第2次菅内閣の人事:前原さんが外相か

永田メール事件といい、八ツ場ダム建設中止問題といい、JALの債務処理問題といい、前原氏は明瞭で強い態度に出て、自分の勝ちが確定していないのに「はしゃぐ」悪い癖があり、それでいて詰めが甘いから、あとでコケる。永田メール事件では、彼は党首を辞任し、テレビカメラの前で小泉に深々と頭を下げ、非礼を謝罪した。実にみっともなかった。

毎回最初は強い態度に出てはしゃぐので、もしかして彼は朝鮮人なのかな?と私などは思ってしまうのだが。

普通の日本人の家庭で育った人ならば、「勝利が確定するまで浮かれるな。自分が1番になったことが確認できたら、そのときは喜びなさい」あるいは「2位の人が1位の人より喜ぶな」と教わるはずだ。学校の運動会やサークル活動、各種競技会などでも、日本人の行動パターンはこうでしょう?私の勘ぐり過ぎ、妄想の膨らませ過ぎか?(苦笑)

よく訓練を受けた中国、ロシアの老獪な政治家相手に、前原みたいな軽率な外相で大丈夫かなー。鼻息荒く交渉に臨んでみたものの、すぐに足下をすくわれ、負けて帰ってくるのではないか。

ttensanさんが新閣僚人事に関するコメントをまとめてくださっていた。(その1その2

なるほど、彼も部落か。彼は安保論者≒親米派のイメージを作っているが、恐らく高い確率で演技だ。でないと、外国人参政権に賛成する姿勢と整合性が取れない。外国人に内政関与を許す安保論者なんて、ありえない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック