日々の感想

アクセスカウンタ

zoom RSS シリア情勢まとめ(政府) 1月4日まで

<<   作成日時 : 2013/01/06 03:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

【体制派】
03 アル・バアス紙論説委員が、(シャルアの歴史的解決という言葉にかけて反論。
シリア指導部は、過去に於いても、また現在は少し緩んでしまったが、今なお、国家的生活のイニシャティヴを提供することができる。現在語られている歴史的解決とは、反動的西側とオスマン主義のエルドアンが、国家を分断し、中世のイスラム主義を広めることを目指している。

我々は、進歩的な世俗主義のもとに、共存社会を提供する。今起きていることは、内戦でも、宗派戦争でもない。外部に扇動された反乱であり、従って、政治解決も対話も拒否している。

シリアの武装反体制派は、そもそも国内の勢力ではなく、だから領土も支持者もなく、統治機構と法を有していない。大部分は、国際的なジハード運動の一部だ。
http://megalodon.jp/2013-0106-0044-02/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=53&id=34214

03 ギリ正1223 総主教がミサ。国民が気付いているおかげで、危機に対応できる。(注:大統領と同じ発言)
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/23/458752.htm

03 アラブ・プロテスタント1228 司祭の話。ガソリン300シリポン、パン250と物価が高く、生活環境が悪いため、今まで残っていたキリスト教徒まで移民してしまうことを恐れている。先に首相がアレッポに来て様々な支援を約束したが、実現していない。人々は待っている。

赤新月が配布したfood basketは21万個なので、(1家族5人で計算されているから、県内だけで)105万人が援助に頼っている。

フランスの責任者(サルコジ)が、中東のキリスト教徒は人口が少なく、欧州で受け入れ可能だと語った。ドイツは2万人のキリスト教徒受け入れを表明した。地域からキリスト教徒を無くす計画が進められている。

イスラエルが宗教に基づいた国だから、イスラムに基づく国があっていいと考える人もいる。

Jabhah al-Nusrahは、シリアに地盤を持っていない。
http://megalodon.jp/2013-0106-0045-36/goo.gl/6gdV3

03 Nabil Faiyaad0103 世俗派が、シリア救済愛国潮流(The Patriotic Trend for the Salvation of Syria: PTSS)をベイルートで結成。NCSORF関係者の発言とアル・カーイダとの関係を検証し、世界に訴えていく。シリア政府批判はしないが、2011年3月15日以前のシリアに戻すことには反対している。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-03/200751-syria-salvation-party-announced-in-beirut.ashx
http://www.sana-syria.com/eng/22/2013/01/03/460236.htm
03 PTSS0104 シリア救済愛国潮流は、エジプトの世俗は、カイロを訪問し、エジプトの世俗派(Amr Mousa, Muhammad Baradaiなど)と接触し、ムスリム同胞団に対する第2革命を目指す。同潮流に参加しているシリア・クルド人の議員の話。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/604130/



【政府】
04 首相1224 内務次官'Abd al-Kareem Sulaimanを、内務大臣代行に任命。内相が治療を受けている間。
http://megalodon.jp/2013-0106-0049-18/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=43&id=34211

04 大統領1223 2013年度予算書を公布。別件で、アル・バアス大学の第2建築学部分校をal-Salamiyyah市に設置する。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/23/458649.htm
http://www.sana-syria.com/ara/2/2012/12/23/458640.htm

04 大統領1223 大臣補佐の任命と罷免。
http://megalodon.jp/2012-1225-1654-55/www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=50&id=34209

02 外務報道官1224 CIAの支援で、ベイルートに脱出し、現在は米国に亡命していることを、The Guardian紙が確認。(注:しかし、詳細なストーリーは、何も記述されていない。)
http://megalodon.jp/2012-1225-1707-22/www.guardian.co.uk/world/2012/dec/24/syrian-official-us-intelligence-agencies
02 外務報道官1226 Asharq al-Awsat紙が米国務省に問い合わせたところ、彼の居場所を知らない、The Guardian報道を確認も否定もしない、との返答を得た。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Dec-26/199883-us-unaware-of-whereabouts-of-syrias-makdissi-report.ashx

06 Lebanon1223 シリア内相は、集中治療室を出て、自分の足で歩いている。
http://www.dampress.net/?page=show_det&category_id=6&id=24458&lang=ar
04 内務大臣1226 レバノンでの治療から帰国。
http://www.dailystar.com.lb/News/Local-News/2012/Dec-26/199906-syrian-minister-heads-home-after-treatment-in-beirut.ashx

04 内務大臣代行1225 警察学校卒業式で訓辞。シリア人の覚醒が、敵の陰謀を失敗させた。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/26/459040.htm

04 首相1227 が議員団と会談。NPFとその他の愛国政党が協力して侵略を撃退することの重要性。その他広範な話題。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2012/12/27/459321.htm

04 大統領1227 人民議会の補欠選挙当選者を任命。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2012/12/27/459275.htm

04 Qadri Jameel0103 政治解決の環境は整った。全員が対話のテーブルに着くべきである。シリア国営テレビで語った。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/03/460127.htm

04 首相0103 がSCP(共産党)と会談。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/03/460159.htm

04 大統領0103 が、1月6日に重要な演説をする。

04 大統領府0104 特別室長(special director)が病死。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シリア情勢まとめ(政府) 1月4日まで 日々の感想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる