シリア:原油パイプラインの爆破事件 タッルカラフ

7月29日(金)午前4時、Tallkalakhタッルカラフ(ホムスと海岸の中間点、レバノン国境のすぐ北)のTall Houshタッル・フーシュ・ダム近くを走る原油パイプラインで爆発が起きた。ホムス県知事によると、破壊分子が仕掛けた爆弾で、地面に直径15mの穴が開き、原油が流出している。

ホムス県の水資源局長によると、同ダムの貯水量は5300万m3で、ホムス・タルトゥース両県の農地6000haを灌漑している。原油がダムに流れ込むと水が汚染されるため、パイプラインとダムの両方を狙ったテロ行為であると指摘。現在、原油が水に混じらないよう作業が続けられている。

シリア石油輸送会社社長は、同パイプラインはデールッズールの原油をバーンヤースに運ぶための施設で、現在は破損したパイプラインの運用を止め、別ルートで送出している。

関連記事その2。レバノンとの密輸ルートであるタッル・カラフでは、5月に軍が投入され、武装集団の掃討作戦が行われた。



Saboteur Groups Target Oil Pipline in Tal Kalakh, Homs
http://www.sana.sy/eng/337/2011/07/29/361123.htm
Jul 29, 2011

HOMS, (SANA) – Saboteur groups targeted on Friday's dawn an oil pipeline near Tal Hosh Dam in Tal Kalakh with an explosive bomb, leaving a hole of 15-meter in diameter and causing oil leak.

"At 04:00 am on Friday, some citizens heard an explosion near a pipeline for transporting crude oil to Baniyas", Governor of Homs, Ghassan Abdul-Aal said in a statement to SANA Correspondent.

The Governor added that the terrorist and sabotage act targets two vital sectors at the same time as the saboteurs chose a point near Tal Hosh Dam which irrigates large areas of the agricultural lands.

The saboteurs committed their act with the intent to cause serious damages and losses through disrupting the irrigation operations and polluting the water of the dam and its channels, he said.

Abdul-Aal indicated to the governorate's efforts and procedures to stop the oil spill and prevent its spreading into the water of Tal Hosh Dam.

For his part, Head of Water Resources Directorate in Homs, Tammam Ra'ad, said this terrorist act is deliberate and well-planned, particularly in terms of the damages as the Dam irrigates 6000 hectares of agricultural land in Homs and Tartous provinces with a storage capacity of 53 million cubic meters.

He added that the Directorate took all procedures necessary to prevent the spilled oil from reaching the supply channels and cut off water supply to the farmers' lands.

Director General of the Syrian Crude Oil Transport Company, Numeer Makhlouf, said that the Company stopped pumping oil through the targeted pipeline and shifted it to another pipeline.

He indicated that the targeted pipeline transports oil from the oil fields in Deir Ezzor and the Euphrates region to Baniyas to meet the refinery needs while the oil surplus is exported.

Last Saturday, a group of saboteurs targeted a train in al-Soda area in Homs at 03:00 am while it was traveling from Aleppo to Damascus with the aim of derailing the train to fall off the bridge into the Orontes River and killing the 500 passengers onboard. The accident resulted in the martyrdom of the driver and several injuries among its passengers.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 英Gulfsands社:シリアでの油田操業は平常通り

    Excerpt: シリアで操業しているイギリスGulfsands社の広報担当みたいな人の発言。事態は明らかに流動的である。イスラム過激派がここ数日、政府庁舎と石油関係施設を襲撃(その2)したが、操業への影響は避けられた.. Weblog: 日々の感想 racked: 2011-08-04 08:34
  • シリア:ホムス・アレッポ石油パイプラインが破壊活動で停止 10日前

    Excerpt: 破壊された場所は、イドリブ県のサラーキブ、マアッラ、アビーッドゥフール地区(事件が多い地区)。現在復旧に努めており、16日(日)には完了する予定。流出量は不明。市中への燃料供給には影響しない。前の記事.. Weblog: 日々の感想 racked: 2011-10-17 05:35