ジュマイエルはサウジ王族と、ジュンブラートはフランス高官と会談 シリア問題

レバノンのマロン派有力政治家の一人ジュマイエル親と息子の2人が、18日(日)にサウジを訪問し、レバノンを抜け出してサウジに避難しているハリーリー議員と会談。

その後、サウジ皇太子、副首相兼内相、総合情報局長、外相と会談した。(コピペ記事ではまだ会っていないことになっているが、サウジ記事は会談を伝えた。)

カターイブ(ジュマイエルの政党)筋によると、サウジ政府は、重要な決定を下す前に、ジュマイエルと意見交換した。

同じ日、ドゥルーズ派のジュンブラートはパリへ飛び、フランス政府高官と会談。

・・・2人のレバノン人は、昔武器を持たせたが、働きが悪かった実績がある。自分を守ることで精一杯の2人。

一つの見識は聞けるかもしれないが、フランスほどの国が、弱くて抑えにならない人の意見を聞いてどうしたいのか、理解できない。自分が正しいと思っているのだろうから、やりたいことを堂々とやればいいのに。フランスの中東研究の成果が、なかなか表に出てきません。何を悩んでいるのでしょうか?

サウジも、シリア情報を持っていないカターイブと接触して、一体何をやりたいんでしょう?私だったら接触しないなぁ。



Gemayels hold talks with Hariri in Riyadh
http://www.dailystar.com.lb/News/Politics/2011/Sep-19/149121-gemayels-hold-talks-with-hariri-in-riyadh.ashx
September 19, 2011 02:31 AM (Last updated: September 19, 2011 11:21 AM)
The Daily Star

BEIRUT: Kataeb (Phalange) Party leader Amin Gemayel and his son, lawmaker MP Sami Gemayel, held talks with Future Movement leader Saad Hariri in Saudi Arabia Sunday and are expected to meet a number of high-ranking officials during an official visit to the kingdom.

The former president and his son are expected to meet with Crown Prince Sultan bin Abdel-Aziz, Deputy Prime Minister and Interior Minister Nayef bin Abdulaziz, head of the General Intelligence Directorate Muqran bin Abdel-Aziz, Saudi Foreign Minister Prince Saud al-Faisal and others, An-Nahar reported Sunday.

Sources from the Kataeb party said that "the Saudi leadership is holding deliberations and discussions before it takes important steps related to the region, including Lebanon."

The five-day visit is also expected to renew close ties between Saudi Arabia and Lebanon.

Meanwhile, Progressive Socialist Party leader Walid Jumblatt met with high-ranking officials in Paris over the weekend.

Jumblatt discussed with French officials the situation in the Middle East and Lebanon.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック