reliant" on NSA data for support. One slide reads "What Did ISNU Want? Everything!!!" and complaints about the Israelis' "robust" spying on Americans crop up frequently in the Snowden archives. The NSA did not seem to mind, because the Israelis were very, very grateful for all the information.

"Throughout all of my discussions – no matter what the tone or subject – ISNU stressed their deep gratitude for the cooperation and support they received from the NSA," the SIDToday article reads.