朝鮮総連「破壊活動の恐れ」=拉致関与も-政府、答弁書を閣議決定

公安調査庁は、調査するだけで、それ以上のことはしないので、インパクトがないんだよなぁ。報告書を作っておしまいなのが公安調査庁。

革マルの顧問弁護士である枝野が経産大臣に指名されても、それを阻止せず、指をくわえて見過ごすのが公安調査庁の仕事。彼は、大臣の任期をそつなく勤め上げた。



朝鮮総連「破壊活動の恐れ」=拉致関与も-政府、答弁書を閣議決定
時事
5/17(金) 11:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000038-jij-pol

 政府は17日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)について、現在も「破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」とした答弁書を閣議決定した。

 「今後の情勢いかんによっては、将来、暴力主義的破壊活動を行う恐れがあることを否定し得ない」との見解も示した。衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の松原仁氏の質問主意書に答えた。

 答弁書は、北朝鮮による三つの拉致事案で「朝鮮総連傘下団体等の構成員の関与があったと認識している」と説明。朝鮮総連について「前身組織である在日朝鮮統一民主戦線がこれまでに暴力主義的破壊活動を行った疑いがある」「北朝鮮とも密接な関係を有している」などとも指摘した。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック