日々の感想

アクセスカウンタ

zoom RSS アサド大統領演説に対する評価 シリアが勝利宣言

<<   作成日時 : 2013/01/08 04:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 3 / コメント 1

1月6日のアサド演説(アラビア語英語日本語
動画。アラビア語。
http://www.youtube.com/watch&v=LiBNS4dyy80
動画。イランPressTVによる英語の同時通訳。
http://www.youtube.com/watch?v=JGeGHVAjG5c&noredirect=1

【アサド大統領が示した、政治和解のロードマップ】
(1-1)地域および国際社会の関係諸国が、武装集団への資金、武器、潜伏先の提供の停止を遵守し、それと並行して武装集団がテロ活動を停止すること…。そのうえで我々の軍武装部隊が…報復権を保持しつつ、軍事作戦を停止する。

(1-2)このこと、とりわけ国境管理をすべての当事者が遵守するための仕組みの案出。そして第3に現政権が、政党などシリア社会のすべての当事者と集中的に連絡をとり、国民対話大会開催に向けた公開対話を運営する。

(2-1)シリアの主権、統一、国土保全、内政干渉拒否、テロと暴力の拒否という姿勢を強化する国民憲章の採択に至るために、現政府が包括的国民対話大会の開催を呼びかける。すなわち、政府は各党および社会集団にこの大会の規格を確定することを呼びかける…。国民憲章は、シリアの政治の将来を描くもので、憲政、司法、政治・経済体制を提示し、政党法、選挙法、地方行政法などの新法に関する合意をめざす。

(2-2)国民憲章を国民投票にかける。

(2-3)シリア社会の各構成要素を代表する拡大政府を発足し、国民憲章実施を付託する。

(2-4)(新)憲法を国民投票にかけ、憲法承認後に拡大政府が、国民対話会合で合意された法律と新憲法…に準じ、新議会選挙を実施する。憲法などの法律にかかる事柄はすべて「もし…なら」、すなわちこの大会で合意がなされればということになる。

(3-1)新憲法に沿って新たな政府を発足することである。

(3-2)国民和解総会を開催し、市民権を保持する…逮捕者の恩赦を行うことである。

(3-3)インフラ、復興、被災者補償のための準備を行うことである。
(青山先生の翻訳を引用)



ニュースとして流れている反応は、「新味なし」「反体制派が拒否」「米欧政府が酷評」というものばかり。たとえば、CNN日本語の記事



シリア政府お抱えの政治評論家の意見は、だいたい以下の8点に集約される。(注:政府系メディアには、「やった、勝った」みたいな論説が溢れている。)

(1)シリア戦を、「アラブの春」と区別することに成功した。

(2)シリア戦を、ロシア・中国・イラン・アジア全体の安保問題と結びつけ、国際政治の均衡を維持することに成功した。

(3)シリア戦続行が不可能であること、紛争の軍事解決が不可能であることを、敵に認めさせた。

(4)共通の課題が反テロ戦争であることを、敵に認めさせた。

(5)(アサド排除を要求する)敵に対し、(アサド大統領のもとで政治改革を進める)独自の解決案を突きつけた。しかも、アサド案以外に、選択肢はない。

(6)1月6日のアサド演説は、国内向けであると同時に、敵国の指導者に向けたものである。これにより、SNC(イスタンブール会議)とNCSORF(ドーハ会議)の役割は終わった。外国政府の手先に過ぎない反体制派海外組に、出番はない。

(7)アサド大統領による勝利宣言である。

(8)アサド演説に対する敵国(諸外国)の初期反応は、否定的なものばかりだが、他に選択肢はないのだから、近く予定されている米ロ・ブラヒミ3者会談で、米国は折れる



これと関連しているのか、いないのか、以下の未確認情報が飛び交っている。
(1)ダヴトォル・トルコ外相の将来は長くない。

(2)カタールのハマド・ビン・ジャーシム首相兼外相が、シリア問題の担当から外れる。

(3)イランがトルコに対し、いつでも国境で軍事紛争が発生しうると恫喝した。

(注:そういえば、昨年11月半ばにドーハでNCSORFを発足させた時、平行して開催していたGCCかアラブ連盟の記者会見の席で、ハマドが「成果が上がらない活動に、いつまでも公金を支出し続けることはできない・・・とブツブツ話していたので、この人物も反省することがあるのかなぁと感じたことを思い出した。

もちろん、シリアの天敵であるトルコとカタールの両外相に消えて欲しい、というシリアの願望を表現したに過ぎない情報かもしれない。)



サウジがスタンスを変えたか?

エジプト外相が1月5日、サウジを訪問。両国外相は共同記者会見で、平和的な権力移行を呼びかけ。
http://english.ahram.org.eg/NewsContent/2/8/61846/World/Region/Saudi,-Egypt-call-for-peaceful-Syria-solution.aspx

SANAは、今までテロ支援と武力介入を公言していたサウジが、主張を取り下げた、と論評した。
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/05/460499.htm

サウジの大ムフティーが1月6日、聖戦のためシリアへ行くことは適切ではない、とするファトワを発した。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604279/

(1月8日15時35分追記
Khalid al-Faisalメッカ州知事(サウード外相の兄弟)が、アラブの春を批判。民族差別、宗派差別を広め、部族主義を復活させ、アラブ人にパレスチナ問題を忘れさせた。
http://megalodon.jp/2013-0108-1531-21/gate.ahram.org.eg/News/292230.aspx
(追記終了)



ワシントン・ポスト紙David Ignatiusの寄稿。The Syrian Support Group(CIAの一部)が、ロンドンの法律事務所の支援を受け、政権中枢からの離反者を増やし、法秩序を保ちながら体制転換を実現する計画を策定した。イタリアで開催される次回「シリアの友人会議」で採択を働きかける。国際社会は、この計画を全面支援すべきである。

A Syrian way out of the civil war
David Ignatius
January 5, 2013
http://www.washingtonpost.com/opinions/david-ignatius-a-syrian-way-out-of-the-civil-war/2013/01/04/4bd67e20-5619-11e2-bf3e-76c0a789346f_story.html

(↓魚拓が取れないので、下に記事コピペあり。)

しかし、イグナティウスのこの記事について、The Guardianの外交コラムニストは、(対シリア戦の報道を引率していた)彼が、「真実と和解」の過程を語り始めたということは、(アサド追放と体制転覆を目標にしていた米国陣営が)シリア戦に負けたことを示している、アサドが勝利を主張するには理由がある、と論評した。

(この記事が説明するところのアサドが勝利を主張する理由は、シリアの御用評論家が説明する理由(前述↑)と同じ。)

Syria: why Assad may yet claim victory
Simon Tisdall
7 January 2013
http://megalodon.jp/2013-0108-0359-07/www.guardian.co.uk/commentisfree/2013/jan/07/reality-syria-intervention-unlikely

「現実から乖離しているのは、アサド大統領ではなく、オバマとヘイグのほう」。(導入部分)



A Syrian way out of the civil war

By David Ignatius,
Jan 05, 2013 12:51 AM EST
The Washington Post

To help oust Syrian President Bashar al-Assad, an opposition group has drafted a plan for a transitional justice system that would impose harsh penalties against die-hard members of his inner circle but provide amnesty for most of his Alawite supporters.

The goal is to provide a legal framework that reassures Alawites this isn't a fight to the death and that they will have a place in a post-Assad Syria. The plan would also encourage the rule of law in areas that have been liberated from Assad's control, stemming the growing trend toward warlordism and revenge killings.

To me, this legal transition plan is the best idea advanced so far by the Syrian rebels because it addresses not just the brutality of the Assad regime but the real danger that Syria will descend into a chaotic failed state as the war continues and hatreds deepen. The U.S. and British governments support the ideas of accountability and reconciliation in general but haven't endorsed any specific formula for Syria.

The plan was prepared by the Syrian Support Group, which backs moderate elements within the Free Syrian Army, with help from international lawyers. The proposal has been communicated to leaders of the National Coalition of Syrian Revolutionary and Opposition Forces, the umbrella organization for anti-Assad rebels. Advocates hope that the international community will also endorse the plan at the next Friends of Syria meeting in Italy.

The idea is similar to the "truth and reconciliation" process that helped resolve bitter conflicts in South Africa, Rwanda and Northern Ireland. "It sends a strong positive signal to the people of Syria that victory for the rebels is inevitable" and that the new government "will deliver justice, compensate victims and be compassionate towards all," explains a legal memo prepared by McCue & Partners, a London firm that is advising the Syrian Support Group.

The transition process would begin with the identification of 100 regime insiders whose defection could accelerate Assad's fall. Some of these Assad supporters might be offered partial amnesty if they agreed to cooperate. The sooner they defected, the more leverage they might have under a future government. As part of the political transition, a compensation fund would be created to aid victims of the war.

Alawites who aren't in the inner circle would be offered "safe passage," explains a Syrian Support Group memo outlining the plan. "Our intelligence reports show that many Alawites are standing with Assad for their own survival, because of misunderstanding of [opposition] plans for [a] post-Assad transitional justice system. Many feel they will be executed wholesale. . . . This fact is helping Assad militarize the whole sect in a life and death fight [for] Damascus, with potential mass destruction of Damascus and gross loss of life."

Unless Alawite fears about communal survival are addressed directly, "this issue will not be solved necessarily by Assad leaving power, and will create a major risk for Syria's future stability in years to come," the Syrian Support Group memo warns.

To implement the plan, the opposition would gather a team of Syrian legal experts. Among the possible names suggested are Suhair al-Atassi, a prominent human rights activist and vice president of the opposition coalition; Haitham al-Maleh, a former judge and longtime dissident; and leaders of Free Syria legal groups in Turkey and Jordan.

By using modern legal tools for asset tracing and recovery, Syrian lawyers would have both carrots and sticks for regime change. A targeted individual could save his dignity (and perhaps some of his fortune) by breaking with Assad and obtaining partial amnesty; he could lose it by clinging to the dictator. The tribunals for judging guilt of regime loyalists would resemble traditional Syrian legal systems.

As with everything affecting Syria, time is running out before the country collapses into an anarchic failed state. As rebels take control of areas, such as the northern suburbs of Aleppo, some brigade commanders are already taking the law into their own hands. "Some Free Syrian Army are acting more like the shabiha they used to fight," says one Syrian source.

U.N. envoy Lakhdar Brahimi warned last week that without a political settlement, Syria would be "transformed into hell."

What Syria needs urgently is a path to a new government based on the rule of law. The plan prepared by the Syrian Support Group is the best road map I've seen, and the international community should embrace it quickly.

davidignatius@washpost.com

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シリア情勢まとめ(外交) 1月13日まで
国際社会 【ロシア】 ロシアはシリアの化学兵器管理に、直接関与している。Ha'aretz紙1月10日。 http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604596/ ...続きを見る
日々の感想
2013/01/15 06:37
シリア:政府軍に関する評価3つ
2月3日。ロシアのニュース・サイトwww.nakanune.ruの記者が、最近ダマスカスから帰国した、モスクワ国立大学経済学教授で、ニュース分析サイトANNA編集長のMurat Musinにインタビュー。 ...続きを見る
日々の感想
2013/02/05 06:42
シリア:政治改革プログラム(英語全文)
政治改革の手順を示した政治改革プログラムが、2月13日に配布された。(MS Word文書英語、アラビア語) ...続きを見る
日々の感想
2013/02/13 18:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
Of course, Syrians did not become the Syrians yesterday! Not like the US whose history is so short, and artificial. Not much commitment to the local agendas, besides. シリア人達は、私には、生まれた土地の香りと味がありました。それを私は愛します。私達は、生まれた土地の産物に過ぎない...とafter I lived in 5 countries, and visited more than 100 countries, つくづく信じます。




My forever Syria
2013/01/11 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
アサド大統領演説に対する評価 シリアが勝利宣言 日々の感想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる