シリア:ホムスの部族と反政府デモ

ホムス市内の複数箇所で発生した銃撃戦で部族が登場したので、少し情報を集めてみた。前の記事その2

4月12日。al-Wa'irアル・ワイル(ホムス旧市街の城から北西へ3~4km。川沿いの緑地帯を越えたところにある郊外の町)。al-'Ukaidat(= Uqaidat = Ugaidat)アル・ウガイダート部族による反政府デモ。
http://www.youtube.com/watch?v=3ctwS9fZuwI
アル・ワイル町は、7月14日に警官2人のバラバラ焼死体が見つかった場所。

4月21日。動画のキャプション「ホムスのal-Fawaa'irahアル・ファワーイラ部族と全ての部族は、ダルアー住民と全てのシリア国民の呼びかけに応える」。説明文「ホムスのal-Fawaa'irahアル・ファワーイラ部族、al-Ugaidatアル・ウガイダート部族、Bani Khalidバニー・ハーリド部族が、ダルアーおよびホムス市内Bab al-Sibaa', Bab al-Duraib, al-Khalidiyyahの犠牲者のために立ち上がる」。
http://www.youtube.com/watch?v=Q_0QIrEeAFQ

(私がチェックした範囲では、6月24日のアル・ブーカマール市で行われたデモで、ウガイダート部族が登場した。)

4月22日。デールッズール県アル・マヤーディーンで、アル・ウガイダート部族がアサド(父)大統領の胸像を倒す。
http://www.youtube.com/watch?v=HBplxj3dmmo
(場所がホムスではないが、結構早い時期に部族名を名乗りながら銅像を倒していたんだなと思い、記録。)

4月25日付けホムスのAal Turkiアール・トゥルキー部族の声明。
http://www.bnabar.com/vb/showthread.php?t=5010
http://backupurl.com/rjvhio
「(デモで)一族から何人も死傷者が出たので、ホムス市郊外のal-Wa'ir, Jawrah al-Araa'is, Karam al-Zaitounおよび市内al-Bayyadah, Bab al-Duraib, Bab Amruに応援を派遣して、武器を持って一族の安全を守る」。
(デモが盛んな地名が列挙されている。)

6月26日アップ、撮影日は不明。バニー・ハーリド部族に属するホムス市民が、治安部隊の拷問を受けて死亡。(死体の動画)
http://www.youtube.com/watch?v=4u0d4_I0ro0

7月11日か12日。ホムス市内アル・バイヤーダ地区で執り行われたアル・ファワーイラ部族の葬列(動画)。
http://www.dailymotion.com/video/xjyhje_20110711yyyy-yyyyy-yyyyyyyy-yyyy-yyyyyyy-yyy-yyyyyyy-2_news

(恐らく)6月30日、県内の部族指導者2人がホムス県知事と会談し、困窮する遊牧民への対策を政府に要望

アル・ファワーイラ部族の指導者の一人で、国会議員でもあるマフムード・アル・ファドウースは、過去数年の(干ばつで悪化した牧畜業の)問題に対し、迅速な対策を実施し、事態を沈静化するよう要請した。

アル・ウガイダート部族の指導者の一人であるアリー・マジュバル・アル・カーディー氏は、(干ばつのせいで)牧畜民のかなりの数が仕事を諦め、失業状態で、都市の周辺部で惨めなテント生活をしている。羊に与えるエサを(政府が)配給する制度は、その量が不十分で、1頭の数日分の分量にも足りない。農業省にはぜひエサのために大きな予算を確保してもらいたい。そうでないと、畜産統計を作っても意味がない。

ホムス県知事は、県内砂漠地帯(バーディヤ)の遊牧民が直面する問題の大半を解決することを、部族長たちに約束した。県知事はまた、農相とともに近くパルミラを訪問し、遊牧民から直接聞き取り調査をすると述べた。

アス・スフネ地区とパルミラで燃料が不足している問題については、政府は数量を十分に確保し(補助金を付け値段を下げた上で提供し)ているが、(周辺国に)密輸出され(国内では不足し)てしまう。この問題は、今から4ヶ月以内には解決しそうにない。(あれ、冬になってしまいますよ。)



Governor of Homs to discuss with the problem of tribal sheep resources
http://www.dp-news.com/pages/detail.aspx?articleid=88688
2011.07.01
Die Presse

Syrian newspaper of al-Baath quoted a member of parliament, Mahmoud al-Fad'ous, and Shaikh of al-Fawaa'irah tribe in Syria saying that the purpose of the meeting discuss what happened from the problems in the governorate of Homs in the last period, and the need to overcome the previous round at full speed through teamwork and calm things down.

Immigration

al-'Ugaidat tribal shaikh, Ali Majbal al-Qadi, confirmed that a large proportion of sheep farmers have abandoned the profession, and lived in worn-out tents on the outskirts of cities, and are without work, and for the amount of feed distributed by the feed foundation annually, according to al-Qadi, not enough even for one head for a few days, and he wished the Ministry of Agriculture to purchase and secure the feed with large financial bloc", which spends every few years for livestock census because it is of no avail.

# Oils general mechanisms of Homs Refinery exclusively

Governor of Homs promised tribal leaders to "solve most problems" experienced by nomads in Homs desert, and will be accompanied by Minister of Agriculture to a field visit to Palmyra and its beginning and get first-hand the problems experienced by breeders of sheep there, and to secure the necessary services for some communities to the desert, and about the lack of "diesel fuel" in the al-Sukhnah and Palmyra, the Governor of Homs said that most of the quantities go to smuggling and maintain Astjert during the last period of this year more than 150% of their allocations of fuel oil and this amount exceed the price of 2 billion pounds Syria, stressing that a crisis of fuel oil will not be resolved within the 4 months from now.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック