マレーシアが日本からの違法プラスチックごみを受け取り拒否

米国が発動した対中国経済制裁に対する、中国側の報復措置として、中国がプラスチックごみの引き受けを停止
→日本がASEAN諸国等にプラスチックごみを押しつけ
→ごみ処理能力が間に合わず、現地で問題に
→日本に返却

という流れであり、つまり、中国が日本に科した経済制裁に日本が負けた、中国が勝って日本が負けた、かつ、ASEAN諸国が日本に厳重抗議を申し入れ、日本政府が狼狽したという話なのだが、どの社もそのように書かない。

フィリピンやマレーシアが、カナダや日本を相手に「お前らの汚いごみを我が国に持ち込むとはもってのほか。お前の費用負担で持ち帰れ」とどやしてきて、先進国側が「はいはい仰せの通りにいたします」と返答するのだから、世界は変わった。

最近、私の鼻の奥が焼けるように痛くなり、大量の鼻水が出る。ごみ焼却場でプラスチックごみをどんどん燃やしており、二酸化窒素などの毒ガスが大量発生しているのだと思う。花粉症ではない。



不法輸入のごみ カナダに送り返す フィリピン政府
毎日
5/31(金) 19:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000078-mai-int

 フィリピン政府は5月31日、カナダから2013年と14年に不法に輸入され、港に放置されていたコンテナ69個分のごみを船で送り返した。6月中にバンクーバーの港に到着する見通し。両国はごみの処分を巡って綱引きを続けてきたが、しびれを切らしたドゥテルテ大統領が4月下旬、カナダ側が問題を解決しなければ「宣戦布告する」と警告。5月中旬にはカナダから大使を召還し、外交問題に発展していた。

 問題のごみは、カナダの企業が「リサイクル可能なプラスチック」として持ち込んだ。14年に税関職員がコンテナ内を調べたところ、大半が大人用おむつなどを含む家庭ごみと判明した。ごみが入ったコンテナは以来、港に放置されてきた。

 政府はカナダ政府に引き取りを求めてきたが、カナダ側は当初「民間企業の責任」との立場だった。フィリピン側は5月15日までの引き取りを求めていたが、応じなかったため直後に大使を召還した。カナダ側は22日になり、費用を負担してごみを引き取るための船を準備していると明かしたが、フィリピン側は待たずに送り返した。

 フィリピンのロクシン外相は31日、出港する船の写真に「バイバイ」とコメントを付けてツイッターに投稿した。

 フィリピンなど東南アジアでは近年、ごみの不法輸入が問題化している。中国が17年末にプラスチックごみの原則輸入禁止に踏み切って以降は、処分先に困ったカナダや米国などのごみが大量に持ち込まれ始めた。マレーシア政府も5月末、計3000トンの不法ごみを日本を含めた送り出し国に返すと発表。マハティール首相が「豊かな国のごみを貧しい国に送っていいという発想は受け入れられない」と批判していた。【ジャカルタ武内彩】



違法プラごみ、日本などに返送=最大3000トン-マレーシア
時事
5/29(水) 17:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000090-jij-n_ame

 【クアラルンプール時事】マレーシア政府は29日までに、海外から違法に持ち込まれた450トンの廃プラスチックごみを日本などに送り返すと発表した。

 さらに2550トン分についても調査を進め、違法性が確認できれば強制的に返送する方針。

 強制返送が決まった450トンの廃プラは、日本や中国、米国など7カ国の業者から違法に輸入されていた。いずれも、リサイクル用途とした申告とは異なり、汚れていて資源として再利用できない状態だった。 

iPhoneがあなたの個人情報を漏洩している ワシントンポスト紙

知ってた速報。スマホがスリープ状態でも、データは筒抜け。



It’s the middle of the night. Do you know who your iPhone is talking to?

Apple says, “What happens on your iPhone stays on your iPhone.” Our privacy experiment showed 5,400 hidden app trackers guzzled our data — in a single week.

By Geoffrey A. Fowler
Technology columnist
May 28
https://www.washingtonpost.com/technology/2019/05/28/its-middle-night-do-you-know-who-your-iphone-is-talking/?utm_term=.faee043fd275&noredirect=on

It’s 3 a.m. Do you know what your iPhone is doing?

Mine has been alarmingly busy. Even though the screen is off and I’m snoring, apps are beaming out lots of information about me to companies I’ve never heard of. Your iPhone probably is doing the same — and Apple could be doing more to stop it.

On a recent Monday night, a dozen marketing companies, research firms and other personal data guzzlers got reports from my iPhone. At 11:43 p.m., a company called Amplitude learned my phone number, email and exact location. At 3:58 a.m., another called Appboy got a digital fingerprint of my phone. At 6:25 a.m., a tracker called Demdex received a way to identify my phone and sent back a list of other trackers to pair up with.

And all night long, there was some startling behavior by a household name: Yelp. It was receiving a message that included my IP address -— once every five minutes.

[What you can do to limit app tracking: 5 privacy tips]

Our data has a secret life in many of the devices we use every day, from talking Alexa speakers to smart TVs. But we’ve got a giant blind spot when it comes to the data companies probing our phones.

You might assume you can count on Apple to sweat all the privacy details. After all, it touted in a recent ad, “What happens on your iPhone stays on your iPhone.” My investigation suggests otherwise.

IPhone apps I discovered tracking me by passing information to third parties — just while I was asleep — include Microsoft OneDrive, Intuit’s Mint, Nike, Spotify, The Washington Post and IBM’s the Weather Channel. One app, the crime-alert service Citizen, shared personally identifiable information in violation of its published privacy policy.

And your iPhone doesn’t only feed data trackers while you sleep. In a single week, I encountered over 5,400 trackers, mostly in apps, not including the incessant Yelp traffic. According to privacy firm Disconnect, which helped test my iPhone, those unwanted trackers would have spewed out 1.5 gigabytes of data over the span of a month. That’s half of an entire basic wireless service plan from AT&T.

“This is your data. Why should it even leave your phone? Why should it be collected by someone when you don’t know what they’re going to do with it?” says Patrick Jackson, a former National Security Agency researcher who is chief technology officer for Disconnect. He hooked my iPhone into special software so we could examine the traffic. “I know the value of data, and I don’t want mine in any hands where it doesn’t need to be,” he told me.

In a world of data brokers, Jackson is the data breaker. He developed an app called Privacy Pro that identifies and blocks many trackers. If you’re a little bit techie, I recommend trying the free iOS version to glimpse the secret life of your iPhone.

Yes, trackers are a problem on phones running Google’s Android, too. Google won’t even let Disconnect’s tracker-protection software into its Play Store. (Google’s rules prohibit apps that might interfere with another app displaying ads.)

[Help Desk: Ask our tech columnist a question]

Part of Jackson’s objection to trackers is that many feed the personal data economy, used to target us for marketing and political messaging. Facebook’s fiascos have made us all more aware of how our data can be passed along, stolen and misused — but Cambridge Analytica was just the beginning.

Jackson’s biggest concern is transparency: If we don’t know where our data is going, how can we ever hope to keep it private?

Patrick Jackson, chief technology officer for Disconnect, hooked columnist Geoffrey A. Fowler's iPhone into software so they could examine the personal data flowing out of the phone. (James Pace-Cornsilk/The Washington Post)
The app gap

App trackers are like the cookies on websites that slow load times, waste battery life and cause creepy ads to follow you around the Internet. Except in apps, there’s little notice trackers are lurking and you can’t choose a different browser to block them.

Why do trackers activate in the middle of the night? Some app makers have them call home at times the phone is plugged in, or think they won’t interfere with other functions. These late-night encounters happen on the iPhone if you have allowed “background app refresh,” which is Apple’s default.

With Yelp, the company says the behavior I uncovered wasn’t a tracker but rather an “unintended issue” that’s been acting like a tracker. Yelp thinks my discovery affects 1 percent of its iOS users, particularly those who’ve made reservations through Apple Maps. At best, it is shoddy software that sent Yelp data it didn’t need. At worst, Yelp was amassing a data trove that could be used to map people’s travels, even when they weren’t using its app.

A more typical example is DoorDash, the food-delivery service. Launch that app, and you’re sending data to nine third-party trackers — though you’d have no way to know it.

App makers often use trackers because they’re shortcuts to research or revenue. They run the gamut from innocuous to insidious. Some are like consultants that app makers pay to analyze what people tap on and look at. Other trackers pay the app makers, squeezing value out of our data to target ads.

[Hands off my data! 15 default privacy settings you should change right now.]

In the case of DoorDash, one tracker called Sift Science gets a fingerprint of your phone (device name, model, ad identifier and memory size) and even accelerometer motion data to help identify fraud. Three more trackers help DoorDash monitor app performance — including one called Segment that routes onward data including your delivery address, name, email and cell carrier.

DoorDash’s other five trackers, including Facebook and Google Ad Services, help it understand the effectiveness of its marketing. Their presence means Facebook and Google know every time you open DoorDash.

The delivery company tells me it doesn’t allow trackers to sell or share our data, which is great. But its privacy policy throws its hands up in the air: “DoorDash is not responsible for the privacy practices of these entities,” it says.

All but one of DoorDash’s nine trackers made Jackson’s naughty list for Disconnect, which also powers the Firefox browser’s private browsing mode. To him, any third party that collects and retains our data is suspect unless it also has pro-consumer privacy policies like limiting data retention time and anonymizing data.

Microsoft, Nike and the Weather Channel told me they were using the trackers I uncovered to improve performance. Mint, owned by Intuit, said it uses an Adobe marketing tracker to help figure out how to advertise to Mint users. The Post said its trackers were used to make sure ads work. Spotify pointed me to its privacy policy.

Privacy policies don’t necessarily provide protection. Citizen, the app for location-based crime reports, published that it wouldn’t share “your name or other personally identifying information.” Yet when I ran my test, I found it repeatedly sent my phone number, email and exact GPS coordinates to the tracker Amplitude.

After I contacted Citizen, it updated its app and removed the Amplitude tracker. (Amplitude, for its part, says data it collects for clients is kept private and not sold.)

“We will do a better job of making sure our privacy policy is clear about the specific types of data we share with providers like these,” Citizen spokesman J. Peter Donald said. “We do not sell user data. We never have and never will.”

The problem is, the more places personal data flies, the harder it becomes to hold companies accountable for bad behavior — including inevitable breaches.

As Jackson kept reminding me: “This is your data.”

A billboard advertising Apple's iPhone privacy is displayed during CES 2019 in Las Vegas. (David Becker/Getty Images)
The letdown

What disappoints me is that the data free-for-all I discovered is happening on an iPhone. Isn’t Apple supposed to be better at privacy?

“At Apple we do a great deal to help users keep their data private,” the company says in a statement. “Apple hardware and software are designed to provide advanced security and privacy at every level of the system.”

In some areas, Apple is ahead. Most of Apple’s own apps and services take care to either encrypt data or, even better, to not collect it in the first place. Apple offers a privacy setting called “Limit Ad Tracking” (sadly off by default) which makes it a little bit harder for companies to track you across apps, by way of a unique identifier for every iPhone.

And with iOS 12, Apple took shots at the data economy by improving the “intelligent tracking prevention” in its Safari web browser.

[Alexa has been eavesdropping on you this whole time]

Yet these days, we spend more time in apps. Apple is strict about requiring apps to get permission to access certain parts of the iPhone, including your camera, microphone, location, health information, photos and contacts. (You can check and change those permissions under privacy settings.) But Apple turns more of a blind eye to what apps do with data we provide them or they generate about us — witness the sorts of tracking I found by looking under the covers for a few days.

“For the data and services that apps create on their own, our App Store Guidelines require developers to have clearly posted privacy policies and to ask users for permission to collect data before doing so. When we learn that apps have not followed our Guidelines in these areas, we either make apps change their practice or keep those apps from being on the store,” Apple says.

Yet very few apps I found using third-party trackers disclosed the names of those companies or how they protect my data. And what good is burying this information in privacy policies, anyway? What we need is accountability.

Getting more deeply involved in app data practices is complicated for Apple. Today’s technology frequently is built on third-party services, so Apple couldn’t simply ban all connections to outside servers. And some companies are so big they don’t even need the help of outsiders to track us.

The result shouldn’t be to increase Apple’s power. “I would like to make sure they’re not stifling innovation,” says Andrés Arrieta, the director of consumer privacy engineering at the Electronic Frontier Foundation. If Apple becomes the Internet’s privacy police, it could shut down rivals.

Jackson suggests Apple could also add controls into iOS like the ones built into Privacy Pro to give everyone more visibility.

Or perhaps Apple could require apps to label when they’re using third-party trackers. If I opened the DoorDash app and saw nine tracker notices, it might make me think twice about using it.

高血圧の基準値は据え置きも管理は厳格化へ、治療ガイドライン改訂

降圧剤を飲まされて、具合悪くなっている人、多いよ。投薬対象者が増えるから、製薬会社が喜びそうな政策。



高血圧の基準値は据え置きも管理は厳格化へ、治療ガイドライン改訂
Diamond Online
5/29(水) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190529-00203868-diamond-soci

 先日、日本高血圧学会から「高血圧治療ガイドライン2019」が公表された。

 世界の高血圧治療は一時の「緩やかな降圧」から一転、「厳格に管理」の流れにある。一昨年25年ぶりに改訂された米国のガイドライン(GL)では、高血圧の基準値を従来の140/90mmHgから、130/80mmHgへ変更。同じ値を採用してきた日本の動向が注目されていた。

 最終的に改訂GLでは、高血圧の基準値こそ従来の140/90mmHgに据え置かれたが、成人の降圧目標値を10mmHg引き下げ、75歳未満の成人は130/80mmHg未満に、75歳以上は140/90mmHg未満としている。

 いたずらに「高血圧人口」を増やすことを避けた一方、降圧目標値を厳しくすることで「早め、早め」の対策を推奨したのだろう。

 ちなみに、降圧目標値の根拠となった複数の調査研究では「高血圧とはいえないが、高めの要注意血圧(正常高値血圧)」とされた120~139/80~89mmHgに相当する人は、いずれは高血圧になる確率が高く、120/80mmHg未満と比較して脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが高いという結果が示されている。

 従ってこの春の健診で「正常血圧」とされた人も、念のため数値を確かめてみよう。もし正常高値血圧だった場合は、食事を見直すことから始めてみるといい。

 その第一歩は減塩だ。現在、改訂作業中の「日本人の食事摂取基準」では、1日当たりの食塩摂取目標量が現在より0.5グラム厳しくなる見込み。18歳以上の男性なら1日7.5グラム未満、同女性は6.5グラム未満である。

 「厳しいなあ」と思うかもしれないが、日本高血圧学会が推奨する1日当たりの食塩摂取量は男女とも6グラム未満、世界保健機関に至っては5グラム未満だ。「減塩・降圧」の流れは止まらないだろう。

 減塩食を美味しく食べるコツは酸味(酢やレモン)、辛味(唐辛子など)、香味スパイスや昆布のうま味で物足りなさを補うこと。ただし、これからの梅雨~夏季は脱水症リスクが高まるので「ほどほど減塩」から慣らしていこう。



最高血圧130未満に 目標引き下げ 日本高血圧学会
NHK News
5月29日 18時24分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190529/k10011933961000.html

高血圧が原因となる脳卒中や心臓病のリスクを下げるため、日本高血圧学会は、治療のガイドラインを改定し、目標の血圧を、75歳未満ではこれまでの最高血圧140未満から130未満にするなど引き下げました。これによって、血圧を目標値に下げる治療が必要な患者は1700万人に上るとみられています。
高血圧は、血管や心臓に負担をかけるために脳卒中や心臓病を引き起こす最も大きな要因と言われています。

日本高血圧学会はガイドラインで、高血圧と診断して治療を開始する基準の値を最高血圧140以上、最低血圧90以上と定めていて、治療中の患者は国民のおよそ5人に1人に当たる2400万人いるとされています。

こうした中、日本高血圧学会は、治療を始めた患者が目標とする血圧の値を引き下げる治療のガイドラインの改定を行いました。

75歳未満の成人の患者では、目標とする血圧の値を最高血圧130未満、最低血圧80未満と、いずれもこれまでより10ずつ引き下げました。

また75歳以上の患者では、最高血圧を140未満とこれまでよりも10引き下げ、最低血圧はこれまでと変えず90未満としました。

学会によりますと、これにより脳卒中や心臓病を発症するリスクは10%から20%余り下がるということです。

これまでのガイドラインでは、治療の目標値を達成していた500万人程度が目標値に達していないことになり、今回の改定で血圧を目標値に下げる治療が必要な患者は合わせておよそ1700万人に上るとみられています。

高血圧の治療は食事や運動など生活習慣の改善を行いますが、十分に下がらない場合には血圧を下げる薬が処方されています。

日本高血圧学会の伊藤裕理事長は「今回の改定は、生死に関わる重大な病気のリスクを下げることにつながる」と話しています。

引き下げの背景は
高血圧が原因とみられる脳卒中や心臓病で死亡する人は、年間およそ10万人に上ると推計されていて、血圧をどこまで下げれば脳卒中や心臓病を発症するリスクを抑えられるのか研究が進められてきました。

日本高血圧学会によりますと、国内外で行われた14の臨床研究のデータを解析した結果、高血圧の患者が、最高血圧140未満、最低血圧90未満の場合と、それより10ずつ低い最高血圧130未満、最低血圧80未満に下げた場合では、脳卒中の発症リスクが22%、心臓病の発症リスクが14%抑えられることがわかったということです。

ヨーロッパでは去年、今回の日本と同じように治療の目標値を引き下げたほか、アメリカではおととし、高血圧の診断基準を最高血圧130以上、最低血圧80以上に引き下げています。

日本高血圧学会の伊藤裕理事長は「血圧を従来の目標値よりさらに下げたほうが、生死に関わる病気の発症を抑えられることがわかってきた。多くの国が診断基準や治療の目標値を引き下げる方向になっている」と話しています。

また、学会は高血圧として治療が必要な人は国民のおよそ3人に1人にあたる4300万人いると試算していて、50歳代では男性のおよそ6割、女性のおよそ4割、70歳代では男女ともにおよそ7割にのぼるということです。

このうち、1900万人は治療を受けていないとみられていて、学会はこうした人たちに治療を届けることも課題だとしています。

専門家「生活習慣の改善が重要」
血圧を下げる薬には腎臓などに障害が起きる副作用が報告されているほか、薬が効きすぎて血圧が下がりすぎるとふらついて転倒するなどのリスクがあることが指摘されていて、専門家は生活習慣の改善で血圧を下げることが重要だと指摘しています。

高血圧などの生活習慣病と予防医学に詳しい新潟大学名誉教授の岡田正彦医師は「高血圧の治療は、できるだけ薬に頼らず、減塩や運動といった生活習慣の改善を行うことが重要で、患者さんも自宅で習慣的に血圧を測り、血圧の上がりすぎだけでなく下がりすぎにも注意しながら数値を記録して、医師と薬の量などについて適切か相談しながら治療を行ってほしい」と話しています。

「可能性が高い」「ほぼ確実」 CIA宣伝部隊が好む表現

‘Highly likely’ is the new evidence: Five times Western officials had no proof but media fell for it
29 May, 2019 20:07
https://www.rt.com/news/460585-us-uk-highly-likely-russia/

When throwing out serious accusations, it’s always good to back up one’s claims with proof, but the need for evidence seems to have gone out the window lately, replaced with assertions like “highly likely” and “almost certainly.”

From the serious to the absurd, the list of crimes and oddities which Western governments and experts have assigned blame for sans evidence or investigation, seems to be growing exponentially in recent years.

The media, which could have learned a thing or two from the illegal invasion of Iraq – a war launched based on fabricated evidence – seems to be fairly accepting of the lax standards.

Here’s five times the mere say-so of authorities was enough to pin blame.

Iran ‘almost certainly’ attacked Saudi tankers

US National Security Advisor John Bolton claimed this week that Iran was “almost certainly” behind a recent attack on ships, including two Saudi oil tankers, in the Gulf of Oman. Not one for detail, Bolton declined to offer actual evidence to back up the allegation.

The tankers incident happened shortly after the US claimed (also without offering evidence) that Iran might be preparing to attack US interests in the region – a claim that was immediately parroted by a CNN reporter, who was summarily schooled by Twitter users reminding her that war-enthusiasts like Bolton perhaps aren’t the best sources of truthful information.

The media should disregard any statements by John Bolton claiming to have intel on #Iran. His record on both intel and Iran is that bad. https://t.co/oCahVhOzEC
— Max Abrahms (@MaxAbrahms) May 29, 2019

‘Highly likely’ Russia poisoned Skripal

British Prime Minister Theresa May barely waited until the doctors had examined Sergei and Yulia Skripal before accusing Russia of being behind their poisoning last March. May quickly rallied Western governments, prompting a mass expulsion of Russian diplomats without providing any actual evidence of Moscow’s guilt. She emphatically told Parliament that Russia was“highly likely” the culprit. Mainstream media, of course, instantly jumped on that bandwagon and dissenting voices were banished from the airwaves.

In April, Western media was hysterical over the discovery of a Beluga whale “with suspected Russian military ties.” The whale, spotted by a fisherman in Norwegian waters, was wearing a harness, which led to suggestions that some nefarious Russian activity was going on. One expert at the Arctic University of Norway in Tromsoe took a leaf out of the CIA’s book, telling the media that the whale was “most likely” trained by Russia for military purposes. The claim was repeated ad nauseam until it was countered by another Norwegian report that the whale could actually have been trained to entertain children. Oops!?

This is the fourth piece the @guardian has published about this absurd Russian spy beluga whale story. Yet still nothing about the @ceprdc study finding US sanctions responsible for 40,000 deaths in Venezuela.https://t.co/q8L5yH4YyY
— John McEvoy (@jmcevoy_2) May 2, 2019

Assad ‘highly likely’ responsible for Douma

Syrian President Bashar Assad was “highly likely” responsible for a chemical attack on the city of Douma in 2018, according to the British government. The incident was used as an easy pretext for US, British and French bombing in Syria. Surely, they would never lie to us? Well, a report leaked by OPCW engineers earlier this month contradicts the official narrative on the Douma attack, its findings implying that it could have been a staged provocation designed to justify Western bombing.

Some people on here think a leaked OPCW report that challenges the rationale for US military strikes on Syria is unworthy of coverage; & that an eminent MIT physicist is unworthy of being interviewed on the topic. We have different ideas of what journalism is about.
— Aaron Maté (@aaronjmate) May 26, 2019

NotPetya cyber attack ‘almost certainly’ Russia

Both the US and British governments also blamed Russia (surprise!) for the so-called NotPetya cyber attack which hit companies and government systems around the world in 2017, with London saying Moscow was "almost certainly" behind it.

Several Russian companies were also targeted in the attack and officials never gave evidence or explained why the attack was instantly blamed on Russia.

But, while government officials, experts and the media often happen to point the finger without evidence, it's "highly likely" that they aren't always correct.

消費者金融アイフルがジャンク債を発行 日本の債券で史上初

Japan Is About To Sell Its First Ever Junk Bond... With A 1% Coupon
05/29/2019
https://www.zerohedge.com/news/2019-05-29/japan-about-sell-its-first-ever-junk-bond-1-coupon

While corporate bond yields have been plumbing ever lower lows in the yield-starved "New Normal", prompting even the world's largest bond fund Pimco to warn that this is the riskiest credit market ever, Japan is about to deliver the proverbial "hold my beer" moment to the entire world.

Aiful, the consumer lender which almost went bankrupt a decade ago, is preparing to sell Japan’s first ever yen-denominated "high yield" - and in this case we use the term very, very loosely - in the public markets, showing how desperate for yield local investors are, and how much risk they are willing to take in exchange for virtually no return, as negative interest rates have now become the new normal.

What is most remarkable about the bond sale in the country where the 10Y yield has been trading mostly in negative territory for over half a decade, is that the 18 month yen junk bond is set to price on Friday with a coupon of, wait for it, 1%.

Another unique aspect of the upcoming issuance is that it is taking place in the first place. As Bloomberg notes, the junk bond offering will be historic for Japan's bond market, where companies haven’t felt compelled to sell below investment grade notes as they’ve traditionally had close ties with banks, who tend to be more forgiving than bondholders in tough times.

While few expect the offering to trigger an avalanche of junk bond issuance in conservative Japan, recent regulatory changes have raised the possibility that the country could eventually develop such a market.




【起債評価】「実力黒字」のアイフル、環境変化で12年ぶり公募復活
Bloomberg
5/29(水) 5:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-76300000-bloom_st-bus_all

(ブルームバーグ): 消費者金融アイフルが公募で日本初のハイイールド債(低格付け債)を発行する。利息返還請求が減少基調となる中、同社にとって実質12年ぶり公募での起債となる。

アイフルの19年3月期は経常利益と利息返還引当金繰り入れから取り崩しを差し引いた「実力」が黒字に転換。20日には資本金を減少させ、2010年3月期以来、欠損となっていた株主配当の原資となる利益剰余金を補填(ほてん)すると発表した。こうした業績改善もあって、財務部の沼田欣也財務課長は「外部格付けや調達環境がこの1年でだいぶ環境が変わってきた」と話す。

アイフルの格付けは昨年8月の格付投資情報センターが「BB-」に2段階引き上げたのに続き、同年11月には日本格付研究所も「BB」に格上げした。依然、投機的等級ではあるが、金融機関からの追加や新規の借り入れが可能になるなど、資金調達の選択肢も広がってきた。選択肢は1つより、複数ある方が調達の条件では有利に働く。

昨年4月に、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がBB以下でも投資できるよう基準を緩和したことや、長引く超低金利下で投資家がリスク志向を強めていることも背景にある。アイフルは昨年9月には約1年2カ月ぶりに私募債発行し、超過需要により発行予定を50億円上回る200億円を調達し投資家ニーズを確認した。

沼田氏は「先入観として投資適格に戻らなければ公募社債は出せないと思っていた。出すなら公募という思いはあったが、環境が変わったので思っていたより早まった」と話す。今回発行するのは、投資家も検討しやすい短めで昨年9月発行の私募債との償還時期が重ならない1.5年債。発行額は150億円で、沼田氏は「多く集めるというより継続的に発行できる金額」を設定したという。



アイフル:日本初ハイイールド公募債、1.5年-5月下旬にも起債
Bloomberg
4/19(金) 17:06配信

(ブルームバーグ): 消費者金融のアイフルが日本初のハイイールド債(低格付け債)を公募する。世界的な低金利環境が日本に新たな市場をもたらした。

アイフル債の年限は1.5年で発行額は未定。利率などの発行条件は5月下旬にも決定する。主幹事の野村証券が資料で明らかにした。アイフルの発行体格付けは、格付投資情報センター(R&I)が「BB-」、日本格付研究所(JCR)は「BB」で、ともに投機的等級になる。発行登録枠は400億円を確保しているが、関係者によると発行額は150億円前後で利率は1%程度の見通しだ。

アイフルは私募で3年債を昨秋に起債していたが、投機的等級の日本企業が公募で社債を発行する例は過去になかった。世界的に低金利環境が長引く中で、投資家は期間リスクに加えて信用リスクをとって少しでも高い利回りを求めている。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は国内債投資格付け基準を投資適格のBBB格以上からBB格以下に昨年4月から緩和している。    朝日ライフアセットマネジメントの大芦尚広シニアファンドマネジャーはアイフルのハイイールド債について、顧客との契約上で投資適格を投資先としているとしながら「買える投資家には優良な投資先になりうる」と話した。消費者金融セクターはキャッシュフローが見やすく、償還の確実性や今後の展望を見ても悪くないとしている。別の投資家は素晴らしいと評価した上で、プロミスなどの消費者金融が銀行の傘下に入り直接調達が必要なくなった中で妙味を十分に出してくれると述べた。私募と比べてどのくらい投資家層が広がるかに注目しているとしている。

アイフル財務部IR広報課の松元宏太課長は、公募債を起債する背景として「私募債で収益性などを評価していただき投資家ニーズが確認できた」と語った。

皇后さま、笑顔で国際親善デビュー 晩餐会後の懇談会出席は16年ぶり

「16年ぶり」って簡単に言わないでほしい。

天皇陛下主催晩餐会と言ったって、事前準備、当日の人員配置とバックアップ要員、終わってからの片付けの全てを部下がやり、両陛下ご本人がタッチするわけではない。人数が足りなければ予算を付け、関係省庁から必要数をかき集めて対応する。

両陛下には事前に詳細なマニュアル(台本)が渡され、行事全体のうち限られた場面の限られた役割だけをそつなくこなしていただければ済むように設計されている。

雅子様は、伝統衣装も結構だけど、洋装が似合う美人でいらっしゃるし、面倒な作業は全て家来が準備してくれるのだから、もっと表にお出ましになればいいのにとずっと思っていた。精神病だから、疲れるからという理由で、公務を片っ端から断ることにしている実態があっても、「まあ精神病というならば・・・仕方がないなぁ」という感じで受け止めていた。

ところが長年の沈黙を突然破って登場し、米国の現職大統領接待という、想定される公務のうち一番神経を使うお務めを最初から最後までそつなくこなした。

あんまり言いたくないけど、ずっと仕事をしてこなかった中年女性が、更年期障害のまっただ中に突然職場に現れ、一番複雑な仕事をそつなくこなすってあり得ますか?そんな可能性、わずかでもありますか?可能性ゼロでしょうよ。

今までずっと公務を断ってきたのは、仮病だったわけ?こういうのは許されるんですか?一連の賞賛報道に納得している国民は頭おかしいと思う。私は納得できないね。私が納得できるまで、誰か説明してください。どうなってるの?



皇后さま、笑顔で国際親善デビュー
産経
5/27(月) 20:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000585-san-soci

 米ハーバード大を卒業後に外交官として活躍するなど、海外での豊富な経験をお持ちの皇后さま。特に幼少期や高校・大学時代を過ごした米国との関わりは深く、トランプ大統領夫妻との会見や宮中晩餐(ばんさん)会では、流暢(りゅうちょう)な英語でご歓談。晴れやかな笑顔で皇后としての本格的な国際親善デビューを飾られた。

 語学の堪能な皇后さまの国際舞台でのご活躍は、皇太子妃時代から注目されてきた。ご結婚直後の平成5年には、東京サミットの参加国の首脳夫妻らを招いた宮中晩餐会で、各国首脳との会話で英語やフランス語をご披露。病気療養中の近年も、国賓が来日した際の宮中晩餐会などに臨席し、上皇ご夫妻、天皇陛下とともに各国との友好親善を担われてきた。

 今回、大統領夫妻を迎えるにあたり、陛下とともに外務省の関係者らから米国情勢の説明を受けるなど、準備を進められてきた皇后さま。この日午前の歓迎行事では、メラニア夫人と笑顔で言葉を交わしながらエスコートされた。宮内庁によると、その後の会見の席でも通訳を介さず、子供の教育など夫人と共通の話題で歓談を楽しまれたという。夜の宮中晩餐会でも、隣の席のトランプ大統領とにこやかに談笑されていた。



16年ぶり、後席に皇后・雅子さま
TBS News
5/28(火) 5:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190528-00000014-jnn-soci

 来日中のトランプ大統領を歓迎する天皇皇后両陛下主催の宮中晩餐会が、27日夜、皇居で催されました。食後に場所を移して懇談する後席には皇后・雅子さまも16年ぶりに出席されました

 「両国の国民がこれからも協力の幅を一層広げながら、揺るぎない絆を更に深め、希望にあふれる将来に向けて世界の平和と繁栄に貢献していくことを切に願っております」

 27日夜、皇居・宮殿で行われた令和初の宮中晩餐会にはトランプ大統領夫妻を迎え165人が出席しました。晩餐会は、終始和やかな雰囲気で、トランプ大統領から両陛下に対して、象徴天皇制についての質問があると、陛下は、天皇の果たすべき役割などについて説明されていたということです。

 また、食後に場所を移して懇談する後席には16年ぶりに皇后さまも出席し、出席者とにこやかに懇談されていました。(28日00:10)

「紀子さま」父、いわくつき「パチンコ社長」と韓国二人旅 宮内庁が懸念する交遊関係

民団の理事会、役員会で取っ組み合いの喧嘩なんて日常の光景ですよ。自分と異なる意見を述べる人は殴って制圧するのが、韓国人の基本動作。関連記事(2007年11月)

我らが皇室が、この種の人たちと親和性が高いのは問題です。彼らからしたら、「秋篠宮家に浸透するのに成功した」ということになる。

眞子様・小室圭問題は、突然降ってわいた話ではなく、日頃の家庭教育、価値観、方針といったものに根を持つ深刻な問題が内在しているのかもしれない。



「紀子さま」父、いわくつき「パチンコ社長」と韓国二人旅 宮内庁が懸念する交遊関係
デイリー新潮
5/29(水) 17:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190529-00563029-shincho-soci

 天皇・皇后両陛下をお支えする皇嗣家となられてもなお、「小室問題」に解決の兆しがみえない秋篠宮ご一家。昨年の“紀子さま実弟の広告塔トラブル”報道も記憶に新しいが、紀子さまの御尊父の交遊にも、宮内庁は懸念を抱いているという。

 ***

 ご家庭の“外”に降ってわいた紀子さまのお悩みの種について、さる皇室ジャーナリストが解説する。

「昨年の秋以降、紀子さまの実弟であり、東京農業大で准教授を務める川嶋舟さんに関する記事が、複数のメディアで報じられました。それらはいずれも、舟さんが特定の団体のいわば“広告塔”のような役割を担わされているといった内容だったのです」

 ともすれば皇室利用となりかねない点を不安視する声が上がったわけだが、宮内庁にとっての“大いなる懸念”は、紀子さまの父上である川嶋辰彦・学習院大名誉教授の交遊だという。問題のお相手とは、新潟県上越市で遊技業「三井企画」を営む三井慶昭社長(75)だ。

 家業のパチンコ店を継いだ三井社長は、国内初のフランチャイズチェーン展開を行うまでに事業を拡大。地元では名士として知られた存在だという。山歩きが趣味の川嶋氏とは、

「三井さんの『三井企画』の古参役員に、やはり山歩きを趣味とする人がいます。それもあって2人は、かれこれ20年以上前に知り合ったというのです」(川嶋氏と三井社長の共通の知人)

 川嶋氏の交遊をめぐっては、朝鮮総連本部ビル売却問題で名の挙がった池口恵観氏と川嶋氏の密会が、2008年に報じられたこともあった。この2人を結びつけたのも、三井企画の古参役員とされる。

「報じられた直後から宮内庁はこの経緯を把握し、川嶋さんに直接、このような交遊についてはくれぐれも慎重になさるよう苦言を呈したというのです」(川嶋家の事情を知る人物)

 ところが、その苦言もどこ吹く風か、川嶋氏と三井社長は、今年4月にも泊まりがけで韓国を訪れていた……。その深い関係に不安がつきまとうのは、三井社長が過去にさまざまなトラブルを起こした人物でもあるからだ。

 たとえば、三井社長が身を置く在日本大韓民国民団新潟県本部の関係者は、5年前にあった総会で、三井社長が他の役員と言い争いになった“事件”をこう振り返る。

激高した三井さんがテーブルを越えて足を振り上げ、その役員を蹴ってけがを負わせたとして、役員から被害届が出されたのです」

 この点、三井社長本人は「事実無根です」と答えるが、この他にも、東京地検特捜部から家宅捜索を受けた過去もあり、宮内庁が気をもむのもむべなるかな、である。5月30日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

「週刊新潮」2019年6月6日号 掲載

河野太郎外相 人が死んだのに「残念です」って・・・

部下が包丁で体中を滅多刺しにされて死んだとき、「残念」という言葉は軽く聞こえるから、通常使わないと思うけど。あれ?って感じです。

「残念」は、雨が降ったので遠足を中止します、みたいな時に使う。



河野太郎外相、川崎の襲撃事件で亡くなった外務省職員の男性を追悼…「大変優秀な若手職員で、とても残念です」
スポーツ報知
5/29(水) 15:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000120-sph-soci

 河野太郎外相が29日、自身のツイッターを更新。川崎市多摩区のJR登戸駅近くの路上で、同市麻生区に住む岩崎隆一容疑者(51)に刺され死亡した外務省職員の男性を追悼した。

 河野氏は「川崎市の事件で亡くなった小山智史さんは、外務省大臣官房広報文化外交戦略課に所属していました。ミャンマー語の専門家で、閣僚の通訳なども務めていました。大変優秀な若手職員で、とても残念です。故人のご冥福をお祈り申し上げます」と悼んでいた。

首都圏のタワーマンションがパタリと売れなくなった…一時、契約率3割の記録的低水準

日本は長いこと資金流出を続けてますから。



【ビジネス】首都圏のタワーマンションがパタリと売れなくなった…一時、契約率3割の記録的低水準★5
https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1558759165/

158名無しさん@1周年2019/05/26(日) 07:20:50.17ID:q1QxN43P0
しかし海外から帰ると日本人て本当に貧乏になったなとつくづく思う。外食は安い店だけ客が入っているし
スーパーも安売りだらけ


バブルの頃や911の前まで日本人は金持ちが多かった
車も良く売れていたし。今の日本人は仕事で疲れて給料は安いし気持ちの悪い男ばかり
オカマだらけの国になってしまったな。
そのオカマも貧乏のどん底で乞食見たいだし。

日本はアメリカと手を切れ。核を2発も落とされているんだぞ。もっとアメリカに敵対心をもて

163名無しさん@1周年2019/05/26(日) 11:03:10.56ID:elUD1fwx0
>>158
アメリカの属国って、ことごとく貧しくなるんだよな
フィリピン、リベリア、メキシコ、プエルトリコ、枚挙にいとまない
しかも最初の第一世代だけは豊かになるから、なかなか気づけない
アメリカのようになりたいと上も下もこぞってアメリカの真似をして、
なぜか二世代目以降からは底なし沼のように貧しくなり、はいだせなくなる


団塊~バブルは儒教仏教をバッシングして何でも欧米化したがったが
ほんとは戦前に教えてたアレが豊かになる秘訣だったんだよ
今や若い中国人のほうが若い日本人より、ずっと昭和っぽい教育で育ってる
文革って20年ちょいで終わってるから実際は大したダメージにならなかった


174 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/05/26(日) 14:41:11.19 ID:oIQ8qb5w0.net [1/1回]
>>158
まず中国を潰してからなw

176 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/05/26(日) 14:43:16.51 ID:TIBc5aaI0.net [1/2回]
>>158
国の政策が糞だからな。

もう日本はフィリピンレベルだと思ってる。

203 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/05/26(日) 15:30:36.34 ID:VeoQCh3u0.net [2/3回]
>>176
フィリピンは高成長中
日本にもう来ない

中国企業排除は米国の利益を阻害しかねない マイクロソフト

MSが用意した報告書には、ぜひやりましょう、とは書かれていなかったみたいです。



Microsoft WARNS US Crackdown on China's Huawei Could Backfire
14:05 28.05.2019
https://sputniknews.com/business/201905281075407312-microsoft-us-china-huawei/

Earlier this month, a report by the Information Technology and Innovation Foundation issued a warning that a clampdown on US tech exports would put as much as $56 billion in export revenue and 74,000 jobs at risk over the next five years.

In a written submission to the Department of Commerce, US technology giant Microsoft has cautioned that Washington-proposed restrictions targeting Chinese companies risk having the country thrown out of international research collaborations and “could thwart US interests,” reports Bloomberg.

In the wake of the US crackdown on Huawei Technologies Co, Microsoft was asked to suspend supplies of its Windows operating system for many of the Chinese company’s devices.

Bob O'Donnell of the Technalysis Research consultancy said that any ban would impact Microsoft.

“Any version of Windows comes from Microsoft since there is no open-source version.”

GE also came out with a cautionary statement, that said:

“Artificial intelligence is a very broad concept, defined too broadly export controls could sweep up things like medical imaging where algorithms are being used to scan for diseases and in toys.”

CEO of Washington-based security software company Omelas, Evanna Hu, told Bloomberg:

“The more that we continually conflate economic warfare with national security interests, then we start to look at everything as national security. “When you have a hammer, everything looks like a nail.”

Last week the US Department of Commerce put Huawei Technologies and nearly 70 of its affiliates on a blacklist, banning them from buying equipment from US partners without a government go-ahead.

The move prompted several US corporations, including Google and Microsoft as well as major semiconductor makers such as Intel, Qualcomm, Xilinx and Broadcom, to sever their ties with Huawei.

US intelligence agencies have previously accused Huawei of putting “backdoor” access in its devices at the behest of the Chinese government, which allegedly enables Beijing to spy on users.

However, Beijing and Huawei have both vehemently denied the allegations.

One of the main reasons that the US government hit Huawei is its 5G technology that boasts the ability to support a plethora of cutting-edge technologies in almost every industry.

By cutting off the Chinese tech giant — a leading supplier of 5G infrastructure globally — the US will only slow the expansion of 5G, a Bloomberg report says.

The crackdown on Huawei came as fallout from the US-China trade war, which has raged unabated for months.

Industries across the US, ranging from footwear companies to tech giants, are urging US President Donald Trump’s administration to put a damper on certain restrictions and end the raging trade war with China.

On 21 May, 173 shoe companies signed an open letter addressed to Trump, subsequently posting it on the Footwear Distribution and Retailers of America's website. Hot on their heels, tech companies Microsoft, General Electric Co.(GE), and Google's parent company Alphabet Inc expressed their concerns over the export controls Washington is mulling.

The rattled companies argue that fomenting economic warfare with China could impede them from competing in lucrative markets and incapacitate the US’ innovative drive as American companies are so inextricably involved in the global technology supply chain.

Earlier this month, a report by researchers at the Information Technology and Innovation Foundation warned that a clampdown on US tech exports would put as much as $56 billion in exports and 74,000 jobs at risk over five years.

The Trump administration continues to play hardball, as it hiked tariffs on $200 billion worth of Chinese goods on 10 May, threatening tariffs of up to 25 per cent on an additional list of Chinese imports worth about $300 bln.

Despite the offensive targeting Huawei and retaliatory higher tariffs announced by Beijing, trade negotiations between the two countries haven't been abandoned entirely.

オーストリア政府退陣騒ぎはイスラエルの仕業 元ドイツ諜報部高官

米国は中国、イラン、北朝鮮問題で手一杯。ロシアは、今の時期にわざわざ疑われることをするはずがない。中国、中東諸国はオーストリアに関心がない。消去法でイスラエルが残る。

欧州各国で右派が台頭
→反ユダヤ主義が表面化
→EUの政策が反イスラエルに傾く
→イスラエルの生存が脅かされる
→モサドが欧州右派叩き

・・・というストーリー。



German Ex-Spy Chief: Mossad Behind Video Leak That Led to Austria Gov't Collapse
12:04 28.05.2019
https://sputniknews.com/europe/201905281075403985-rudolf-adam-austria-video-leak/

Austrian politics has been rocked by "Ibiza-gate" allegations that the country's vice chancellor was discussing the possibility of a foreign citizen investing into a local newspaper in exchange for favourable media coverage.

Rudolf Adam, a former diplomat and deputy head of Germany's Federal Intelligence Service, claims that the scandal that turned Austria's politics upside down was orchestrated by Israeli secret services.

Writing for the political magazine Cicero, Adam argues that the plan to bring down Vice Chancellor Heinz-Christian Strache with an explosive video leak was unlikely to have been hatched by the United States, which is currently "fully occupied with Korea, Iran and China".

Nor could be Russia behind the "political assassination", as Adam puts it, given that the now-former vice chancellor had been advocating closer ties with Moscow.

No European service "could and should" do such a thing, Adam maintains, while China and the Arab countries appear to have little interest in Austrian domestic politics.

"All that remains is a state that has the human and technical capacities for such an operation and a clear motive: Israel," he continues.

Rufold Adam, who has worked in German embassies in Moscow and in London, points out that Jewish communities in Europe are afraid of a rise in anti-Semitic sentiment and Holocaust denial, which could pose an existential threat to the State of Israel.

He claims that Strache embodies "deep-seated anti-Semitism" and a "trivialisation" of Nazi atrocities, so Israel had to react.

"Israel has a survival interest in the EU pursuing an Israel-friendly policy. This line has already been controversial among EU members. A triumph of political parties close to the FPO could initiate a turnaround here and bring the EU as a whole into a more Israel-critical line," he claims.

Ironically enough, Adam himself was accused of anti-Semitism following the publication of his opinion piece.

According to Israeli newspaper Ynetnews, the Conference of European Rabbis (CER), the foremost Rabbinical alliance in Europe, said that the attempt to blame Israel for Strache's downfall is "reminiscent of classic anti-Semitism" and cannot be ignored.

Two German papers reported on 17 May that Heinz-Christian Strache, the head of the nationalist FPO party, and his assistant Johann Gudenus had discussed offering business dealings to a woman, who later turned out to have Latvian citizenship, in exchange for friendly media coverage.

The conversation presumably took place on Ibiza in the summer of 2017.

The woman was reportedly seeking to invest illegal money into Austria's largest newspaper, the Kronen Zeitung. She was said to have discussed tilting its media coverage in favour of the FPO, effectively boosting its electoral chances in the 2017 general election.

Incidentally, the video was held back for almost two years and surfaced nearly a week before the European Parliament elections. Adam believes it is not a coincidence, given the "unprecedented success" of right-wing parties and that Strache was playing a "central role" in this right-wing bloc with his FPO.

Strache, who did not question the authenticity of the tape but called it a "targeted political assassination", was forced to step down as vice-chancellor and FPO leader. Chancellor Sebastian Kurz scrapped his People's Party's coalition with the FPO, forcing the latter to quit the government.

Kurz himself was forced to resign on Monday after a no-confidence vote in parliament, while his government was dismissed.

米国市場からファーウェイ締め出し…大統領令署名

オランダとイタリアで、ファーウェイ製品のバックドアに関する調査開始ということだが、記事をよく読んだら「今から調べます」であって、「証拠が見つかりました。皆さん見て下さい」ではなかった。いつものCIA流プロパガンダだった。

バックドア、バックドアと鬼の首を取ったみたいに大騒ぎしているが、私の知る限り、バックドアの累積件数がダントツで多いIT製品はWindowsだ。ファーウェイ社とどちらが脅威なのか、改めて議論する必要性はないだろう(苦笑)。

中国株は少し下げているが、外国為替市場を覗いてみたら、ドル人民元レートはヨコヨコで、特に影響を受けた様子はない。

平行して米国からいじめられているイランについても、ドル・イランリヤール相場はずっとヨコヨコ。去年いじめられた時は、大幅な切り下げを余儀なくされたが、今年のやかましいニュースは相場に影響を与えていない。両国とも、外貨受給については、なんとかバランスを取っている。

今のところ、大声で騒いでいるのはニュースだけのようだ。

世界中の企業が、何が制裁対象で何が対象でないのか、米国商務省に詳細を問い合わせ中だと思うので、米国の担当役人は大混乱しているはず。

教科書的には、このまま進めば、物・サービスの取り引き、金融取引が縮小し、世界同時不況に転換する恐れがある。こういうときに、やったやったと陽気に騒いでいるのは、不況になっても収入が減らない公務員スパイ(扇動役)だとすぐわかる。あなたの周りはいかがですか?民間はそうはいかない。



米大統領、安保リスクある機器使用を企業に禁止 ファーウェイ念頭に
BBC日本語
5/16(木) 12:08配信

アメリカのドナルド・トランプ大統領は15日、同国の安全保障にとってリスクのある外国企業の通信機器を、米企業が使うことを禁止する大統領令に署名した。

トランプ氏は特定の企業を名指しはしていない。しかし、アナリストたちは大統領令について、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を念頭に置いたものとみている。

トランプ氏は、アメリカのコンピューターシステムをめぐる非常事態だとの考えを強調した。

「外国の敵たちから守る」ホワイトハウスは声明で、大統領令は「情報・通信技術のインフラとサービスに積極的かつ急速に脆弱性をつくり出し、それを悪用している外国の敵たちからアメリカを守る」のが目的だと説明した。

また、この大統領令により、商務長官は「安全保障上、許容できないレベルの脅威をもたらす取引を禁止」する権限を持つとした。

連邦通信委員会のアジト・パイ委員長は、大統領令について、「アメリカの通信網の安全を確保する大きな前進だ」と歓迎する声明を発表した。

安保リスクがある外国企業にファーウェイを追加アメリカをはじめ多くの国々が、ファーウェイ製品は中国政府による情報収集に利用され得るとの懸念を示している。一方、ファーウェイはそうした見方を全面的に否定している。

アメリカはすでに、政府機関でファーウェイ製品の使用を制限しており、同盟国にも同様の措置を求めている。商務省は15日、安全保障上の懸念がある外国企業のリストにファーウェイを追加。同社が米国企業の技術を政府の許可なく入手するのを禁止した。

オーストラリアとニュージーランドは、ファーウェイ製品を次世代通信システム5Gに接続できないようにしている。

「規制は米国に悪影響」一方、ファーウェイは16日、声明を発表。「アメリカでファーウェイのビジネスを規制しても、同国を安全にも強くもしない。アメリカは技術的に劣る、より高額な代用機器を使うことになり、5Gにおいて遅れを取り、ゆくゆくは同国の企業と消費者たちに悪影響を及ぼすことになる」とした。

さらに、ファーウェイに対する「不当な規制」は「他の深刻な法的問題」を招くと述べた。

ファーウェイの梁華会長は14日、同社がスパイ行為に関与しないとする取り決めを外国政府と交わす用意があるとの考えを明らかにしている。

来月大阪で米中首脳が会談か中国とアメリカ間の貿易をめぐる緊張が高まる中、トランプ氏の大統領令は中国の反発を招くことが予想される。

トランプ氏は、来月大阪で開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、中国の習近平国家主席と会談する意向を明らかにしている。

一方、中国外務省の耿爽報道官は、トランプ氏と習氏が「さまざまな手段で連絡を維持している」と述べた。

(英語記事 Trump declares emergency over IT threats)



オランダでファーウェイ製品の「バックドア」発見、政府が調査
Forbes Japan
5/20(月) 10:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190520-00027317-forbes-sci

米ドナルド・トランプ大統領は5月15日、米国企業に対し、安全保障上の脅威となる外国企業の通信機器の調達を禁止する大統領令に署名した。ここで述べられた「外国企業」が中国のファーウェイを指していることは明白だ。

それから24時間も経たないうちに、オランダの諜報機関AIVDが、ファーウェイに対する調査を開始したと現地メディアのVolkskrantが報じた。ファーウェイには、オランダでの中国のスパイ活動に関与した疑いがもたれているという。

記事は関係筋の情報として、「ファーウェイはオランダの大手通信キャリア3社のうち1社のデバイスに、バックドアを潜ませ、データを収集していた疑いがある」と伝えている。AIVDは、これらのバックドアと中国政府のスパイ活動の関連を調査中という。

AIVDや通信キャリアは、コメントを避けている。「当局は報道された件を肯定も否定もしない。進行中の案件に関わる質問には回答しない」とAIVDはVolkskrantの取材に応えた。

トランプの大統領令への署名を受けて、米国商務長官のウィルバー・ロスは「この命令は外国の諜報機関による、米国の国家機密の略奪を防ぐためのものだ」と述べた。オランダの諜報機関が、素早い反応を見せたことは彼らにとって非常に喜ばしいはずだ。

米国は昨年から中国の通信機器メーカーに対する危機感を高めており、とりわけファーウェイを問題視してきた。欧州は米国がファーウェイの追放を目指す上で、非常に重要な拠点だ。

先日、ロンドンを訪問したマイク・ポンペオ米国務長官は「米国の同盟国の間にセキュリティの不備があるとしたら、国同士の信頼が損なわれる。西側諸国の同盟関係にヒビを入れることが、中国の望みだ」と述べていた。

ポンペオはさらに「米国にはアメリカ企業が活動を行う国で、セキュリティ上のリスクが発生していないことを確認する義務がある」とも述べていた。

イタリアでも「バックドア」が発見との報道

AIVDはかつて「我が国にセキュリティ上の脅威を与えようとする国の企業が製造した、ハードやソフトを用いることは危険だ」と警告していた。これは、中国やロシアを指した発言だと思える。

さらに、ブルームバーグは4月30日の記事で、「ボーダフォンが2011年から2012年にかけてイタリアで導入したファーウェイの通信デバイスに、バックドアが見つかった」と報じていた。ただし、ボーダフォンはこの報道に対し「これはバックドアではなく、単なるセキュリティ上の欠陥だ」と後に述べ、ブルームバーグの報道を否定した。

仮に今回の報道が事実であるとすれば、ファーウェイはイタリアで疑惑が持たれたのと同様の行為をオランダでも行っていたことになるが、それを証明するためには何らかの証拠が必要になる。

いずれにせよ、トランプの大統領令が英国やその他の欧州諸国にさらなる頭痛のタネを与える中で、今回の事態はさらに問題を悪化させる可能性がある。

[訂正]初出時に「オランダの大手通信キャリア3社のデバイスに」としていた部分を、「大手通信キャリア3社のうち1社のデバイス」に訂正しました。また、「イタリアで導入したファーウェイの通信デバイスに、バックドアが見つかった」とブルームバーグが報道した件について、その後、ボーダフォン側が「この報道は事実と異なる」と否定した件を追記しました。



ナイキ、アディダスが米に抗議 対中関税、「貿易戦争終結を」
共同
5/21(火) 10:37配信

 【ニューヨーク共同】米ナイキやドイツのアディダス、アシックスの米法人といったスニーカーやスポーツシューズを扱う約170社は20日、中国からの靴類を含む輸入品に対する追加関税が「米国の消費者、企業、経済に壊滅的な影響を与える」として、トランプ米大統領に「貿易戦争を終わらせる時だ」と抗議する公開書簡を出した。

 トランプ政権は13日、中国への制裁措置「第4弾」として靴や携帯電話といった消費者に身近な製品を含む輸入品3千億ドル(約33兆円)分に最大25%の追加関税を課すと発表。発動されれば、スニーカーなどが値上がりし、経営に悪影響が及ぶとの警戒感が強まった。

対テロ作戦に日本人女性=イスラエル在住の清水軍曹

へぇ、ゴラン高原で特殊業務に分類される医療活動をやっているんだ。シリア領で負傷したIS戦闘員をイスラエル側で引き取り、治療を施した上でシリア領に戻すという「特殊業務」をやっていたのは、あなたでしたか。へぇ。ふうん。

何だか、賞賛すべき人物であるかのように紹介しているけど、もしもし、脳みそ大丈夫ですか?「ゴラン高原はシリア領であり、イスラエルが不法に軍事占領している」というのが、国際法上の基本的解釈ですよ。

国際法を真っ向から否定する行為をするのに、「日本人」を語るのは止めてもらえませんか?お前一人のせいで、私たち全員の評価が下がる。ハーフみたいだけど、日本国籍を捨てるのに22才の誕生日直前まで待たなければならないなんて、国籍法には書いてないから。今すぐ日本国籍を捨てなさい。



対テロ作戦に日本人女性=イスラエル在住の清水軍曹
時事
5/15(水) 8:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000029-jij-m_est

 【ケラ(ゴラン高原)時事】イスラエル軍の対テロ作戦を担うギバティ旅団の戦闘部隊に、同国の市民権を持つ日本人女性、清水真優軍曹(21)が兵役で所属している。

 清水さんは14日、イスラエルの占領地ゴラン高原にあるケラ宿営地で取材に応じ、「軍に参加する以上、最前線に身を置いてベストを尽くしたい」と、対テロ戦を担う決意を強調した。

 清水さんは、最近まで過激派組織「イスラム国」(IS)が強い勢力を誇っていたシリアとの境界地帯などで特殊任務を遂行。「だいたい毎週、何らかの作戦に従事している」という。

 父親が日本人、母親はイスラエル人(ユダヤ人)。幼少期を東京で過ごした後、イスラエルで暮らす。兵役では医療隊員として訓練を受けた上、2018年1月に戦闘部隊に配属された。同世代の日本人の多くは学生などとして平和な生活を送っているが、「イスラエルで人々が平和に暮らすには軍が必要だ」と語り、危険な場所での任務に「ためらいはない」と断言した。

 戦闘部隊には通常、医療要員も含めて男性が配属される。しかし、精神力と身体能力を評価され、軍によると、同旅団の戦闘部隊に所属する初の女性となった。9日には、ごく一部の優秀な兵士のみに与えられる大統領表彰を受けた。

 兵役は今年11月に期間満了となるが、軍から任期延長を要請されている。将来は医学の道に進みたい考えだ。兵役後の日本旅行も楽しみにしており、「北海道の雪祭りに行きたい」と笑顔を見せた。

 清水さんが日本メディアの取材を受けたのは初めて。やりとりは軍関係者立ち会いの下、英語で行われた。 

朝鮮総連「破壊活動の恐れ」=拉致関与も-政府、答弁書を閣議決定

公安調査庁は、調査するだけで、それ以上のことはしないので、インパクトがないんだよなぁ。報告書を作っておしまいなのが公安調査庁。

革マルの顧問弁護士である枝野が経産大臣に指名されても、それを阻止せず、指をくわえて見過ごすのが公安調査庁の仕事。彼は、大臣の任期をそつなく勤め上げた。



朝鮮総連「破壊活動の恐れ」=拉致関与も-政府、答弁書を閣議決定
時事
5/17(金) 11:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000038-jij-pol

 政府は17日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)について、現在も「破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」とした答弁書を閣議決定した。

 「今後の情勢いかんによっては、将来、暴力主義的破壊活動を行う恐れがあることを否定し得ない」との見解も示した。衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の松原仁氏の質問主意書に答えた。

 答弁書は、北朝鮮による三つの拉致事案で「朝鮮総連傘下団体等の構成員の関与があったと認識している」と説明。朝鮮総連について「前身組織である在日朝鮮統一民主戦線がこれまでに暴力主義的破壊活動を行った疑いがある」「北朝鮮とも密接な関係を有している」などとも指摘した。 

OPCWが報告書の内容をねじ曲げていた シリア化学兵器疑惑

米国の正義は、フェイクニューズなしには成り立たない(笑)。



Leaked OPCW memo casts doubt on watchdog’s Douma ‘chemical attack’ conclusions
18 May, 2019 01:13
https://www.rt.com/news/459643-opcw-leaked-report-syria/

The most important finding of the leaked engineering report is that the gas cylinders used in the attack were more likely to have been placed by hand, implicating the militants, and not the Syrian government – and unraveling the official narrative.

白血病薬キムリア、保険適用決定 点滴1回、3千万円超

日本の健康保険会計を破綻させている本当の原因はこれ。ごく一部の患者にしか効かない薬なのに、もう死んで当然の人間に一人当たり何億円も投下する壮大なる国庫の無駄遣いを、全国のあちこちで実施している。

破綻の原因を、増加する一方の高齢者だとさんざん高齢者を批判したり、相続税の控除を減らすことで、民間人が正当な方法で取得した個人財産を没収したりしているが、全くもって筋違いで、かつ全部嘘だし、全然効果ない。

オプジーボは、しばらく前から投与→即死の事例がいくつも報告され、すぐ評価ががた落ちした。



白血病薬キムリア、保険適用決定 点滴1回、3千万円超
朝日
2019年5月15日11時07分
https://www.asahi.com/articles/ASM5G6FLRM5GUTFK01R.html

 厚生労働省は、従来の治療が効かなくなった白血病患者らへの新たな治療法として期待される「CAR(カー)―T細胞療法」の製剤キムリアについて、公的医療保険の適用対象とし、公定価格を3349万3407円にすることを決めた。15日午前に開かれた中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)の総会に諮り、承認された。22日から保険が適用される。

 キムリアは遺伝子治療技術を使う初の製品で、ノバルティスファーマ(本社スイス)が開発した。体内の異物を認識して攻撃する「T細胞」を患者から取り出し、がんを攻撃するよう遺伝子を加えて戻す。1度の点滴で済む。

 特定の血液細胞ががん化した白血病とリンパ腫の一部の患者が対象で、厚労省は年216人と見込む。患者負担は医療費の原則1~3割だが、年齢や所得に応じて上限額を設ける「高額療養費制度」がある。キムリアは米国では4千万~6千万円超する。

北方領土を戦争で取り戻す!? 丸山衆議院議員が発言

ロシアを相手に北方領土返還および平和条約締結を協議するということは、敗戦国日本が戦勝国ロシアに対し、「第2次世界大戦の全責任は日本にございます。悪いのは全部日本。申し訳ございません。二度としないと誓いますから、どうぞ許して下さい」と土下座するところがスタートライン。憲法に第9条として盛り込まれているだろう。それなのに、丸山議員は敗戦国の議員の分際で、ロシアに対し戦争をしかける発言を再三繰り返した。

スローガンは北方領土「返還」です。北方領土奪還ではないのです。

低学歴の議員さんかなと思ったら、これが東大卒(笑)。

私も多くの東大卒と出会ったが、経済卒なのに有斐閣の「社会学小辞典」を知らない人がいたよ。その人は、社会学小辞典のレベルを超越した人材だったかって?まさか(笑)。私学卒でいくらでも優秀な人がいる。

先に安倍政権中枢の人が、してはいけない発言をし、ロシア側を激怒させたから、しばらく凍結or後退でしょう。日本は、対ロシア外交でテコを持たない国。



丸山議員「戦争しないとどうしようもなくないか」 元島民との主なやりとり
毎日
5/14(火) 16:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000052-mai-pol

 日本維新の会の丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=が国後島訪問中の11日夜、北方領土問題について元島民の男性に「戦争をしないとどうしようもなくないか」「(戦争をしないと)取り返せない」などと発言した問題。丸山議員と男性との主なやりとりは次の通り。

【過去の失言・問題発言を振り返る】

 ◇丸山議員と元島民の主なやりとり

 丸山氏「団長は、戦争でこの島(国後島)を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」

 元島民「戦争で?」

 丸山氏「ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」

 元島民「戦争なんて言葉を使いたくないです」

 丸山氏「でも、取り返せないですね。戦争しないとどうしようもなくないですか」

 元島民「戦争なんぞはしたくありません」「先生、やめてください」

 丸山氏「何をどうしてですか。この島をどうすれば良いですか」

 元島民「それを私に聞かれても困ります。率直に言えば返してもらえれば良いと思います」

 丸山氏「戦争なく?」

 元島民「戦争はすべきでないと思います。早く平和条約を結んで解決してほしいです」

 丸山氏「逆に関係なく平和条約が欲しいんですか」

 元島民「それは政府の方々に任せているわけで、あくまで私たちは交渉をやりやすくする下支えのために交流している。我々の署名運動などを今やめて元島民があきらめたと言われたら大変だから継続してやります」

 丸山氏「取材はするけど何もしない人(マスコミ)に言ってほしい」

※11日午後8時前、国後島古釜布の「友好の家」で。訪問団員の音声データに基づく



北方領土を戦争で取り戻す!? 丸山穂高(まるやま ほだか)氏の経歴・政策は?
選挙ドットコム
5/15(水) 18:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00010000-senkyocom-pol



5月11日に北方四島ビザなし交流の訪問団の一員として、日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が国後島に訪問した時、元島民に酒に酔った状態で、戦争による北方領土問題の解決を認めるような発言をしたことが問題視されています。

この問題に関し日本維新の会は14日、丸山議員を除名処分とする考えを明らかにしました。なお、菅義偉官房長官は14日の閣議後会見で遺憾の意を表明。北方領土問題は交渉を通して解決し、平和条約を締結するとの政府方針に変更はないとの認識を示しました。
北方領土を戦争で取り戻す!? 丸山穂高(まるやま ほだか)氏の経歴・政策は?

丸山穂高氏は1984年1月10日、大阪府の生まれで現在35歳です。東京大学経済学部を卒業後、2006年に経済産業省に入省。2009年に退官後は、松下政経塾に第30期生として入塾します。

2012年に卒塾し、日本維新の会・衆議院大阪19区支部支部長に就任。同年の第46回衆議院議員選挙では大阪19区から日本維新の会公認候補として立候補し、比例区近畿ブロックにおいて65,158 票を得て初当選を果たします。

2014年の第47回衆院選で再当選、2017年の第48回衆院選で3選を果たし、財務金融委員会理事や日本維新の会政務調査副会長などを歴任しました。
丸山氏の政策理念

丸山穂高氏は自身のHPによれば、「3つの約束」として、

1.消費税増税凍結。
身を切る改革で教育無償化。
・議員の定数・歳費3割削減
・行政機構のスリム化と徹底した財政改革
・身を切る改革で生み出した財源で教育無償化
2.現実に即した憲法や安全保障を。
・教育無償化、地方分権、憲法裁判所
・北朝鮮ミサイルの防衛体制と予算の強化
・日米同盟や各国との関係を強めて抑止力を
3.改革、泉州を豊かに。
・万博誘致、都構想・副首都化を前へ
・京奈和関空連結道路など交通網や防災の整備
・関空施設充実と活力を泉州発展へ繋ぐ仕組み

を具体的な政策としてあげています。

オーストリアのマクドナルド全店が米国領事館の窓口に

オーストリア国内で米国人がパスポートをなくした、交通事故に遭ったなど領事の支援を受けたいとき、マクドナルド全店をその窓口とする協定書が締結された。その詳細は明らかにされていない。

領事館は役所だから定時に窓口を閉めてしまうが、窓口を閉めたあと、米国人がまだ営業を続けているマクドナルドに駆け込んだら、誰に取り次ぐのでしょうか?

ハンバーガー値上げに抗議するデモ隊がマクドナルドを襲撃し、米国領事館につなげる電話を破壊したら、米国国務省が介入してくるのでしょうか?

マクドナルド全店は、領事館付属施設ということで、外交施設扱いになるのでしょうか?

外交施設警備を理由に、米国政府が派遣するスパイをマクドナルドの店員に紛れ込ませるのでしょうか?

マクドナルドが設置している監視カメラ映像や店内Wi-Fiを流れる通信情報、顧客の買い物情報は、自動的に米国政府に流されるのでしょうか?

疑問が一杯。



Fries with that? In most American move ever, US outsources Austria consular service to... McDonald’s
14 May, 2019 22:09
https://www.rt.com/news/459355-us-austria-embassy-mcdonalds/

イギリス軍高官が、米国のイラン脅威論を真正面から否定

イスラム国(IS)退治を主目的とする米国連合軍の副司令官であるイギリス人が、米国のトランプ政権が振りかざすイラン脅威論を否定した。

「多くのシーア派民兵が広域に存在し、その一部はイラン政府から直接支援を受けているが、イラク、シリアでイラン系民兵組織からの脅威は増えていない。イラン本国が脅威であるとは考えていない」。

あーあ、本当のことを言っちゃった(笑)。

昨日は、スペイン海軍が、ペルシャ湾に派遣している自国艦船を湾外へ撤退させたと発表した。「イランとの紛争に巻き込まれたくない」という理由で。

5GのHuawei社排除について、Five Eyes諜報同盟のイギリス、ニュージーランド、それからドイツが排除しないと公言している。

中国なんか潰しちまえ。トランプ行け~と叫んでいる人がいるが、世界におけるトランプの政策に対する信頼度は、実際のところ、この程度でしょう。



Look harder: US rebukes British general for doubting heightened threat from Iran
https://www.rt.com/news/459375-pentagon-rebukes-british-general/
15 May, 2019 07:12

NATO ally Spain pulls warship from US strike group ‘to avoid being dragged into conflict with Iran’
14 May, 2019 11:00
https://www.rt.com/news/459292-spanish-navy-iran-us-strike/

中国の対米通商交渉の3原則

日本の場合は腰砕けで、政府主導で日本の産業を潰してましたねぇ。



China Lists The Three Conditions To Agree To Trade Deal
Sat, 05/11/2019 - 16:30
https://www.zerohedge.com/news/2019-05-11/china-lists-three-conditions-agree-trade-deal

In a wide-ranging interview with Chinese media after talks in Washington ended Friday, Vice Premier Liu He said that in order to reach an agreement the U.S. must remove all extra tariffs, set targets for Chinese purchases of goods in line with real demand and ensure that the text of the deal is “balanced” to ensure the “dignity” of both nations.

移民による犯罪報道の際、出身民族を報道しない圧力

合法移民と不法移民の区別をせず、彼らを受け入れなければならないような世論誘導をしている。

国内で生まれた新生児に対し、そのビザの有無・種類にかかわらず、社会保障を提供する法律を作った・作ろうとしている。

移民の犯罪者を国外追放する法的手続きを、何としても妨害しようとする組織がある。

移民による犯罪報道の際、出身民族を報道しないよう要請している



George Soros & The 'Business' Of Illegal Immigration
Sun, 05/12/2019 - 09:20
https://www.zerohedge.com/news/2019-05-12/george-soros-business-illegal-immigration

All those international NGOs such as Avaaz, Oxfam, Amnesty International, Human Rights Watch and many others have certainly one thing in common: their financial source, which is Soros. Their role has been, and continues to be, making the Italian people feel guilty if they don’t accept immigrants: legal or illegal, they must be accepted no matter what.

They even succeeded in passing into law the right for every newborn, regardless of his legal status, to receive an 800-euro bonus from INPS, the Italian welfare agency. They also went so far as to defend in court multiple convicted criminals preventing their deportation to their countries of origin.

The aforementioned press association “Carta di Roma” now “recommends” that any possible reference to the ethnic origin of a criminal be removed from a published article.

米国(イスラエル)の中東和平案が明らかになる

オスロ合意もひどかったが、これはもっとひどい。

なぜか中国と韓国が高速道路を作ることになっている。



Israel newspaper publishes terms of ‘Deal of Century’
May 8, 2019 at 8:59 am
https://www.middleeastmonitor.com/20190508-israeli-newspaper-publishes-terms-of-deal-of-century/

Trump's Deal - Cartoon [Sabaaneh/MiddleEastMonitor]
May 8, 2019 at 8:59 am

The main points of US President Donald Trump’s much-derided plan for the Middle East, the so-called “deal of the century,” were leaked by a Hebrew-language news outlet in Israel yesterday. Israel Hayom published the main points of the deal from a leaked document circulated by the Israeli Foreign Ministry.

The US has said it will reveal its deal after the Muslim month of fasting comes to an end in early June.

The main points of the agreement put together by Trump’s son-in-law, Jared Kushner — who has extensive interests in Israel and its settlements — and proposed by the US administration are as follows:

A tripartite agreement will be signed between Israel, the PLO and Hamas, and a Palestinian state will be established that will be called “New Palestine” and will be established in the occupied West Bank and Gaza, with the exception of the settlements. Israel would release Palestinian prisoners gradually over the course of three years under the deal.

The settlement blocs in the occupied West Bank, which are illegal under international law, would form part of Israel.

Jerusalem will not be divided but is to be shared by Israel and the “New Palestine” with Israel maintaining general control.

Palestinians living in Jerusalem would be citizens of the Palestinian state but Israel would remain in charge of the municipality and therefore the land. The newly formed Palestinian state would pay taxes to the Israeli municipality in order to be in charge of education in the city for Palestinians.

The status quo at the holy sites will remain and Jewish Israelis will not be allowed to buy Palestinian houses and vice versa.

Egypt will offer the new Palestinian state land to build an airport, factories and for agriculture which will service the Gaza Strip. Palestinians will not be permitted to live on this land.

A highway would be built to connect the Gaza Strip to the West Bank 30 metres above Israel. Funding for the project will mainly come from China, which will pay 50 per cent of the cost, with South Korea, Australia, Canada, the US and EU each paying a ten per cent each.
Deal sponsors

The US, EU and Gulf states would fund and sponsor the deal for five years to establish the state of “New Palestine”, the leak claims.

This would be at a cost of $6 billion a year; the majority of which -70 per cent – would be paid by Gulf states, with the US contributing 20 per cent and the EU ten per cent.

When the Arab World sells the Holy City - Cartoon [Sabaaneh/MiddleEastMonitor]

When the Arab World sells the Holy City – Cartoon [Sabaaneh/MiddleEastMonitor]

“New Palestine” would not be allowed to form an army but could maintain a police force. Instead, a defence agreement will be signed between Israel and the “New Palestine” in which Israel would defend the new state from any foreign attacks.

Upon signing the agreement, Hamas will hand over all its weapons to Egypt. The movement’s leaders would be compensated and paid salaries by Arab states while a government is established.

Elections are expected to be held within one year of the establishment of the “New Palestine” state.

All borders between the Gaza Strip and Egypt and Israel would remain open to people and goods and Palestinians would be able to use Israeli air and seaports.

“New Palestine” will have two crossings into Jordan, these will be under the control of the “New Palestine” authorities.

The Jordan Valley will remain in Israel’s hands and a four-lane toll road will be built through it.

If Hamas or any Palestinian bodies refuse this deal, the US will cancel all of its financial support to the Palestinians and pressure other countries to do the same.

If, on the other hand, Palestinian Authority President Mahmoud Abbas signs the deal but Hamas and Islamic Jihad do not agree to it, a war would be waged on the Gaza Strip with the full backing of the US.

However, if Israel refuses the deal the US would cease its financial support. The US currently pays $3.8 billion a year to support Israel.

小室圭さんは「弁護士になるとは言っていません」

皇室には自浄作用がなさそうなので、廃止して、大統領制に移行したほうが国民のためでしょう。

小室ママンの周囲で4人が自殺した件について、マスコミが追求しないのが一番不思議。国民の不満の核心部分は、自殺者4人の件であって、400万円の貸し借りの話じゃない。眞子様のお気持ちが一番大切とか、のんきなこと言ってる場合なのか。



小室圭さんは「弁護士になるとは言っていません」 バイキングでミッツ「今さらこんな青臭いことを...」
JCASTニュース
5/7(火) 21:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000012-jct-ent

 2019年5月7日に放送された情報番組「バイキング」(フジテレビ系)が、秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約延期問題を抱えている小室圭さんについての特集を放送した。

 この日、番組では「ニューヨーク現地緊急取材 小室圭さん目撃情報続々 立ち寄る店はリーズナブル!? 」と題し、小室さんの米・ニューヨークでの留学先の周辺について行った取材の結果を放送。学生寮についての情報や、餃子パーティーに参加したなどの動向について触れた後、「ニューヨークは弁護士が飽和状態」と、ニューヨークで弁護士をするには多数の困難が伴うとの現地の声を紹介した。それに加え、特集の最後には番組スタッフが小室さん側の弁護士から聞いた話として、小室さんの最新の気持ちが紹介されたが、それに対し、スタジオで驚きが広がる事態となった。

■「彼は今ライフプランを作っている最中です」

 「ちょっと気になるメッセージがあるんですけど」と怪訝な表情を浮かべつつ、番組司会の坂上忍さん(51)がスタジオ内のディスプレイに視線を向けると、スタッフが聞いた話として小室さんの最新の気持ちが文章で表示された。それによると、

  「(小室さんは)弁護士になるとは言っていません。彼は今ライフプランを作っている最中です」「メディアの方は勘違いしています。小室さんは弁護士資格の取得を目指していると言ってますが、弁護士になるとは言っていません。今彼がどんな仕事をするのかは決まっていません。例えば、どこかの企業に就職するとか、もしかしたら起業するかもしれない。少なくとも今から医者になるとか農業をやるとかは選択肢にはないですが」(句読点は編集部が加筆、以下同じ)

 とのメッセージがスタジオ内のディスプレイに表示された。

 これを見た出演者たちからは一様に驚きの声が上がった。秋篠宮さまと20年の親交があるという、ジャーナリストの江森敬治さんは、

  「(婚約)内定の会見の時も、『将来のことは2人で決めたい』ということで、結婚後の具体的な話には触れてなかったですよね。ですから、そういう意味でも(将来が未定というのは)あり得るのかなとは思っていましたけども......少し不安です」

 と回答。また、弁護士の清原博さんは、ビザの問題はあるとしつつも「弁護士になるのかどうかすら分からないとなると、一体この人は何になるのか?」と渋い表情。また、パネリストで女優の安藤和津さん(71)は、「(弁護士にならないと)ニューヨークに行ったのが逃げたのかと思えてしまう」とツッコミを入れるなど、「出演者総ズッコケ」とでも言える状況となった。

「YOUは何しにアメリカへ」

 番組はいったんCMに入り、CM明けには再度、小室さん側の弁護士からのメッセージとして、ではなぜ小室さんはニューヨークに行ったのかについての説明が流れた。それによると、

  「彼は今、ライフプランを作っている。アメリカでの3年間でさまざまな人と出会い、経験を得ている。彼自身の人生の視野を広げている最中

 とのメッセージがディスプレイに表示された。これに対してもスタジオはズッコケ気味で、坂上さんは、「ここに来て、どうしていいか分からなくなった」と困り顔。また、パネリストのヒロミさん(54)は、

  「アメリカではもしかしたら視野が広がるかもしれないけど、日本ではこの(留学中の)3年間で(視野が)すんごい狭くなるからね」

 と、ウンザリ気味に指摘。また、ミッツ・マングローブさんも「今さらこんな青臭いことを言う人が、よく婚約(内定会見)したなと思う」と、あきれていた。

 確かに、弁護士資格を取得すべく勉強中ということは、「弁護士になる」ということが決まったわけではない。ただ、小室さんの腰の据わらなさに驚いた視聴者も多かったようで、「これで結婚させてくれとか舐めてんの?」「YOUは何しにアメリカへ」といったツッコミがネット上に相次いだ。

性別欄なくし、通称を認める 群馬大がLGBT対応ガイドライン

本名を初めとする正しい情報が書かれていない公的証明書が増えている。目の前にいる人が本当は誰なのかがわからない社会が到来している。あんた、本当は誰?と追求しなければならない。

既に、保険証には本名と正しい性別を書かなくていいことになっている。運転免許証からは国籍欄が消された。

今後は、考えられるあらゆる公文書の提出を求めなければならなくなりそう。



性別欄なくし、通称を認める 群馬大がLGBT対応ガイドライン
2019/4/3 06:00
上毛新聞社
https://this.kiji.is/485917487465645153

画像

◎県内初「多様な価値観 発信」

 群馬大はLGBTなど性的少数者の学生への対応に関するガイドラインをまとめ、本年度から運用を始めた。名簿や書類の性別欄をなくし、公式の文書に通称名の使用を認めるほか、相談態勢を充実。幅広い分野で具体的な対応策を示し、性的指向や性自認を理由とする差別や不利益をなくす。同様のガイドライン策定は全国の大学で広がるが、県内大学では初めて。

 名称は「群馬大学 性の多様性(LGBT/SOGI)に関する対応ガイドライン」。相談窓口、授業、トイレ、就職活動など13項目に分類し、それぞれに具体的な方針を示した。ガイドラインの骨子は新入生に配る2019年度の「学生便覧」に記載した。

 学籍簿や証明書、学位記などに自認する性に基づいた通称名が使えるようにしたほか、学生、教職員向けの名簿、書類は原則として性別欄をなくした。呼称は性別で使い分けず、統一することを全学生、教職員に推奨。誰でも利用できる多目的トイレなど、施設面の整備も図ることとした。

 相談用のメール「にじいろライン」を設けるなど、支援態勢を充実。内容に応じて各学部の教職員らのチームで対応する。関係者全員が守秘義務を負い、第三者が秘密を暴露する「アウティング」を防ぐ。

 ガイドライン策定に向け、同大は昨年1月、教育、医学、保健、憲法など各分野の専門家22人でつくるワーキンググループ(座長・窪田健二副学長)を発足させた。過去の相談事例についての実態調査を行い、当事者の学生の意見や他大学の例を参考にした。ガイドラインは必要に応じて見直す方針という。

 窪田副学長は「学生や教職員が多様な価値観や生き方を受け入れることができるキャンパスを目指す。多様性の考え方を大学から地域社会に発信したい」と話した。

 LGBTに詳しい共愛学園前橋国際大の前田由美子研究員は「画期的な取り組み」と評価。「社会課題の解決に大学の果たす役割は大きい。一人一人違う性的指向や性自認を尊重し合える環境づくりにつながる」と話している。

 筑波大や名古屋大、国際基督教大などもガイドラインを策定している。早稲田大は17年にLGBTの学生支援を行う「GS(ジェンダーアンドセクシュアリティー)センター」を設置するなど、全国の大学でLGBTを理解し、支援しようとする動きが広がっている。

メーガン妃 シャーロット王女へのお祝いコメントがまたも゛炎上騒動”に

メーガン妃のことだけ指摘する人が多いが、そもそもヘンリー王子からして、ダイアナの子ではあるが、チャールズ皇太子の子ではなく、つまりダイアナ不倫の子だ(=王家の血を引いていない)からね。夫婦そろって、血筋に問題があるんですよ。

仕方なく王子様の資格を与えられてはいるものの、本当は王室から追い出してしまいたい子が、どこかから黒人の子を連れてきてしまい、あららとは思ったものの、少し距離を置いてくれれば構いませんよってくらいの扱いにしているのが現状かな。

言われた当人たちは、「やっぱりね」くらいには感じたかもしれないが、あまり気にしていないと思う。

イギリスの王室はすごく意地悪だから、メーガン妃に好きにやらせ、彼女がポカするのを待っているんじゃないかな。ポカが複数貯まったところで、陰湿な追い出し作戦を開始するかもしれないから、のんびり観察している。

よその国より我が国についてだが、新天皇陛下は結婚して間もない頃、公式の場においては身内のことを地位で呼ばなければならないところを、前日たまたまテレビに呼ばれていたに過ぎない、特別な見識を持たない評論家の苦情を真に受けて、「妻は・・・」「雅子は・・・」などと語った。脳みそどうかしているというレベルの衝撃発言。今からでも遅くないから、撤回していただきたいと、私などはずっと思っている。



メーガン妃 シャーロット王女へのお祝いコメントがまたも゛炎上騒動”に
Hint-Pot
5/2(木) 19:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00010003-hintpot-life

ヘンリー王子との公式アカウントで投稿 称号使わず「ファン激怒」と英紙報じる

 まもなくロイヤルベビー出産と言われるメーガン妃とヘンリー王子だが、今度はウイリアム王子とキャサリン妃の4歳になるシャーロット王女の誕生日を祝福するSNSでの文面が「ただただ無礼」とルイ王子に対するメッセージに続いて炎上騒動を巻き起こし、英メディアで話題になっている。

【画像】メ―ガン妃の定型「キスとハグ」を意味する「xo」が入ったシャーロット王女への祝福メッセージ

「メーガン・マークルとヘンリー王子のシャーロット王女の愛らしい誕生日メッセージに、ファン激怒」と特集したのは英地元紙「ミラー」だった。

 4歳の誕生日を迎えたシャーロット王女。ウイリアム王子とキャサリン妃夫妻の公式インスタグラム「ケンジントン・パレス」でも、可愛らしく成長しているプリンセスの写真を公開。100万近い「いいね」が押される中、メーガン妃とヘンリー王子の公式インスタグラムはこんな祝福コメントを投稿した。

「おめでとう、シャーロット。たくさんの愛を。HとM xo」

 風船とケーキの絵文字も添えられた一言が返信欄で大きな物議を醸している。

「ケンジントン・ロイヤルですら、プリンセス・シャーロットと言及している。メーガンはルイ王子同様にただただ無礼だ」

「ヘンリーと親戚であったとしても、他のロイヤルがそう呼んでいる以上、彼女はプリンセスを冠せられる必要がある。これは親戚だからではない、敬意の問題だ」

「なぜ、彼らはプリンセスと呼ばないのか。それはリスペクトの問題です。クイーンですら、プリンセスと呼んでいるんですよ」

「あなたにとってもプリンセス・シャーロットです」
ルイ王子の誕生日を祝福する投稿でも物議

 メーガン妃とヘンリー王子の投稿には、同じロイヤルファミリーだとしてもシャーロット王女の称号をコメントでつけなかったことに対する苦言が相次いだことが、特集では報じられている。

 このカップルは第3子ルイ王子の誕生日を祝福するSNSでも全く同じ投稿に出ていた。そもそも王位継承順位で、シャーロット王女は4位。ルイ王子は5位。ヘンリー王子の6位よりも上位だった。

 先月のルイ王子への1歳の誕生日を祝福するメッセージで全く同じ“不躾コメント”となったが、今回も文末のキスとハグを意味する「xo」というメーガン妃お得意の定型文だった。

 親しき仲にも礼儀ありー。今回も公式アカウントでのやり取りとなったために、またしても“炎上騒動”を巻き起こす格好となった。

キャッシュレス社会の効能

現金決済が多い社会では、中央銀行がマイナス金利にしても、人々がタンス預金を取り崩さない。中銀が意図する経済効果が現れない。しかし、キャッシュレス社会においては、銀行が預金から金利を徴収する。人々は、資産を消費に回さざるを得なくなり、インフレを促進する効果が現れる・・・などなど。

Dispatches From The Frontlines In The War On Cash
Mark Nestmann
https://internationalman.com/articles/the-frontlines-in-the-war-on-cash/

韓国・ソウルの日本大使館を「新築建て替え断念」に追い込んだ“3つの嫌がらせ”

何か新しい情報が書かれているのかと思ったら、過去に何度も報じられた情報をまとめた記事に過ぎなかった。

そんなことより、本件について、城内議員に対処法を聞いても意味がない。

大学入試のセンター試験に、学術用語(学問を学ぶために必要な言語)ではなく商業用語(ビジネス分野で広範囲に使われている有用な言語)でもない韓国語を無理矢理ねじ込んだのは、他でもない城内氏である。彼が自身のHPで自白している。

米国から押しつけられた日韓友好という幻想を実現するためとの一念で、本来ならば日本国の大学入試科目に入れてはならない泡沫言語を入試科目にねじ込んだ城内氏は、民団・総連から賞賛された。彼こそ、現在の悪い日韓関係に責任を持っている張本人の一人である。外交官でありながら現実を直視せず、幻想に惑わされて朝鮮人のご機嫌取りに走り、そして失敗した。

我々がアドバイスを求める日本の韓国専門家は、彼なのか?



韓国・ソウルの日本大使館を「新築建て替え断念」に追い込んだ“3つの嫌がらせ”
文春オンライン
5/2(木) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00011714-bunshun-int&p=4

(長い記事本文は省略)

(以下はあとがき部分)
 現在発売中の『文藝春秋』5月号には、元外務官僚・元外務副大臣の城内実氏(現・環境副大臣)による「韓国には『報復』と『謝罪要求』を」が掲載されている。暴走する韓国とはどう付き合うべきか――“知韓派”として知られる城内氏が分析している。

令和の英訳は、やはり「命令」(笑)

新天皇即位を報じたBBCニュース(英語)を読んだら、令和を「command and harmony」と英訳してあった。日本外務省の「beautiful harmony」を採用していなかった。

日中の学者と、一般的な公教育を受けた庶民のいずれもが、「令」から思い浮かべる代表的な意味を「命令」と指摘しているなかで、BBC訳こそが、ごく当たり前で常識的な翻訳だと思います。

ボルトンもボケたか?

米国のボルトンが、「ベネズエラ軍は、グアイドを支持して憲法を守れ」と遠くから叫んだ。

しかし、ベネズエラ憲法では、国会議長が大統領代行を務めることはできないことになっている。憲法を守るのであれば、グアイドを支持する選択肢は最初から存在しない。

ボルトンにキレがなくなってきたのは、老化が原因でしょうか。もう少し上手に嘘を付いて下さい。

Bolton calls on Venezuelan military to ‘protect the constitution’ by backing Guaido coup attempt
30 Apr, 2019 13:33
https://www.rt.com/news/457909-bolton-tweets-venezuela-coup/

文大統領が書簡で「日王」ではなく「天皇」表記、韓日関係改善を模索か

心のこもっていない感謝を贈ったと公言するほど失礼な話はない。韓国の官民は、いつもの通り慇懃無礼だから、普通郵便で送り返してやれ。



文大統領が書簡で「日王」ではなく「天皇」表記、韓日関係改善を模索か
朝鮮日報
2019/04/30 22:36
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/30/2019043080262.html

退位する明仁天皇に書簡送る
李首相もSNSで「天皇様に感謝」

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が30日、退位する日本の明仁天皇(原文は日王)に書簡を送り、韓日関係に寄与したことに謝意を表明した。韓国外交部(省に相当)が明らかにした。外交部はこの日の会見で、天皇を表す言葉として韓国で通常使われる「日王」ではなく「天皇」という呼称を用いた上、書簡でも文大統領が「天皇」と記したと説明した。文大統領が德仁皇太子の天皇即位を機に、歴史問題をはじめ国防・経済など全方面で悪化している韓日関係の改善を模索しているのではないかとの観測も出ている。

 韓国外交部のキム・インチョル報道官は同日の定例記者会見で、文大統領が書簡を送ったことを伝え「明仁天皇が在位期間中、平和の大切さを守ることの重要性を強調し、韓日関係の発展に大きく寄与したことについて、謝意を表した」と説明した。また「退位後も両国関係の発展のために尽力することに期待を寄せた」と付け加えた。文大統領は、徳仁皇太子の天皇即位に際し祝電も送る予定だという。李洛淵(イ・ナクヨン)首相もこの日、自身のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で「韓日関係を重視されていた明仁天皇(原文ママ)に感謝申し上げる。韓日両国が新たな友好協力関係を構築するよう指導者たちが共に努力しよう」とつづった。

 明仁天皇が日本で国民的な尊敬を集めており、在位中に戦争犯罪への反省を数度にわたり表明したという点を考慮したとしても、文大統領が「天皇」という呼称を書簡の中で用いたことは、外交的「儀典」にとどまらず、韓日関係改善を模索しようという意志を表したものと受け取れる。今年2月末のハノイでの米朝首脳会談決裂後、韓国と周辺4大国(米・中・ロ・日)との外交関係悪化が懸念される上、中・日の急接近による「コリア・パッシング(韓国外し)」も指摘されており、こうした状況に対応するために対日外交の修復に乗り出すのではないかとの見方も示されている。

 文大統領は今年6月28-29日に日本の大阪で開催される主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)への出席を正式に表明しており、最近では日本メディアが「韓日局長級協議(4月23日)で、韓国側がG20サミットに合わせた韓日首脳会談の開催を打診した」と報じた。シン・ガクス元駐日大使は「韓日関係を改善する機会がG20だということは、両国政府ともよく分かっているはず」と述べた。韓日外交の悪化によって韓米日の3か国による安全保障協力体勢が揺らぐことを懸念し、米国が仲裁に乗り出したのではないかとの分析も示されている。

 韓国大統領府(青瓦台)は、積極的な「日本へのラブコール」ではないとの立場だ。青瓦台の関係者は「新たな天皇への交代に合わせた外交的行為」だとして「他に政治的意図はない」と説明した。天皇に書簡を送ったことを青瓦台ではなく外交部が公表したのも、青瓦台が日本との関係改善に積極的ではないためだとみられる。元外交部次官は青瓦台が書簡について発表する方がずっと自然なのに、外交部に発表させたのは、日本とはまだ距離を置きたいという意向の表れと指摘した。青瓦台のコ・ミンジョン報道官は「政府は外交慣例上『天皇』という表現を使っており、ほかの国もそうしている」と説明した。外交関係者の間では、強制徴用賠償問題など歴史問題に関する両国政府の立場の違いが依然として大きいため、摩擦は当面続くとの見方が多い。

 一方、日本は最近、米・中・ロとの関係を強化しており、水面下では北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けた朝日(日朝)首脳会談に関する交渉も進んでいるという。2016年に韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使は29日、自身のブログに「日本が2003年以来初めて、国連人権理事会の反北朝鮮人権決議案の共同発議に参加しなかった上、先ごろ公表した外交青書で北朝鮮の脅威に関する内容を大幅に軟化させたのは、日本が首脳会談開催に向けて水面下で動いていることの表れだ」と述べた。また「金正恩(キム・ジョンウン)としても、日本が食糧支援という『風呂敷』をちらつかせれば、安倍首相と会おうとするだろう」との見方を示した。

安俊勇(アン・ジュンヨン)記者 , イ・ミンソク記者