シリア:虐殺が多発するのは、臓器売買が目的

シリアの兵士、警官、国民を次々と誘拐し、虐殺しているのは、臓器を外国に売るため。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=73&id=31143
http://backupurl.com/8nqrez

・・・あまり説得力のある書き方をした記事ではないのだが、遺体をよく見ると臓器が摘出されているのかもしれない。トルコのキャンプについて、同様の情報が流れている。

臓器の買い手は金持ちなので、ここでもサウジ、湾岸アラブとユダヤに共通する利害関係が浮かび上がる。(↑リンクを過去にたどる)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック