日々の感想

アクセスカウンタ

zoom RSS シリア情勢まとめ(治安) 1月27日まで

<<   作成日時 : 2013/01/29 04:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

【アレッポ県】
アレッポの治安掌握について、1月上旬に政府系メディアに楽観論が広がった(前回報告分)あと、ゲリラ側が一斉に攻撃を再開させた。市内のいつもの場所で、いつものような衝突が伝えられた。キリスト教徒地区にも殴り込みをかけたり、砲弾が落下したりした日もあり、相変わらずの様子。停電、断水、通信遮断も続いている。アレッポ空港は閉鎖されたまま。

日々の戦闘はずっと報道されており、登場する地名も同じなので、膠着状態が続いているように感じているが、al-Watan紙は、軍は特に市内の南部戦線で成果をげたと繰り返しており、市内におけるJabhah al-Nusrahの拠点であるBustan al-QasrとKallaasahで、軍が検問所を設置したと報じている。

1月13日には気温が最低2度、最高10度と平年並みに戻った。上旬に襲った寒波は去った。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/13/461532.htm
1月24日になり、気温が上がってきた(注:シリアでは2月は春に分類される。)。ダマスカス5-16度、沿岸部14-21度、北部(Aleppo)3-15度、Deir 3-14度、Hasakah 5-15度、Homs砂漠4-17度。
http://www.sana-syria.com/ara/2/2013/01/24/463359.htm

1月17日、FSAとJabhah al-Nusrahの路線対立が、Aleppoで深刻化。今では共闘していない。ある司令官は、体制が倒れたら、翌日からJabhahと戦うと語る。主な対立点は、(1)Jabhahはイスラム国家樹立を目指す。FSAは世俗。(2)Jabhahは公的機関からの略奪品をトルコで売って稼いだカネを独り占めするが、FSAはそれはいけないと考えている。
http://www.guardian.co.uk/world/2013/jan/17/syrian-rebels-jihadist-hijack-revolution

1月17日、同じ記者による2つ目の記事。今では県北のあちこちに戦闘員が配置されているだけでなく、町の中心部にJabhahがオフィスを構えている。日常の様々な問題を解決する窓口になっている。男は、Jabhahに加入すると、町の女の子と結婚できる特典あり。ある村では、シリアでは伝統的な墓が、華美であるとして破壊された。あちこちで価値観の相違が表面化しており、FSAの指導者の何人かは、最終的には衝突に発展すると予想している。無駄に長い文章。
http://www.guardian.co.uk/world/2013/jan/17/syria-crisis-alqaida-fighters-true-colours

笑える6コマ漫画
画像

1月18日、al-Kallaasahからal-Muhaafazah(地名が示すとおり重要な政府施設もある高級住宅街)へミサイル発射。マンションが半壊(注:全壊2棟、半壊2棟という情報あり)。写真あり。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/18/462562.htm
動画。
http://www.youtube.com/watch?v=6tGMn9Pt22o

(注:反体制派は、マンションを全壊させるようなミサイルは持っていなかったと思う。アレッポ大学爆撃事件の直後でもあり、何となくわざとらしく感じるのは私だけだろうか?

ちなみに、アレッポ大学爆撃事件については、タルトゥース郊外出身の空軍パイロットの兄弟を殺した犯人が、アレッポ大学学生寮に避難し、のうのうと生活していることがわかったので、当該パイロットが怒りの復讐をしたという話が、私のところに回覧されてきた。本当かどうかわからないが。

2日前だかのル・モンド紙に、ゲリラが発射したミサイルが、戦闘機から放たれたミサイル避けの熱気球でコースがズレてしまい、大学に落下したという政府の説明は嘘で、空軍戦闘機が爆撃したという証言を掲載していた(同様の報道は、事件直後から散見される)。政府は当初、爆発の規模があまりに大きかったので、自動車爆弾のせいにしようとしていたが、皆が見ていて隠しきれないので、ゲリラが発射したミサイルのせいにした、と報じていた。

この報道は正しい。自動車爆弾説を必死に主張するメールと、ゲリラ発射説を必死に主張するメールと、正直に空軍発射説を伝えるメールが、事件直後から入り乱れて私のところに送られてきており、議論がぐちゃぐちゃになった挙げ句、隠しきれないと早期に悟ったあとは、強引にゲリラ発射説にまとめていった。その無理矢理な過程が、私の手元に保存されている(笑)。最後は軍総司令部の声明として統一見解を出し、異論が噴出しないよう蓋をした。

2日後には、国営テレビに事件の瞬間を見たとするアレッポ大の学生20人くらいを招待し、ゲリラ発射説を説明させ、イスラムとキリスト教の聖職者には、シリアが今戦っている敵が誰であるのか、語らせていた。追悼番組のつもりだったのかもしれないが、あまり追悼になっていない(?)感じ。

アラブの春で政権が倒れたチュニジア、リビア、エジプトのいずれも、幸せな社会を実現できていないので、こんなに理不尽で辛いことがあっても、シリア人は反乱を起こさない。政治の大きな流れの中にあって、これは本流の議論ではなく、小さな事件なのだ。米欧についても、彼らが関心あるのは天然ガスであって、シリア人の幸せなどこれっぽっちも考えていないので、敢えて取り上げて非難しない。)

1月19日、北郊外シーア派の町Nubbulとal-Zahraa'は、まだ包囲されている。7ヶ月目。

1月20日、レバノンal-Diyar紙。トルコ軍兵士がアレッポに残した文書から、FSAと共にアレッポ市内に入ったトルコ軍の部隊が、軍隊のみで使用される、良く燃える物体を使い、アルメニア人の店舗と住宅を狙って放火していたことが判明した。アレッポ県の人口400万人のうち、アルメニア人が25万人(注:多すぎる数字。10万人くらいだと思う)いるが、うち10万人をアレッポから追放し、スンニー派を優位に立たせることが、その目的だった。
http://megalodon.jp/2013-0127-0634-02/diyar.charlesayoub.com/index.php/aldiyar-topic-article/5264/19215

1月20日。軍は、市内の東部戦線より南部戦線を優先。進展あり。
http://megalodon.jp/2013-0121-1657-19/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132308

1月22日、Jabhah al-Nusrahの拠点Bustan al-Qasrとal-Kallaasahに軍の検問所を設置。(ようやく!)
http://megalodon.jp/2013-0123-1625-36/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132418

1月22日、市街地の北と西の出口を完全封鎖して厳戒態勢。(このあと、市街地西端にある軍アカデミーの塀のすぐ外までゲリラがうろついた。西郊外すぐにある警察学校も襲撃される。)
http://megalodon.jp/2013-0128-2340-51/goo.gl/VBKNs

1月25日。Nairab軍用空港で、ゲリラがヘリ1機を撃墜の情報。

1月26日。軍の北部司令部によると、県内で徴兵に応じた若者は46千人で、2月には倍増する見込み。治安委員会の軍筋によると、国家防衛軍への志願者は、市内・県内から25千人で、特に東郊外が多い。

(注:バアス党筋によると、徴兵登録所に殺到したのは、Tall Rif'at, A'zaaz, Madeenah al-Babなど反政府地区出身者なので、これでは信用できない。入隊前にしっかりとフィルターをかける必要があるのではないか、とのこと。)

1月26日、政府軍が、まもなく新兵器を投入する。(注:この手の話が繰り返し登場するが、そろそろ目に見える成果を出して欲しい。)

1月27日、市内の西部・南部・東部戦線で、軍が住民の協力を得て、成果を上げている。ゲリラの作戦は、ダマスカスに次いで阻止された。
http://megalodon.jp/2013-0128-1619-48/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132533



【ラタキア県】
1月14日、防空部隊が、ラタキア沖の領空にスパイ気球を発見し、撃墜。潜水夫が残骸を回収した。トルコから飛来したと思われる。

1月23日、港湾総局総裁の話。違法な動きに対する監視を強化している。
http://www.sana-syria.com/eng/24/2013/01/23/463483.htm

【イドリブ県】
1月16日、イドリブ市内2ヶ所で自動車爆弾。(軍人・民間人あわせ)22人死亡、30人負傷。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/16/462154.htm
1月16日、政治治安部前で自動車爆弾。RTが確認したところ、30人死亡。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605190/

【ラッカ県】
1月19日、武装集団が、綿繰り工場にある綿花100トンに放火。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/19/462697.htm

【ハサケ県】
1月17日、Ra's al-'AinでPKKとFSAが交戦。8人死亡、FSAの40人が負傷、PKKも数不明だが負傷。
http://megalodon.jp/2013-0118-0242-21/www.todayszaman.com/news-304366-fights-between-syrian-opposition-and-pyd-forces-drags-on-8-militants-dead.html

1月17日、司祭からの報告。市内の公道を、Jabhah al-Nusrahが練り歩き、キリスト教徒を殺害したり、誘拐して身代金を要求したりする。彼らは、兵役年齢に該当する1990〜92年生まれを探しており、見つけると殺す。毎日午後3時になると、ゴーストタウンのようになる。ハサケ(市?)には、Syriac, Chaldean, Armenianを中心に25千人のキリスト教徒がいる。停電は1日23時間、燃料不足、水も断水気味で、Jabhahが攻勢をかけたら、キリスト教徒は大脱出すると予想される。
http://megalodon.jp/2013-0129-0011-29/www.fides.org/aree/news/newsdet.php?idnews=33070&lan=eng

1月19日、Ra's al-'AinでJabhah al-Nusrahが攻勢、無差別砲撃。クルドKNC同市支部が、トルコ、SNC、NCSORF、FSAに対し、攻撃を止めさせるよう要請。AFPによると、Jabhahは17日、戦車3両をトルコから持ち込んだ。クルドを抑えるため、トルコ政府がJabhahを利用していると観測されている。(注:戦車をトルコ側から持ち込んだということは、トルコ正規軍が支援していることを示している。)
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-19/202956-kurds-demand-support-from-syria-opposition-as-rebels-attack.ashx

1月19日、ハサケ市内で、少女が家族の前でレイプされた。病院に運び込まれたが、顔を含む全身が鋭利な刃物で切られている。トルコSol紙。
http://megalodon.jp/2013-0120-0549-26/goo.gl/gfuhm

1月19日、イラクKRGのバルザニからal-Qaamishliに届いた支援物資。
http://www.youtube.com/watch?v=jYauOKUbEYE

1月22日、Ra's al-'Ain人民委員会と地元部族が合同委員会を結成し、地元民以外(Jabhah al-Nusrah)は出て行くよう声明を発表。
http://megalodon.jp/2013-0123-1435-56/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132419

【ハマー県】
1月21日、al-Salamiyyahで自動車爆弾。25人(al-Watanは32人)死亡、多数負傷。写真あり。
http://www.sana-syria.com/eng/337/2013/01/22/463223.htm

1月23日、イスマーイール派Agha Khanアガ・ハーンが、外国の陰謀と戦うシリアに対し支持表明。Hama県al-Salamiyyah爆破事件を非難。
http://www.sana-syria.com/eng/21/2013/01/23/463553.htm

1月27日、'Aqrabアクラブ住民が自宅に戻った(12月上旬の事件の続報)。他県の事件まとめ。
http://www.syriandays.com/?page=show_det&select_page=43&id=34562

【ダマスカス県】
1月27日Daaraiyaaダーライヤーの戦いで、米国、欧州、トルコ、イスラエル、湾岸アラブのスパイを多数逮捕した。(注:別情報では、モサド4人を逮捕。まことしやかに名前まで伝えられている。)
http://www.dampress.net/index.php?page=show_det&select_page=6&id=25069

【クナイトラ県】
1月26日、Golanの軍情報部で爆破、8人死亡。ロンドン観測所が発表。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-26/203826-car-bomb-attacks-kill-eight-in-golan-heights.ashx

【スワイダー県】
1月8日、以前は静かだったスワイダー県でも事件が増えている、とする記事。2012年12月からの年表と動画へのリンクあり。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-08/201228-swaida-resistance-in-quiet-part-of-syria.ashx

1月14日、ゲリラを撃退したら、押収品からイスラエル製の包帯が出てきた。00:38から。
http://www.youtube.com/watch?v=RMYgGd1uW3M



【全体】
1月27日、死者合計50,009人。ロンドン観測所の発表。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-27/203902-activists-say-syria-toll-more-than-50000.ashx

1月18日、主な小麦備蓄センターは厳重警備だが、地方の小さなセンターが狙われている。(シリア産小麦は高品質で高値で取引されるのに、)トルコ側で、国際価格の半値で売りさばかれている。戦略備蓄は400万トンあり、半年分
http://www.syrianow.sy/index.php?d=34&id=69904

1月18日、情報筋によると、国家防衛軍(National Defence Force)を新設する計画。規模は(全国で?)1万人で、軍事教練を受けた人民委員会等で構成する。軍を補完し、町の警備を担当。
http://arabic.rt.com/news_all_news/news/605343/
動画。
http://www.youtube.com/user/NDForces/feed?filter=2
1月23日、国家防衛軍、女性部隊の動画。
http://www.youtube.com/watch?&v=_QaNfAAZaX8
1月21日、国家防衛軍について、ロンドン観測所は、イランが訓練していると主張。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-21/203174-syria-builds-paramilitary-force-aided-by-iran-activists.ashx
1月23日、国家防衛軍に関するレポート。中年女性も参加している。Homsでは18 - 50歳の志願者。昼間は普通の仕事に従事。
http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2013/Jan-23/203464-women-join-ranks-of-assad-forces-in-syrias-homs.ashx

1月20日。様々な専門家の判断は、情勢は政府優位に転換で一致。国内軍事、外交の両面で。al-Watan紙。
http://megalodon.jp/2013-0122-2106-45/www.alwatan.sy/dindex.php?idn=132357
1月21日。軍は、対イスラエル部隊、防空部隊を維持しながら、対ゲリラ戦に対応できている。国民が、ゲリラの居場所を軍に通報している。ロシアとイランのアサド支持は揺るがない。政権の基盤は固い。al-Safir紙コメンテーター。
http://megalodon.jp/2013-0122-2257-51/goo.gl/O5cNi

1月22日、考古学博物館局の話。遺跡被害について流布されている情報は正しくないとして、被害を受けた場所の地名・内容のリストを発表。博物館の内部は問題なし。
http://www.sana-syria.com/eng/28/2013/01/22/463302.htm
1月23日。考古学遺跡局の話。Hasakah県北の遺跡は、地元民が監視しており、被害なし。県南は治安が悪く、調査不能。RaqqahのJa'bar城は安全(被害なし)だが、しばらく閉鎖。Deir県では、Dora Oropes博物館で、レプリカが盗まれたが、現物は安泰。ほかの遺跡は大丈夫そう。Idlib県ではEbla遺跡で2012年12月末までに盗掘が活発化した。Hama県ではApameaの被害が大きい。Homs県でも盗掘。Aleppo県ではSam'aan山のal-Diriya洞窟が略奪された。
http://www.sana-syria.com/eng/35/2013/01/23/463531.htm

(番外編)
1月22日。シリア電子軍が、ネットから秘密文書を入手。カタールがロシアに対し、ロシア軍基地をFSAの攻撃から守ると提案。モルシ・エジプト大統領が、製鉄所をカタールに売却した・・・など。HP上でQatarLeaksとして公開。
http://www.syrian-es.org/
レバノンal-Akhbar紙もQatarLeaksのページを設けた。
http://www.al-akhbar.com/node/176123



1月20日、避難民の数。近隣4ヶ国に45万人(注:1月10日のUNHCRによると、59.8万人)、遠くの外国に5万人、国内350万人、合計400万人。



【反体制派】
1月21日、NCSORF議長がQatarを訪問。Qatarが20milドルを渡した。

NCSORFは、暫定政府にRiyad Hijab元首相を選出しようとしたが、激しく反発され、収拾が付かず、そのまま解散。暫定政府の樹立に失敗
http://rt.com/news/guest-syria-opposition-talks-376/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シリア情勢まとめ(治安) 1月27日まで 日々の感想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる