日々の感想

アクセスカウンタ

zoom RSS ダマスカス株式市場が戦前の歴史的高値を突破して噴火中

<<   作成日時 : 2017/01/19 04:07  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

その後忙しくなってしまい、お隠れイマームのように長らくご無沙汰してしまいましたが、皆様方におかれましては変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

昨年秋にシリア正統政府が公式にロシアに軍事支援を要請したときの、どうやって対応したらいいかわからないといった表情で引きつっていたメルケルの顔は一生忘れません。そして2016年12月15日、ニューヨーク・タイムズ紙は「パックス・アメリカーナ(米国中心の世界秩序)は終わった」と巨大な見出しを掲げ、複数の関連記事を並べた。かたやアレッポからは、「どうだ。これがアレッポだ」と熱狂する市民の映像が上がってきました。非常に感慨深いものがあります。

それにしても、我が国の立派な肩書きを持った専門家連中、特に大手メディアによく取り上げられる御用学者たちは、片っ端から逆を予想しました。波乱の時代に御用学者が一番役に立たないことを、自ら証明してみせる愚行を露呈した。株の逆張りじゃあるまいし、職業の性格上、真逆を叫び続けることは非常に難しいはずなんですが、一体毎日どんな作業をしているのか、専門家としての基本動作を守って日々の仕事に傾注しているのかどうか、納税者が査察を入れる必要があるのではないか。

「日本の中東研究者の品質」と「日本の中国研究者の品質」は同じなのかな?違うのかな?日本の対中政策が正しいのかどうか、生粋の日本人として不安になってきました。日本の若い学生さんたちが、間違った先生を選ばないよう、神に祈るばかりです。当てた先生、外したセンセをよく見極め、自分の進路を決めて下さい。あなた自身のために。



さて、誰も指摘しないので書いておきます。

ダマスカス株式市場の歴史的高値は、2010年12月16日の1752.5でした(日経平均に相当する指数)。
2017年1月10日にその真下まで値を戻し、翌日勢いよくレジスタンスを突破した後、連日噴火を続けています。

この値動きは、テクニカル分析の典型的な事例として引用しても良さそうな、印象的な値動きです。P&Fにしたら、良いチャートが描けそう。ダマスカス市場は、恐らく2017年のbest performerになるのではないかと。

画像

画像

Valueが指数の数値で、Volumeは出来高です。

指数の高騰ぶりも凄いですが、2016年12月17日の出来高を見てください。このキチガイのような出来高は、ずっと下値で買い、何年も我慢してきた人が大量に売り逃げしたものの、それ以上の強い買いが入った結果と推察されます。

先日の、イスラエル軍によるダマスカス軍用空港空爆も一切影響を与えていません。その程度の事件だったということです。

では、私は忙しいので、またお隠れイマームに戻ります。ごきげんよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
4年ぶりの更新、驚きました! ぶっちゃけ、「お隠れ」になったものと諦めておりました。東京外大の青山氏のHPのリンク先に当ブログがあり、ああ懐かしいなぁとポチッとしたら、更新されているではありませんか!!
以前のようにディープなシリア情勢が読みたいです。
まるぴ
2017/02/06 13:28
突然のコメント失礼いたします
自分の名前を検索したらこちらのブログを発見致しました
申し訳有りませんが
私の事を書いたブログを消して頂きたく
何卒よろしくお願いいたします
このブログです
http://hibikan.at.webry.info/201103/article_240.html?pc=on

何かありましたら連絡頂ければと思います
私のメルアドです
jaja_sax@yahoo.co.jp

よろしくお願いいたしますm(_ _)m
記事を書かれた者です
2017/04/11 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダマスカス株式市場が戦前の歴史的高値を突破して噴火中 日々の感想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる