シリア国民対話での議論の様子

国民対話諮問会議2日目(月曜)午前のセッションに関する報告。長文なのでコピペしないが、いくつか面白いことが書いてある。以下箇条書きしたものは、それぞれ別の個人の発言。

(国民対話中に)軍を町に展開させることに反対の人が60%、賛成の人が40%いる。賛成の人は、実際に発生している破壊行為を抑止できるのは軍だけと主張。

全ての論点が憲法8条(バアス党の指導性)に関連している。憲法8条が議論の焦点になるが、8条だけ変更すれば済む話ではない。関連する他の13条項も合わせた全体の制度設計をどうするかという話になる。

(8条修正に絶対反対の人が一人いた。コピペしない別記事のバアス党内の議論を読むと、シリア国内の様々な政治闘争を経て現在があるのだから、外国に言われて8条を取り下げるのはおかしい。遠慮することなどないとする意見があった。ファールークッシャルア副大統領は、イラクで非バアス化(ijtithaath al-ba'th)をやったが、その状態を維持することができず、結局政権に再度取り込んだ。非バアス化などできないと発言した。)

反体制派が存在しない会議では、実質的な議論を進めることは出来ないと主張するグループもいるが、彼らの主張は全てリストアップされているので、代表者がいないからといって彼らの要求を議論できないことにはならないと主張するグループもいる。

外国からの干渉は排除しなければならないが、デモ隊は国内にいる人たちであり、彼らの要求を真摯に受け止める必要がある。デモ隊の規模について自分(この人)は6万4千人と聞いている私の推計の倍で、人口の0.55%。軍警察が叩かない前提でデモをしたら、この6万4千という数字が適当かもしれない。それでも自由選挙やったら死票になる数字ですね・笑)。

グローバル化は問題解決のハードルを高くした。1日も早く現状を打破する必要がある。明日にはもっと難しい問題が発生する。明日解決しようと思ったら、我々は負ける。

クルド人からは、政党法案の地域政党禁止と国籍取得後10年経過という2要件について苦情が出された。国籍から50年排除された上に、さらに10年待たされる事態は許せないと。

(国会議員の要件の話をするときに、地域政党を規制するのは合理性があると思うし、そもそもシリア建国に貢献がなかった異民族集団が、アラブ人と全く対等の権利を主張することは論理的に正しくない。つまらない理屈をこねる暇があったら、シリア国籍を持っているクルド人の下で国政の経験を積んだほうがよほど有益だろうと私などは思うが、本人たちは必死なんですねぇ。)

足場となる県があることは構わないが、他県に全く支持者がいない政党は認められない。



At the morning meeting .. Spasm and divisions over the descent of the army to the streets .. And claims the formation of nationalist parties and the zonal
http://www.alwatan.sy/dindex.php?idn=104792
http://backupurl.com/77kkhu
2011.07.12

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 西側メディアが初めて本当のデモ動員数を報道 シリア

    Excerpt: 以下はAP電だが、8月5日金曜礼拝後の反政府デモについて、動員数は数万人だったと報じた。本文中では、過去の動員は数十万人だったと書いてあるが、実際には100万人以上と報じていた。 Weblog: 日々の感想 racked: 2011-08-07 10:02
  • シリア軍が無差別発砲を命令(NHK)

    Excerpt: 先日、アサド体制の打倒を目的とするシリア反体制派の会議に日本外務省が職員を派遣したという記事があり、また拷問死した反体制活動家の葬儀に、米欧諸国とともに大使を派遣したので、日本も米国のシリア打倒作戦に.. Weblog: 日々の感想 racked: 2011-09-18 08:47