教諭、生徒の父を脅迫容疑 被差別部落中傷の内容 福岡

記事を読んだだけでは、いまひとつ理解できません。この分野に詳しい人がどこかで何かを書くでしょうから、少し待ってみましょう。

人権擁護法案に関連して部落解放同盟を押さえ込まなければならないときに、彼らに「ほら見たことか。自分たちの出番はまだ残されている」と言わせるような事件を起こさないでもらいたいものです。

立花町連続差別ハガキ事件



時事2010年02月22日14時05分

●生徒の父に差別文書=教諭を逮捕-福岡

 生徒の父親に人権を侵害する文書を送り脅迫したなどとして、福岡県警久留米署は21日、脅迫と偽計業務妨害の疑いで、同県久留米市立高校教諭吉田威容疑者(37)=同市国分町=を逮捕した。

 同署によると、吉田容疑者は昨年9月7日から10月3日の間、生徒の父親(38)にはがきや封書で6回にわたり、人権に関する差別的な内容の文書を郵送して脅迫。久留米市に約20回の対策会議を開かせるなどし、通常の業務を妨害した疑い。容疑を認めているという。

 久留米市教委によると、文書には「消えうせてほしい」「早く死ね」などと書かれていた。吉田容疑者は生徒の生活指導問題をめぐり、父親とトラブルになっていたという。

 堤正則・同市教育長は「逮捕は極めて残念で関係者におわび申し上げる。事実関係を確認し厳正に対処する」とのコメントを発表した。(了)



教諭、生徒の父を脅迫容疑 被差別部落中傷の内容 福岡

2010年2月22日7時0分

 被差別部落を中傷し、「死んでしまえ」などと脅迫する内容の手紙を勤務する高校の生徒の父親に送りつけたとして、福岡県警久留米署は21日、同県久留米市国分町、市立高校教諭吉田威容疑者(37)を脅迫と偽計業務妨害容疑で逮捕した。「私のしたことに間違いありません」と容疑を認めている、と同署は説明している。吉田容疑者は英語教諭で、同校で生徒指導を担当していた。

 発表によると、吉田容疑者は昨年9月7日ごろから同10月3日までの間に計6回、勤務する市立高校の男子生徒の父親の自宅あてに、同県久留米市、柳川市、八女市から中傷、脅迫する内容の封書1通とはがき5通を送りつけた疑いがある。また、封書と手紙の送付を受けて市教育長や校長らに対策会議を計20回開かせるなど、通常業務の遂行を妨げた疑いがある。

 封書とはがきは、同校に届いたアンケート用はがきや封筒を再利用したもので、差出人には同校の別の教諭の住所と名前が書かれていたり、同校の名前がわかる封筒が使われていたりしていた。父親が同署に相談し、被害届を出したことから発覚。同署は手紙にあった指紋などから吉田容疑者を突き止めたという。

 21日午前4時から会見した久留米市教育委員会によると、父親は届いた封書とはがきを持って市教委に相談に訪れた。内容は手書きやパソコンで「棺おけはすぐそこ」「三途(さんず)の川を渡れ」などと書かれていた。また、関係者によると、被差別部落を中傷する記述もあったといい、父親は部落解放同盟に相談していた。父親は脅迫を受けて体調を崩し、数週間仕事を休んだという。

 吉田容疑者は1995年の採用以来同校に勤務し、2年前から生徒指導を担当。校長によると、吉田容疑者と父親は昨年初め、男子生徒に対する校則違反の指導をめぐって電話で話した際、父親から「(吉田容疑者の)電話の対応が悪い」とクレームが出たことがあったという。校長は自宅に出向いて「対応が悪くて申し訳ない。指導します」と釈明。校長は「そのトラブルは解決したと思っていた。それが続いていたとは考えにくい」と話した。

 事件を受け、同市の堤正則教育長は「信じがたい。命の尊さを教えるべき教職員がこのような行為に至ったのは誠に遺憾。事実を確認して厳正に対処したい」と陳謝した上で、教員に対し「今後は人権意識を高めるため、人権同和研修の充実を図る。部落問題に関する歴史的意識を深めていくための研修が必要」とも述べた。



脅迫:生徒父親に中傷文書送った疑い 高校教諭逮捕 福岡

 福岡県警は21日、生徒の父親(38)を中傷する文書を送りつけるなどしたとして、同県久留米市国分町、高校教諭、吉田威(たけし)容疑者(37)を脅迫と偽計業務妨害容疑で逮捕した。吉田容疑者が勤める高校の関係者によると、文書の中には父親が同和地区出身であることを中傷する内容もあったという。

 逮捕容疑は昨年9~10月、過去に生活指導をした生徒の父親に対し「死んでしまえ」「棺おけはすぐそこ」「三途(さんず)の川を渡れ」などと書かれた封書やはがき計6通を郵送で送りつけたとしている。さらに、父親の相談を受けた市教育委員会に昨年9月~今年1月、本来必要のない対策会議を計20回開かせ、日常の業務を妨害したとされる。

 県警によると、制服業者が学校に送ってきた商品のアンケート用紙や、吉田容疑者が同僚から海外旅行の土産でもらったたばこの箱を開いた紙などに書かれており、吉田容疑者が浮上。指紋の鑑定などで特定した。

 学校関係者によると、吉田容疑者は95年に着任。担当教科は英語で、2年前から生徒指導主事を務めていた。昨年春以降、この生徒の生活指導を巡って父親と電話。電話対応で言葉遣いが悪いなどと言い合い口論になったという。父親は心労から休職したこともあったらしい。



校長や同僚にも中傷文 差別文書郵送 
2010年2月22日 09:48 カテゴリー:社会

 福岡県久留米市の高校の教諭が同校男子生徒の父親あてに、被差別部落を中傷し、「消え失(う)せてほしい」などと書いた封書やはがき計6通を送り付けたとされる事件で、久留米署は21日、脅迫と偽計業務妨害の疑いで同市国分町、高校教諭吉田威(たけし)容疑者(37)を逮捕した。関係者によると、吉田容疑者は勤務先の校長や教諭、県教委に対しても、同僚の男性教諭を名指しで脅迫・中傷する文書計6通を送っていたという。同署は併せて動機などを調べている。

 逮捕容疑は昨年9月7日から10月3日までの間、計6通の差別文書を生徒宅に送付して生徒の父親(38)を脅し、同9月以降、久留米市教委に対策会議を約20回開かせて本来の業務を妨害した疑い。同署によると、吉田容疑者は逮捕容疑を認めているという。複数の関係者によると、文書はこの高校に届いた封筒やはがきなどが再利用され、パソコンで「どうしてきさまのような部落が偉そうにできるのか」などと書かれていたという。

 捜査関係者によると、執拗(しつよう)な脅迫を受けた父親は体調を崩し、一時休職するなど心身に深い傷を負っており、同署は「極めて悪質な差別事件」とみて捜査。文書に付着した遺留物のDNAが鑑定の結果、吉田容疑者のものと一致したという。

 学校関係者によると、吉田容疑者はこの高校に1995年に着任。昨年夏ごろ、この生徒の生活指導をめぐって、生徒の父親とトラブルになっていたという。

 同署は20日夕から吉田容疑者の自宅と勤務先の高校を家宅捜索し、パソコンなどを押収した。関係者によると、捜索に立ち会った吉田容疑者は校長に対し、「すみません」「申し訳ございません」と消え入りそうな声で繰り返したという。

 一方、吉田容疑者が校長や同僚教諭、県教委に脅迫・中傷文書を送ったのは、昨年夏ごろから今月中旬にかけて。同僚の男性教諭を名指しで中傷し、「辞めさせろ」などと書いたはがきや封書を少なくとも6通郵送していた。関係者によると、吉田容疑者はこの件についても、家宅捜索の際に「僕がやりました」と話したという。

=2010/02/22付 西日本新聞朝刊=



生徒宅に差別文書6通 部落中傷「消え失せろ」 久留米の高校教諭 脅迫容疑などで逮捕
2010年2月21日 06:44 カテゴリー:社会 九州 > 福岡

 福岡県久留米市の高校の男性教諭が、同校男子生徒の父親あてに被差別部落を中傷し、「消え失(う)せてほしい」などと書いた内容のはがきや封書計6通を送り付けていた疑いが強まり、久留米署は21日未明、脅迫などの疑いで、同市国分町、高校教諭吉田威(たけし)容疑者(37)を逮捕、吉田容疑者が勤務する高校を家宅捜索した。捜査関係者によると、執拗(しつよう)な脅迫を受けた父親は体調を崩すなどしており、同署は「極めて悪質な差別事件」とみて強制捜査に踏み切った。

 逮捕容疑は昨年9月上旬から10月上旬までの間、計6通の差別文書を生徒宅に送付して生徒の父親を脅し、同9月以降、久留米市教委に対策会議を開かせて本来の業務を妨害した疑い。捜査関係者によると、吉田容疑者は逮捕容疑を認めているという。

 父親から相談を受けた部落解放同盟が市教委と同署に被害を申告。市教委はすでに対策会議を計17回開き、対応を検討している。

 複数の関係者によると、送り付けられた文書には「いい加減(かげん)しょうてん(昇天)しなさい」などとワープロを使って書かれており、この高校に届いた封筒やはがきなどを再利用して郵送していたという。

 学校関係者によると、吉田容疑者はこの高校に1995年に着任。昨年夏ごろ、この生徒の生活指導をめぐって、生徒の父親とトラブルになっていたという。家宅捜索された高校の校長は20日夜、「今は話すことはない。今後、教育委員会を通して対応する」と話した。

 被差別部落を中傷する差別文書事件では、同県立花町(現八女市)の嘱託職員が2007年以降、被害者を装って差別的な内容のはがきを自分や町長あてに送り付け、町に対策会議を開かせたとする偽計業務妨害の罪で、昨年10月に一審で有罪判決が言い渡され、確定している。

 市教委などは「立花町の事件が報道されていた時期と重なり、影響を受けてまねをした可能性もある」とみている。

■同和教育行政の形骸化

 組坂繁之・部落解放同盟中央執行委員長の話 部落差別に限らず、あらゆる差別の根絶に向かうべき教育の現場での事件で、まさに驚きだ。本当に悲しいことで、断じて許せない。人権教育啓発推進法施行から今年で10年になるが、学校現場で法の趣旨が十分に浸透していない証拠で、同和教育行政の形骸(けいがい)化が表れている。

=2010/02/21付 西日本新聞朝刊=

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック