シリア:「国民対話」の地方部会を9月5~20日に開催

「国民対話」の県レベルの会議が9月5日から20日まで開かれる。指導部(大統領)が、全ての県と大学に、政党、政府、野党、無所属議員から構成される委員会の設置を決めた。

対話には、政治、社会、経済、与野党・無所属・反体制派の政治家、大学教授、学生、労組、職業別組合などが参加する。

国民対話の地方部会のテーマは3つ。政治改革、社会経済の将来計画、県ごとの方向性。

・・・予定より10日ほど遅れたが、アサド大統領は今後の外交の展開を気に掛けず、国民対話を始めることを決めたようだ。外国の陰謀を打ち砕いたことを祝うイベントを催すくらいだから、よほど国内掌握に自信があるのでしょう。

ムスリム同胞団の扱いについては、宗教色が前面に出ている規約を改正すればシリア政治に参加してもいいと回答していたが、今の状態で前進するということは、同胞団を置いてきぼりにするということだろう。前の記事(リンク先の文末下線部)

ひょっとしたら今回の事件は、1982年のイスラエルのレバノン侵攻に匹敵する大失態なのかもしれない。レバノンの内情は複雑なのに、イスラエルはマロン派の情報だけに頼り、失敗した。シリアの内情は複雑なのに、米国はトルコ経由でムスリム同胞団の情報だけに頼り、失敗が確定しつつあるのかもしれない。米国に次の一手がなければ、これで終わってしまったりして。

ということであれば、同胞団の騒ぎは70年代末~80年代初頭の事件に続いて2回目で、60年代も含めれば3回目になるので、もう国内復帰は無理だろう。

なお、イドリブ県では、既に対話が始まっているという情報もある。



Newspaper: national dialogue sessions in Syria released on the fifth of this month
http://www.aksalser.com/index.php?page=view_news&id=5d1a5c6a7005bca3049bbc788f83abca&ar=493005686
Friday - September 2 - 2011 - 14:31:33

Media sources said that the beginning of next week will see the launch of the national dialogue sessions across the country, in order to achieve the widest public participation about the future vision for the construction of Syria in the various fields.

The newspaper "Baath" local "The national dialogue sessions begins on Monday the fifth of September, the dialogue sessions at the provincial level and will continue until the twentieth of it, in preparation for the national dialogue conference.

The newspaper pointed out that the political leadership of the Preparatory Committee approved the formation of the dialogue in each province and the University, consisting of representatives of the parties and the government and the opposition and independents.

And participate in dialogue and political and social, economic, and representatives of civil society and all spectrums of society (political parties - independent - opposed) and dignitaries as well as university professors and students (youth), and popular activities, trade union and government officials from the province and the center (planners) and under the invitations on behalf of the preparatory committees and so that number by the reality of each province, being the announcement of the timing and agenda of the dialogue sessions in advance.

According to the paper that the national dialogue sessions Sub concentrated in three axes (the center of political life and political reform desired, and economic hub of social - the reality and future prospects, and scientific planning and realistic to reach it, and the axis of the needs of the province and local vision of development in the area of ​​services, development and management).

It is said that Damascus has seen the beginning of June, a consultative meeting resulted in a recommendation to convene a conference of national dialogue, to discuss about the future vision for the building of Syria in various fields.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • シリア:国民対話の初日は準備委員会の発足

    Excerpt: 私は、準備ができたから、9月5日対話開始を宣言したのかと思ったら、国民対話の地方部会の準備委員会を9月5日に発足させるという話だった(笑)。シリア人は、「いくつ委員会を作ったら気が済むんだよ」と絶対に.. Weblog: 日々の感想 racked: 2011-09-06 06:05
  • シリア:国民対話の地方部会参加者の内訳

    Excerpt: 政府が主催した国民対話の地方部会(県別)に参加した人を、政治的傾向で分類した数字。 Weblog: 日々の感想 racked: 2011-10-19 11:56