シリア:ホムス・アレッポ石油パイプラインが破壊活動で停止 10日前

破壊された場所は、イドリブ県のサラーキブ、マアッラ、アビーッドゥフール地区(事件が多い地区)。現在復旧に努めており、16日(日)には完了する予定。流出量は不明。市中への燃料供給には影響しない。前の記事

・・・10日前というから、10月5日頃の事件を、工事が完了してから発表した。あまり関心しないが、世界中の石油施設はいろんな理由で結構頻繁に停止しているので、ただちに影響がないという説明は、あながち嘘ではないと思う。

10月始めは、ちょうどラスタン掃討作戦をしていた時期で、ホムス、ハマー、イドリブの郊外では、軍警察に対する襲撃事件が多発していた。10月2日には、共和国ムフティーの息子が暗殺された。



Petroleum production line Homs-Aleppo stopped ten days ago because of the acts of sabotage
http://www.aksalser.com/?page=view_articles&id=5e1bf2f9e7a5c024dbcff2969a8a5a88&ar=876104584
Saturday - October 15 - 2011 - 18:24:56

A source in the Directorate of fuel disclosed to Aks al-Ser that "Homs-Aleppo production line, which passes Hama and Idlib countryside is down ten days ago, because of the attacks on the line."

And source denied reports by some media for the theft of 1,000 barrels of production line, saying: "No one can know the amount of oil stolen."

He noted that the attacks occurred in areas Saraaqib and Ma'arrah (al-Naaman) and Abi al-Duhour, and that work on the fuel line maintenance, to resume work, and expected to complete maintenance operations on Sunday. "

And about the impact on fuel oil, which is suffering a crisis in securing the citizens, the source explained that "there is nothing to do with the crisis because the warehouses are still full of supplies and fuel stations."

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック